• はてぶ
  • あとで
撮影ポイントはココだ!立山黒部アルペンルートの絶景スポット6選

立山黒部アルペンルートは乗り物に乗るだけで標高2450m(室堂平)に行ける場所です。 下界の日常では味わえない非日常的な光景をあなたのカメラに収めることが出来ます。春夏秋と季節をとおして表情をガラッと変えるのも魅力的です。今回は数ある絶景の中から特に写真映えするスポットをご紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

立山黒部アルペンルートとは?

「山の名前?観光地?そもそもどこの県にあるの?」

「名前は聞いたことあるけど、どんな場所なのかはよく分からない…」

という方は結構多いかと思います。
そんな不安を消すためにもまずは立山黒部アルペンルートの事をご説明します。

立山黒部アルペンルート

立山黒部アルペンルートは富山県立山町にある標高3,000m級の山がたくさんある、世界でも数少ない観光ルートです。
どうやって行くの?
アルペンルート内の一般車両の通行はできません。

移動手段は、車窓から自然の移り変わりが楽しめる高原バス、見渡すたぎりの絶景が楽しめるロープウェイ、出発から到着まで全て地下にあるケーブルカー、黒部ダム建設時に用いたトンネルを通るトロリーバスなど、様々な特長のある6種類の乗り物をスイスイ乗車します。
なんと総距離37.2km、高低差は最大1,975mもあるから驚きですよね。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあります。富山県側の立山町「立山駅」から長野県側の大町市「扇沢駅」まで乗り物を乗り継ぎ、様々な絶景スポットを通って気軽に、大自然を満喫することができます。

雪原の弥陀ヶ原

雄山神社峰本社

四季折々の雄大な自然を体感できる、雲上の楽園。
そこには、四季折々のみどころが待っています。
例年4月中旬になると、アルペンルートはオープンします。
春になると圧巻の雪の壁が楽しめ、夏になればあちらこちらで高山植物が咲き誇り、秋になれば紅・黄・橙に染まる山々。四季折々で絶景が待っています。
また各エリアでそれぞれの魅力があり、立派なスギやブナが広がる「美女平」、どこまでも広がる湿原「弥陀ヶ原」、そして日本一の黒部ダム。一度来ただけではその魅力を堪能することができないと思います。

①まるで異世界!色彩豊かな「弥陀ヶ原」

弥陀ヶ原は標高2000m前後に広がる湿原。
ハイキングコースは木道で整備されています。
雲海の出現確率が50%といわれるほど、雲海を望むには絶好のスポットです。

また、春は「雪原」夏は「高山植物」秋は「紅葉」と、季節によって楽しみ方が変わる
最高のハイキングエリアです。

「高山植物」の撮影ポイント

6~9月は可憐に咲く高山植物が目を楽しませてくれます。
下記のリンク先には高山植物の見ごろの時期やエリア情報などが掲載されていますよ。
数ある高山植物の中でも特におすすめなのが「ワタスゲ」です。
弥陀ヶ原湿原を代表する高山植物です。

弥陀ヶ原ホテル限定で、「わたすげ」をモチーフにしたお菓子が販売されています。

手に持った瞬間、ホロホロと崩れ落ちてしまいそうです。
クッキー生地とアーモンドを細かく潰しているため、お年寄りから子どもまで食べやすい人気商品です。
実は、この白いフワフワした部分は花ではなく種子の集まり。
花期を終えると、名前の由来にもなっている白い綿毛をつけ、風に揺られます。
「白い妖精」とも呼ばれる愛らしいこの花は、どの角度から撮っても絵になります。

花言葉が少しノスタルジックなので気になる方は調べてみてください。

「雲海」の撮影ポイント

天候などの条件にもよりますが、弥陀ヶ原では見事な雲海を望むことが出来ます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

tateyama-kurobe長野県と富山県をつなぐ山岳観光ルートの立山黒部アルペンルートを中心に紹介しています!その他にも周辺観光情報やおすすめスポットもご案内します。

このまとめ記事に関して報告する