当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【20:00】「熱海サンビーチ」のライトアップで癒される

夏には多くの人で溢れる大人気スポット「熱海サンビーチ」へ。海水浴スポットとして知られているこちらのビーチですが、夜はライトアップされてとっても綺麗なんです。女子旅でも夜景は欠かせないですよね!
ライトアップされた砂浜と熱海の街並みは絶景、癒されること間違いなしです。またこちらのビーチでは夜10時までなら手持ち花火を楽しむことができるので思い出作りにいかがでしょうか?ライトアップに癒されたら、ホテルでゆっくり2日目に備えましょう!

詳細情報

〜2日目〜

【10:00】「起雲閣」で歴史を感じる

熱海旅2日目、まずはじめに向かうのは「起雲閣(きうんかく)」です。大正時代に別荘として、昭和時代に旅館として使われていた起雲閣は、山本有三や太宰治が泊まったことがあり歴史が深いんです。また朝ドラのロケ地としても使われたので熱海観光には欠かせないスポットなんです!
起雲閣のなかは歴史を感じる和室だけでなく、大正モダンな洋室や風呂場があり思わず写真を撮りたくなるようなお部屋ばっかり!時の文豪たちも執筆活動を行ったこの場所でレトロを感じてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

起雲閣

静岡県熱海市昭和町4-2起雲閣

3.12 8358

【12:00】「MOA美術館」で芸術に触れる

起雲閣で大正モダンを味わったあとは、「MOA美術館」へ。熱海の海を見晴らすことができる丘の上に立つこちらの美術館では、滅多に見ることができない展示品から、流行りのアーティストの展覧会まで様々な芸術に触れることができます。
外観や、館内から見える外の景色も綺麗ですが、見所は入り口から入ってすぐのエスカレーター。近未来的なデザインのエスカレーターは、異世界に行くような雰囲気で、探究心がくすぐられます。甘味処やカフェといった休憩するスポットもあるので、一息つくのもいいですね。

詳細情報

【14:30】「宝亭」でレトロを感じるランチ

「MOA美術館」でいろんな芸術に触れたあとは、熱海銀座商店街にある「宝亭(たからてい)」へ。”ザ・昭和の洋食屋さん”のこちらのお店では、どこか懐かしい味と雰囲気を感じることができちゃうんです。地元でも愛されているお店です。

カツカレー

そんな宝亭で食べたいのが「カツカレー」です。サクッとしたカツと、からすぎずコクの深いカレーとの相性は抜群。人気店のため混雑が予想されますが、60年以上この地で愛される洋食店の味をぜひ堪能してみてください!

詳細情報

【15:30】「熱海遊覧船サンレモ」から熱海の街並みを眺める

photo by morning_tea
「宝亭」で昭和レトロを感じるランチをしたあとは、「熱海遊覧船サンレモ」に乗りに海へ向かいます。こちらの遊覧船は停泊中に魚を間近でみられる地下室もあり、熱海観光客に大人気なんです!遊覧時間は約30分となっています。
photo by morning_tea
熱海遊覧船サンレモは日によって遊覧するコースが違いますが、この日は「錦ヶ浦(にしきがうら)コース」でした。海の上から地中海を思わせる、斜面に広がる熱海の街並みを見ることができました!熱海旅行の記念にぜひ乗船してみましょう。

詳細情報

熱海遊覧船チケットうりば

静岡県熱海市和田浜南町8-15

- 14

【17:00】「熱海」駅周辺でお土産を買おう!

遊覧船から熱海の街並みを眺めて癒されたあとは、バスに乗って「熱海」駅へと向かいます。熱海駅には駅ビルをはじめとして「熱海平和通り商店街」や「仲見世商店街」などお土産を買えるスポットがたくさんあります!

さつま揚げ(まる天)

友人や職場用にはお菓子が好まれますが、家族や自分用のお土産はやはり海鮮がおすすめ。干物やさつま揚げなどを扱うお店も「熱海平和通り」に多くあります。お土産を買ったら電車に乗り込み帰路につきましょう!新幹線で買える方は「鯛めし」など熱海名物の駅弁を買うのもいいですね。

詳細情報

熱海でレトロを感じる旅を。

いかがでしたか?熱海にはレトロを感じられるお洒落観光スポットが多くあります。筆者は夏に行きましたが、すこしシーズンが外れた方が海水浴客も少なく暑さが和らぐので過ごしやすいかと思います。女子旅で訪れれば盛り上がること間違いなしの熱海にぜひ訪れてみてください!(なお情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する