• はてぶ
  • あとで
360度絶景に囲まれる。GoProを持って訪れたい世界の絶景スポット12選

最近流行りのGoPro。一般的なカメラとは異なり、超広角レンズを採用していることで景色全体が映り、非常に迫力のある画像で収めることができます。さらに、小型で軽量のため持ち運びが便利で防水もしっかりしているため、世界では多くのトラベラーが愛用しています。そんなGoProを持って死ぬまでに訪れたい、360度見渡す限り絶景が広がっている世界のスポットをご紹介します。 (※掲載されている情報は2017年12月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.ケーブルビーチ/オーストラリア

GoProを持って訪れたい世界の絶景スポット1つ目は、オーストラリアにある「ケーブルビーチ」です。第2のウユニ塩湖とも称される鏡張りの絶景が見られるビーチです。西オーストラリア州のブルームという名の町からすぐ近くにあり、日本からの所要時間は、パースまで約11時間、そこから国内線でブルームまでは2時間半です。6月から10月の晴天の日が多い乾季がベストシーズンとなります。
ケーブルビーチは、白砂のビーチがなんと22キロも続き、ターコイズブルーの美しい海が広がっています。干潮時には鏡のように輝き、まるで海面を散歩しているような写真が撮れるでしょう。この長いビーチを堪能するなら、現地でも申し込むことのできるキャメルライドがおすすめ。水平線に沈む夕日を眺めながら白い砂浜でラクダに乗れるなんて、最高の体験になること間違いありませんね。

詳細情報

写真を投稿する
3.05 00

2.マチュピチュ/ペルー

GoProを持って訪れたい世界の絶景スポット2つ目は、ペルーの「マチュピチュ」です。日本から直行便はないため、アメリカとペルーの首都リマで乗り継ぎ、所要時間は27時間を超えます。マチュピチュは一年を通して平均気温が20度前後ですが、5月から9月の乾季でベストシーズンです。
高地の断崖絶壁につくられた古代インカ帝国の遺跡であるマチュピチュは、「空中都市」とも称されています。謎めいた幻想的な世界、誰もが一生に一度訪れてみたい思う絶景スポットの一つではないでしょうか。マチュピチュの周辺では、可愛らしいラマやアルパカにも遭遇できますよ。

詳細情報

3.93 21485

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3.ハートリーフ/オーストラリア

GoProを持って訪れたい世界の絶景スポット3つ目は、オーストラリアにある「ハートリーフ」です。グレートバリアリーフにあるハートの形をしたサンゴ礁は、ハミルトン島から水上飛行機に乗り、上空から眺めることができます。日本からハミルトン島へはケアンズで乗り継ぎ約11時間半ほど。ベストシーズンは、9月から11月です。
愛のパワースポットとしても有名なハートリーフ。上陸することはできないので、上空からしか見ることのできない貴重でロマンチックな絶景です。世界最大のサンゴ礁のグレートバリアリーフに囲まれたハミルトン島に行くなら、ダイビングやスノーケルも必須です。

詳細情報

Australia hert reef

3.01 011

4.グランドキャニオン/アメリカ

GoProを持って訪れたい世界の絶景スポット4つ目は、アメリカのアリゾナ州にある「グランドキャニオン」です。アメリカの大自然の王者とも言われています。日本からラスベガスに飛び、そこから車で移動します。秋は、青空でありながら、夏よりも日が傾いているため、渓谷の陰影が美しく見える時期とされています。
360度壮大な狭谷の景色が広がるグランドキャニオンは、ぜひGoProで撮りたい絶景。地殻変動や、雨や雪などによる浸食を何億年かけて現在の形になったそう。グランドキャニオンにはトレッキングコースもあるので、狭谷の中を歩けばアメリカの大自然のパワーを得られるでしょう。

詳細情報

5.カナディアンロッキー/カナダ

GoProを持って訪れたい世界の絶景スポット5つ目は、カナダにある「カナディアンロッキー」です。日本からは、所要時間約10時間ほどです。ベストシーズンは6月から9月にかけた夏。高山帯なので、夏でも非常に過ごしやすい天候です。
四つの国立公園から成り立つカナディアンロッキーには、美しい山々と、エメラルドグリーンの湖が数多く存在します。一度見たら一生忘れられないうような大スケールの絶景。大自然の中で伸び伸びと暮らすクマやヘラジカなどの野生動物にも出会える可能性もありますよ。

詳細情報

6.マウナケア/アメリカ(ハワイ)

GoProを持って訪れたい世界の絶景スポット6つ目は、アメリカのハワイ島にある「マウナケア」です。日本からは、オアフ島乗継で、所要時間は約9時間。ベストシーズンは、6月から9月で、新月の日に行けば、より一層星空が美しく見えます。
標高4000メートル以上の雲の上にある「マウナケア」は、ハワイ語で「白い山」を意味するそう。足元よりも低い位置に沈む真っ赤な太陽と空一面に広がる夕焼け。そして、漆黒の空に現れる満点の星空。空にはこんなにも星があったのかと、星の数に圧倒されます。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する