• はてぶ
  • あとで
1000円以下で楽しめる!コスパ抜群な横浜のおでかけスポット10選

人気おでかけスポット・横浜。ショッピングや観光には何かとお金がかかりがちですが、実は1000円以下で楽しめる場所も数多くあるんです!今回は横浜で1000円以下で楽しむことができるコストパフォーマンスも抜群なおでかけスポットを10個ご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをお勧めします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. YOKOHAMA AIR CABIN / 桜木町

片道券 : 1000円

まずはじめにご紹介するのは、「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」です。こちらは、桜木町駅前と横浜ワールドポーターズ前を結ぶ"日本初"の都市型循環式ロープウェイ。2021年4月に運航開始したばかりなんです。
キャビンからは、観覧車やランドマークなど横浜の美しい景色を眺めることができます。日が落ちたあとは、ロマンチックな光景がただよい、デートにもおすすめですよ。観覧車とセットでお得なチケットもあるので、気になる方はぜひこちらもチェックしてみてください。

詳細情報

3.06 329

2. 三渓園 / 根岸

入園料:大人700円

続いて紹介するのは、JR「根岸」駅よりバスにのり本牧下車、そこから徒歩10分ほどのところにある「三渓園(さんけいえん)」です。こちらの園内では年間を通じて四季折々の花々を楽しむことができるので、カメラを持っておでかけしたい注目スポットなんです!
季節によって様々な顔を見せてくれる三渓園のお庭。園内には、風情ある様々な重要文化財があります。何度でも訪れたくなるような癒し空間がそこには広がっています。横浜にいながら味わえる絶景を見に訪れてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

3. 横浜クルージング シーバス / 横浜

料金:大人 〜700円

続いてご紹介するのは、なんと1000円以下で夢の横浜クルージングができちゃう「シーバス」です。横浜駅からすぐのベイクウォーターに乗り場があり、そこから横浜の主要観光名所「みなとみらい」や「赤レンガ倉庫」「山下公園」までクルーズで行くことができます。
横浜の絶景を横目に、ちょっと変わった平べったい船で楽しいクルーズが楽しめます。船の後ろ側にはデッキもあるので、外の景色と一緒に記念撮影もできますよ!夕方から夜の時間の横浜の景色はさらに美しいので、夜のクルージングもおすすめです。(船の発車時刻は、公式ホームページで事前確認することをお勧めします。)

詳細情報

神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10

3.05 115

4. キリンビール横浜工場 / 生麦

入場料:500円 ※要予約

次に紹介するのは、京急線「生麦」駅より徒歩10分のところにある「キリンビール横浜工場」です。人気のキリンビールの工場ですが、こちらではなんと事前予約をすることで工場見学ツアーに参加することができちゃうんです!
工場見学ツアーではビールの製法や秘密を知ることができるだけでなく、なんと試飲や飲み比べができるんです!「ビールはすこし苦手」という方でもソフトドリンクも用意されているのでご安心を。(こちらのスポットは、リニューアルのため9月30日まで休業中です。最新の営業状況は公式ホームページをご確認ください。)

詳細情報

神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1

3.98 28190

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5. カップヌードルミュージアム / みなとみらい

入場料:大人500円

続いて5つ目に紹介するのは、みなとみらい線「みなとみらい」駅より徒歩8分の「カップヌードルミュージアム」です。こちらはインスタントラーメンの歴史や魅力を、展示やアトラクションを通して楽しく学ぶことができる施設なんです!
なかでも大人気なのが「マイカップヌードルファクトリー」です。自分でデザインしたカップに、好きなスープと具材を選んで世界に一つだけのオリジナルカップヌードルが作れるんです!横浜へのおでかけの思い出となること間違いなしです。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する