• はてぶ
  • あとで
世界最貧国をなめるな!実はこんなに美しいバングラディシュのおすすめ観光スポット15選

バングラディシュってどこにあるかご存知ですか?実はアジアのインドの隣にあるんです。以外と近いですよね。 世界最貧国と言われるバングラディシュですが、ヒンドゥー、イスラム、キリスト、仏教といった様々な文化が融合した魅力溢れるおすすめの国なんです。 他の国では見ることの出来ない活気と混沌に満ちた観光スポットの数々があなたを待っています。 さぁ、このおすすめの観光スポットをみればあなたもバングラディシュのとりこになるはず!?

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①スター・モスジッド / ダッカ

こんなにかわいいモスクは見たことがない!と誰もが口をそろえて言う観光スポットです。
ここを目当てにバングラディシュを訪れる観光者もいるほどです。星型の泉、屋根には月と星のモチーフ、モザイクタイルの装飾は草花や星、月、アラビア数字がモチーフが描かれていて、かわいいもの好きの女の子にはおすすめの場所です。
バングラディシュがまだムガル帝国であった時代に作られたものですが、何度か改修を重ね、現在の美しい姿となっています。
【施設名】スター・モスジッド
【アクセス】アルメニア教会から北に5分ほど歩き、バザールの通りを左折
【営業時間】随時
【料金】無料
【休日】管理人不在時

Gypsy Moth Rd, Millville, United States

写真を投稿する
- 00

②アーシャン・モンジール / ダッカ

元はダッカの領主の住居として建てられたものですが、植民地時代からパキスタンの時代を経て、バングラディシュとして独立するまでの歴史の舞台ともなってきた観光スポットです。
現在はダッカの歴史を振り返る博物館としての役割のほかに、地元ではおすすめのデートスポットとしても知られています。
敷地内は周囲の喧騒が嘘のように静かなので、旅の休憩をするにもおすすめの場所です。
【施設名】アーシャン・モンジール
【アクセス】ショドル・ガットから川沿いに西へ徒歩5分
【営業時間】9時30分~16時30分
【料金】75Tk
【休日】木曜日、祝日

Seaview Square Mall, Ocean Township, United States

写真を投稿する
- 00

③オールド・ダッカ / ダッカ

バングラディシュを訪れたのであれば、まずはここをおすすめします。ここにはバングラディシュの全てが詰まった様な混沌さと活気に満ちあふれています。
モスクや教会、ヒンドゥー寺院等の観光スポットも見られ、所狭しと並ぶバザールは見ているだけでも楽しくなります。路上では出来たてのスナックも売られており、食べ歩きをしながら楽しむのもおすすめです。
【名前】オールド・ダッカ
【アクセス】ダッカ中央駅から西南方向。リキシャでの移動が便利

Old 27, Dhaka, Bangladesh

3.00 07

④国立博物館 / ダッカ

考古学的な展示や独立戦争などの歴史について知ることができるおすすめの観光スポットです。
歴史セクションでは、バングラディシュから出土したヒンドゥーの石像や装飾品などが飾られており、その展示数は国内随一です。博物館としての規模も国内最大級の観光スポットであり、現地の学生も訪れる場所です。
民俗学のセクションでは、水辺に生きる人が多いバングラディシュならではの船の模型や少数民族、動物のはく製などもあり、おすすめです。
【施設名】国立博物館
【アクセス】グルシャン周辺からCNGで80~100Tk
【営業時間】9時30分~16時30分
【料金】75Tk
【休日】木曜日

300 Constitution Ave NW, Washington, United States

3.00 02

⑤国立植物園 / ダッカ

蓮の花が咲き乱れる大きな池、英国風のバラ園、シュンドルボン風の湿地帯などが見所です。園内には1000種を超える植物が集められています

出典:bangladesh-travel.net
約83万平方mもの敷地を誇る植物園には、蓮の花が咲く大きな池や、英国風のバラ園、シュンドルボン風の湿地など、地形の変化を活かして様々な国内の植物の展示がされています。
喧騒のバングラディシュにあって、この静けさとマイナスイオンはおすすめです。
園内には1000以上の植物がありますが、この観光スポットの面白い点は、何の説明もないこと!知らずに行ってみるとただの林のように思えます…(笑)
【施設名】国立植物園
【アクセス】モティジールからミルプール行きのバスを利用
【営業時間】6時~17時
【料金】5Tk
【休日】無休

茨城県つくば市天久保4-1-1国立科学博物館筑波実験植物園

写真を投稿する
- 00

⑥ダッカ動物園 / ダッカ

植物園に隣接されて立っているのがこの観光スポットです。
ベンガル・タイガーやライオン、ゾウ、カバ、シマウマなどの大型哺乳類はもちろん、爬虫類館や水族館などもあります。ホルマリン漬けの展示がある部屋もありますが、こちらはバングラディシュらしくほこりをかぶっており、さながらお化け屋敷の様な雰囲気です。ちょっと涼しさを感じたいときにはおすすめかもしれませんが(笑)
絶滅危惧種に指定されているベンガル・タイガーを見られる貴重な場所として人気を博しています。
【施設名】ダッカ動物園
【アクセス】モティジールからミルプール行きのバスを利用
【営業時間】9時~17時
【料金】10Tk
【休日】日曜日

1216, Zoo Rd, Dhaka, Bangladesh

写真を投稿する
- 02

⑦コックス・バザール・ビーチ / チッタゴン

美しい夕陽と美味しい海産物が楽しいビーチ・リゾートです。そこに住む住民の人たちはミャンマーからのモンゴル系の少数民族の人たち。人懐っこい笑顔が心をホッとさせてくれます。

出典:www.tairikuryoyu.co.jp

このスケール感は初体験でした。世界一長いビーチという触れ込みではありますが、砂浜の広さにビックリ! そして、行った時間帯は遠浅な感じでとても幻想的でした。このビーチのスケール感は来てみないとわかりません。

出典:www.tripadvisor.jp
総全長120kmというビーチは世界最長と言われ、バングラディシュ人の誇りとも言われている観光スポットです。
観光シーズンの週末はバングラディシュ人の若者や家族連れで賑わい、ビーチにはデッキチェアやパラソルが並びます。つかの間ここがバングラティシュであるということを忘れてしまいそうな観光スポトです。
この長い海岸線から見る夕日は絶景ですので、是非おすすめです。
【名前】コックス・バザール・ビーチ
【アクセス】ダッカからコックス・バザールまでは飛行機で1時間、バスで10~14時間

1216, Zoo Rd, Dhaka, Bangladesh

写真を投稿する
- 02

⑧モエナモティ遺跡 / チッタゴン

ほぼ土台のみですが、イタコラ・ムラには首を切られた仏像があります。バングラデシュの仏教遺跡でこういうのがあるのは珍しい。

出典:www.tripadvisor.jp
バングラディシュの前身であるカドガ王朝やテーヴァ王朝といった7~13世紀ごろに栄えた王朝時代の遺跡が点在する観光スポットです。
現在は基盤部分しか残っていない遺跡がほとんどですが、それでも遺跡の上に立てば、遮ることのないその景色と、基盤部分の巨大さから、当時の繁栄をうかがい知ることができるおすすめの場所です。
観光スポット内部にあるモエナモティ博物館は、出土したレリーフや巨大な像などの展示がされており、おすすめです。
【施設名】モエナモティ遺跡
【アクセス】ダッカからはバスで2時間30分。遺跡へはCNGをチャーターするのが良い
【営業時間】9時~18時
【料金】100Tk
【休日】日曜日

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する