• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
東北、再発見のたびへ。絶景の津軽鉄道の9つの魅力をご紹介します

『東北・再発見のたびへ』と題して、東北地方のおすすめスポットをご紹介していきます。今回ご紹介するのは、青森の奥津軽エリアを走る『津軽鉄道』。五所川原駅から終点の中里駅まで12駅を結ぶローカル鉄道です。奥津軽のおだやかな田舎の絶景を見に、津軽鉄道に乗っていませんか?

このまとめ記事の目次

津軽鉄道とは?

青森の津軽鉄道は、絶景の楽しめるローカル線。穏やかな田舎の風景を楽しむことが出来ます。有人駅は五所川原、金木、中里の三駅のみ。昔の雰囲気を残したローカル線は、列車自体が一つの遺産と言えるでしょう。
季節折々の美しい景色は、津軽鉄道の大きな魅力のひとつ。新緑、花木、紅葉、雪景色。そんな季節をいろいろと楽しむことが出来るポイントをご紹介していきます。きっと津軽鉄道に乗りたくなるはずです。

魅力① 春の桜

春を告げる桜

津軽鉄道の駅のひとつ、芦野公園は津軽半島を代表する桜の名所のひとつ。公園の中にあるという、珍しい駅でもあります。桜の木のトンネルを抜けていく電車の美しさは、中々見ることのできない絶景です。

桜まつり(4月29日~5月7日)

見ごろの時期は、4月下旬から5月上旬。毎年4月29日から5月7日まで開催される桜まつりは、県内外からたくさんの人々が訪れます。雪国だからこそ、桜が告げる春の訪れは殊更うれしく感じるものです。

詳細情報

  • 青森県五所川原市金木町芦野234-193
  • 0173381515

魅力② 奥津軽虫と火まつり

奥津軽の奇祭

2番目にご紹介するのは、奥津軽の奇祭と呼ばれる「虫と火まつり」です。これは、「天下泰平」「国家安泰」「五穀豊穣」「悪疫退散」を祈念する行われるお祭りで、例年6月の第三土曜日に行われます。

虫おくりと火まつり

まず、メインとなるのは「虫おくり」です。稲と病気や虫の害から守ることを目的としています。「虫」とは山車のようなもので、木で作った竜の頭に、わらを束ねて作った胴体を作ります。これを担いで練り歩きます。
もうひとつの目玉は、「火おくり」。練り歩いた山車は岩木川の河川敷に集まり、御神火によって燃やされ、昇天します。炎が燃えさかる姿は、中々の絶景です。伝統的な地域の祭りは、観光のポイントとしても重要ですね。

豊穣を祈る

虫おくりは、稲作を行う各地域でそれぞれの形で受け継がれている伝統行事です。この地域も稲作が盛んだからこそ、こうした行事が今も受け継がれています。また、稲作は津軽鉄道の田園風景を作り出すもの。美しい風景を守るためにも、豊穣をお祈りしましょう。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 秋の絶景といえば紅葉を想像する人が多いと思いますが、実は他にも秋の絶景はい...

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

michinoku_fan_club東北みちのく、グルメ・観光・旅プランを紹介します。

このまとめ記事に関して報告する