沖縄の最高に落ち着く古民家宿8選!まるで実家のような居心地を。

あなたは古民家に泊まったことがありますか?沖縄のゆったりとした雰囲気と古民家ならではの落ち着いた雰囲気が掛け合わさった「沖縄の古民家」の居心地が最高すぎるんです。せっかく沖縄に訪れたならホテルじゃなくて古民家に泊まってみるなんていかがでしょうか?今回は沖縄本土・石垣島・竹富島・宮古島の4つのエリアから沖縄の古民家をご紹介いたします。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

《沖縄本島》

① 民宿 海山木 / 沖縄県国頭郡国頭村

まずご紹介するのは、生い茂る緑をかき分けていくとみつかる秘密基地のような民宿、「民宿海山木(みやぎ)」です。こちらの民宿は、沖縄本島の北部の国頭郡(くにがみぐん)にあります。那覇空港からのアクセスだと、車で2時間半程かかります。民宿の名の通り、海・山・木に囲まれた自然が好きな方にはぴったりの民宿です。
こちらのテーブルいっぱいに並べられた華やかな料理は、宿泊プランに含まれています。大人数でテーブルを囲みながら頂く沖縄料理は、格段に美味しく記憶に残ること間違いなし!朝食と夕食もついてかなりリーズナブルな価格で宿泊できるのも大きな魅力です。

詳細情報

rakutenで見る

沖縄県国頭郡国頭村字奥480

写真を投稿する
3.09 00

② 古民家かねや / 沖縄県国頭郡本部町

画像はイメージです

画像はイメージです

次にご紹介するのは「古民家 かねや」です。宿の入り口付近に植わっている「フクギ」は沖縄で有名な樹木で、宿の近くのフクギの並木道は人気スポットの一つです。徒歩で約20分ほどの場所には美ら海水族館もあります。有名な観光スポットを巡った後に、ほっと一息つけるのがこちらの古民家です。
画像はイメージです

画像はイメージです

古民家に宿泊する魅力はいくつもありますが、やはりホテル宿泊では味わうことができない「昔ながらの雰囲気」を体感できるのも大きな魅力の一つです。古民家かねやは、瓦葺きの外装だけでなく、中身も伝統的な間取りになっています。かねやに泊まれば、昔懐かしい感覚がよみがえります。

詳細情報

rakutenで見る

沖縄県国頭郡本部町備瀬584

写真を投稿する
3.13 00

③ 琉球古民家ちゃんや〜 / 沖縄県本部町備瀬

次にご紹介するのは、沖縄の人気観光地のひとつ「フクギ並木道」の中にある「琉球古民家ちゃんや~」です。こちらの宿は、お部屋が3箇所に点在していて、離れになっているのが特徴です。お部屋の雰囲気や人数で宿泊するお部屋を決めることができるのは嬉しいポイントですよね。
琉球古民家ちゃんや~の魅力のひとつは、沖縄のこだわりの食材を使ったお食事です。自家菜園で採れた新鮮なお野菜やオーナーさんが釣ってきたお魚などを使ったお食事を頂くことができます。食事なしの「シンプルステイプラン」もありますが、ぜひこちらのお宿に泊まる際は食事ありのプランがおすすめです。

詳細情報

④ 今帰仁の宿 ハイビスカス / 沖縄県国頭郡今帰仁

次にご紹介するのは、沖縄県本島の国頭郡にある宿「今帰仁(なきじん)の宿 ハイビスカス」です。こちらのお宿は洋室(ツイン・トリプル)と和室の2種類3タイプのお部屋が用意されているのが、布団派にもベッド派にも嬉しいポイントです。名前の通り、日中は宿の周りにハイビスカスが咲きます。
こちらに泊まった夜はぜひ宿に併設されている、昭和居酒屋「北山食堂」に行ってみましょう。北山食堂は宿のオーナーこだわりの昔なつかしい昭和レトロな雰囲気が漂う居酒屋です。地元の方がいれば、お酒を交わして盛り上がるなんてこともできちゃいます。沖縄の思い出作りに是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

詳細情報

⑤ 北谷ジャーガル邸 / 沖縄県中頭郡北谷町

続いてご紹介するのは、沖縄県中頭郡北谷町にある「北谷ジャーガル邸」。こちらは、昔ながらの沖縄の古民家をリフォームして作られた1日1組の限定の宿で、まるで自宅のように寛いで滞在することができます。
家具はアンティーク調で揃えられていて、趣のある雰囲気が素敵です。ダブルベッドが置かれた部屋が2つあるので、4名までの宿泊の場合はベッドで寝ることができ、それ以上の人数の場合は布団を用意してもらえます。最大で9人まで宿泊可能です。

詳細情報

rakutenで見る

沖縄県中頭郡北谷町吉原126

3.26 019

《沖縄の離島》

⑥ 民宿くんや 本館 / 沖縄県石垣市白保

画像はイメージです

画像はイメージです

ここからは沖縄の離島にある古民家宿泊施設をご紹介していきます。まず最初にご紹介するのは、石垣島の白保村(しらほむら)にある「民宿 くんや 本館」です。こちらの本館は一棟まるごと借りれる民宿なので、しっかりとプライベートも確保できます。
画像はイメージです

画像はイメージです

「民宿 くんや 本館」は、10人まで一緒に泊まることができるので、気の合う仲間同士で、ワイワイ楽しむのにうってつけ。台所や洗濯機も備え付けられているので、まるで島に暮らしているかのような気分で滞在が楽しめます。

詳細情報

rakutenで見る

沖縄県石垣市白保57

写真を投稿する
3.12 00

⑦ かたあきの里 / 沖縄県宮古島市平良字東仲宗根添

次にご紹介するのは、宮古島にある「かたあきの里」です。こちらは昔ながらの雰囲気を再現した古民家風の宿泊施設群で、清潔感のある木造の宿泊施設です。お部屋の種類は9種類と豊富。最大で12名まで泊まれるお部屋もあります。
こちらのお宿はとにかく設備か充実しているのが嬉しいポイント。ベットや布団のある部屋はもちろんのこと、有田焼露天風呂がついたお部屋がある上、BBQセットも有料でレンタルできます。充実した設備で、気軽に古民家ステイが体験できるので、古民家ステイ初心者にはおすすめの宿泊施設です。

詳細情報

rakutenで見る

沖縄県宮古島市平良東仲宗根添1186-1

3.06 041

⑧ 竹富島 そうりゃ / 沖縄県八重山郡竹富町

最後にご紹介するのは、竹富島にある「竹富島 そうりゃ 」。こちらは、1棟貸切型の古民家宿になっていて、竹富島の伝統である赤瓦の屋根の広々としたお家に別荘感覚で宿泊することができます。20分ほど歩けばコンドイビーチに出られるというロケーションも最高です。
竹富島 そうりゃは、施設が充実しているのも大きな魅力。ウッドデッキにはジャグジー付きの露天風呂が設備されていて、格安でありながらリゾート気分が満喫できます。広い庭にはハンモックがあり、のんびりと寛ぐことができそうですね。

詳細情報

時の流れに身をまかせてみる

いかがでしたでしょうか?今回は沖縄の本島・離島の古民家ステイが体験できる宿泊施設をご紹介いたしました。旅行先でホテルではなく古民家に泊まってみる。もしかしたら新しい旅行の楽しみ方を見つけられるかもしれません。是非、沖縄へ訪れる前の宿選びに参考にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 昔ながらの日本の家を改装し、宿泊施設やカフェなどに利用されている「古民家」。最…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する