• はてぶ
  • あとで
懐かしの甘いものを。東京都内の疲れた時に食べたい「コッペパン」のお店7選

疲れがどっとたまり、途端に甘いものが食べたくなる時ありますよね。最近はパフェやケーキなどのスイーツがたくさんあって困ることも多いはず。そんなときは懐かしのコッペパンをおすすめします。そこで今回は、久しぶりに食べてみたい、美味しい「コッペパン」を売っているお店をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①iacoupé(上野)

1つ目にご紹介する、疲れた時に食べたい懐かしのコッペパン専門店は、『iacoupé(イアコッペ)』。JR上野駅の不忍(シノバズ)口から歩いてすぐの場所にあるこのお店は、しっとりもっちりの懐かしくも新しいコッペパンが自慢です。

ピスタチオ

デザートから主食まで、甘いものを食べたくなった時だけでなく軽食を取りたい時にもおすすめです。メニューは月替わりとなっていて、最新のメニューはfacebookから確認できます。上野の森さくらテラスで風を感じながら、優雅にコッペパンを食べましょう。

詳細情報

②ハト屋(京島)

2つ目にご紹介する、疲れた時に食べたい懐かしのコッペパン専門店は、『ハト屋』。墨田区京島のキラキラ橘商店街にあり、なんと創業大正元年。下町人情の溢れるコッペパン専門店です。

コッペパン

コッペパンは1個120円という安さ。このお値段で手造り、手仕込みの下町ながらのコッペパンが味わえるということには驚きです。懐かしの味を求めるのなら間違いなくこのお店です。ぜひ食べてみてください。

詳細情報

東京都墨田区京島3-23-10

写真を投稿する
3.03 00

③niko and... COFFEE(原宿)

3つ目にご紹介する、疲れた時に食べたい懐かしのコッペパン専門店は、『niko and... COFFEE(ニコアンドコーヒー)』。明治神宮前駅からすぐの明治通り沿いにあるコーヒーショップです。

あんマーガリン

ショッピングで明治通りに行く人にとって、休憩場所は必須。こちらのお店では、疲れた時につい立ち寄って食べたくなるようなコッペパンが勢ぞろいしています。お買い物の休憩におすすめです。

詳細情報

④みんなのぱんや(丸ノ内)

4つ目にご紹介する、疲れた時に食べたい懐かしのコッペパン専門店は、『みんなのぱんや』。東京ビルTOKIAの地下1階にあるので、仕事帰りに東京駅を使う人はふらっと立ち寄ることができる、働く人にとっておきのお店です。

ナポリタンドッグ

ビルの地下通路に沿って伸びているテイクアウト専門のお店です。仕事終わりに食べるのも良いですが、友人や家族へのお土産に持っていくと、喜ばれること間違いないです。大切な人の好みを考えながら選ぶのも楽しいですね。

詳細情報

東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルTOKIAB1階

3.36 38

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤太平製パン(千駄木)

5つ目にご紹介する、疲れた時に食べたい懐かしのコッペパン専門店は、『太平製パン(オオヒラセイパン)』。お店自慢のコッペパンには、可愛らしいキャラクターがプリントされていて、食べるのがもったいないように感じます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

mballサッカー好きです。読書します。おすすめは『本日は、お日柄もよく』。

このまとめ記事に関して報告する