• はてぶ
  • あとで
あなたもきっと見に行ける!東京発のドライブで“日本の絶景”12個を見に行こう

綺麗でも行くのが大変であったり遠すぎたりと、実際は見るのが大変な絶景。だからこその絶景でもあるのですが、この目で見てみたいですよね。そこで今回は、あなたもきっと見に行ける東京発のドライブで行きたい、日本国内のおすすめ絶景スポットを12箇所ご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 国営ひたち海浜公園 / 茨城

東京から行ける日本国内のおすすめ絶景スポット、最初にご紹介するのは「国営ひたち海浜公園」です。ここはネモフィラが美しいことで話題になりましたよね。小高い丘一面に咲き誇る花々はまさに絶景ですが、ここでは季節ごとに違った花々を楽しむことが出来るんです。
ネモフィラだけでなく、ここではコキアもおすすめなんです。秋にはコキアが赤く色づき一面に、コキアの絶景が広がります。一面が赤い絨毯で敷き詰められたような光景は必見です。また、夏の時期の緑のコキアも可愛らしいですよ。(2021年9月8日現在、臨時休業中です。最新の営業状況は公式ホームページをご確認ください。)

詳細情報

2. 袋田の滝 / 茨城

続いて2番目にご紹介するのは、茨城県久慈郡にある「袋田の滝」です。高さおよそ120メートル、幅およそ73メートルにもおよぶこちらの滝、その魅力は何と言ってもダイナミックさであり、その迫力には驚くこと間違いなしですよ。
この「袋田の滝」、季節ごとに異なる景観を楽しめることでも人気を集めています。中でも冬に見ることができる「氷瀑」は、一度見たらきっと忘れられないような光景で、自然の力強さを感じさせてくれますよ。寒さが厳しいので、訪れる際は温かい服装がおすすめです。

詳細情報

3. 大洗磯前神社 / 茨城

続いて3番目にご紹介するのは「大洗磯前神社」です。ここは先ほどご紹介した「国営ひたち海浜公園」からほど近い場所にあるスポットで、ここでは「神磯の鳥居」という鳥居が有名なんです。茨城のドライブスポットとして、とても人気ですよ。
小高い丘からまっすぐに伸びる階段。それを降りて行った先にある「神磯の鳥居」は海の中の岩礁の上に佇んでいます。波の音の中で静かに佇む様子は、どこか神々しさを感じさせてくれますね。どこかパワーを感じられるこちらの絶景、一度は訪れてみたいですよね。

詳細情報

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890

4.42 761000

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4. 渋峠 / 長野

続いて4番目にご紹介するのは「渋峠」です。白根山と横手山の間を通過する「渋峠」は、国道の標高としては日本一の高さを誇ります。何と言っても山の澄んだ空気が気持ちよく、そこから見える光景は非日常そのものです。
またここは条件が揃えば、雲海が発生し、その神秘的な光景を見ることができるんだとか。朝方のオレンジに染まった雲海は、自然の偉大さを感じさせてくれ、きっと記憶に残ること間違いなしですよ。リフレッシュしたい時にぴったりの絶景スポットです。

詳細情報

長野県下高井郡山ノ内町大字平穏7148

3.53 233

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5. 阿智村 / 長野

続いてご紹介するのは「阿智村」です。ここは日本が誇る星空スポットで、多くの方がその美しさを眺めようと訪れます。何にも遮られることのない満天の星空は、人々の憧れでありその光景に思わず息を呑んでしまいそうですね。
天気が良い日に現れる満天の星は、まるで映画の世界のよう。ただ時間を忘れてその美しさに浸ってみてくださいね。とてもロマンチックな絶景なので、カップルで訪れるのも人気ですよ。「阿智村」では星空ツアーも開催されているそうなのでそちらもおすすめです。

詳細情報

6. 高ボッチ高原 / 長野

続いてご紹介するのは「高ボッチ高原」です。諏訪湖や富士山、八ヶ岳などを一望することができる絶景スポットなのですが、気になるのはその名前。「高ボッチ高原」の由来は、昔ダイダラボッチと呼ばれる神様が腰を下ろして休んだ場所という言い伝えが所以なんだそう。
またここは雲海スポットとしても人気を集めています。気候条件が揃えば発生する雲海は、どこか神秘的で、きっと感動に包まれること間違いなし。神様もゆっくり休みたくなるほど、周りに広がる美しい景色はここでしか見られません。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する