• はてぶ
  • あとで
定番スポットだけじゃ終われない。下町「浅草」のディープな楽しみ方をご紹介

浅草といえば思い浮かべるのは「雷門」という人も多いのではないでしょうか。東京、そして日本のシンボルとも言える雷門がある浅草ですが、いつも訪れたら同じ観光名所を見て終わってしまう、なんて人も多いはず。今回はそんな下町「浅草」の本当の楽しみ方、ご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① レトロな喫茶店をめぐる

最初にご紹介する浅草の楽しみかたは、「レトロな喫茶店をめぐること」です。外食文化が根付いていた浅草では、今でも多くのレストランや老舗喫茶店が存在しています。昔ながらの喫茶店でゆったりお茶したいですね。
オススメなのが「ローヤル珈琲店」。浅草のホッピー通りのあたりにあるので、まさに観光地なエリアで、行きやすいのも嬉しいですよね。観光客も地元の方も多くの人から愛される喫茶店。人気の「鎌倉山チーズケーキ」はレアチーズケーキのような滑らかな舌触りで、トッピングされたレモンが爽やかな風味をプラスしています。

詳細情報

② 江戸切子作りを体験してみる

次にご紹介する浅草の楽しみ方は、「江戸切子作りを体験してみる」です。「すみだ江戸切子館」では“江戸切子作り”を体験することができます。好きなグラスを選び、切子紋様を削ることができます。丁寧に教えてくださり、気軽に体験することができちゃいますよ。(事前に予約が必要ですのでご注意ください。)
出来上がった江戸切子は持ち帰ることができますよ。世界で1つだけの切子作りは思い出に残ること間違いなしですね。館内では江戸切子の歴史や現代の作品も見ることができ、切子の販売も行っています。

詳細情報

③ 着物を着て下町を歩いてみる

次にご紹介する浅草の楽しみ方は、「着物を着て下町を歩いてみる」です。やっぱり浅草はどこを歩いても下町の情緒が漂います。そんな風情の中、ぜひ着物を着て街を歩いてみましょう。浅草には着物のレンタルや着付けのお店が多くあるので、気軽に着物体験ができちゃいます。(事前に予約をすることをおすすめします。)
着物を着て歩くのにおすすめなのは、やっぱり王道の「仲見世通り」と「浅草寺」。たくさんの出店で食べ歩きをしたり、お寺でお参りをしたりと、着物を着て歩けばいつもとは違う浅草を楽しむことができちゃいます。

詳細情報

④ 下町といえば!の料理を食べる

続いてご紹介するのは、「下町といえば!の料理を食べる」です。東京の下町「浅草」には、イメージの通り美味しいご飯が食べられるお店がたくさんあります。中でもおすすめなのが、美味しいお好み焼きがいただける「浅草 つる次郎」です。
和モダンで清潔感のある雰囲気が素敵なお店です。看板・人気メニューの「明太餅チーズ玉」は絶品。下町のおやつ、もんじゃ焼きもいただくことができ、お店こだわり鶏出汁のもんじゃは旨味があって、こちらもまたおすすめです!

詳細情報

⑤ 世界でひとつの美しい飴細工を作る

次にご紹介する浅草の楽しみ方は、「世界でひとつの美しい飴細工を作る」です。「浅草飴細工アメシン」の花川戸店では、飴細工を作ることができる体験教室が開かれています。世界にひとつの飴細工を手作りすることができますよ。(事前に予約が必要です。詳しくは公式HPをご覧ください。)
また、店内には職人さんの手作りによる飴細工の販売、また実演なども行っています。プロの手によってつくられる作品はまるでガラス細工のように緻密で巧妙。美しい飴細工に魅了されてしまいそうです。

詳細情報

⑥ 自分だけのお気に入りグッズを探す

次にご紹介する浅草の楽しみ方は、「自分だけのお気に入りグッズを探す」です。「かっぱ橋道具街」は浅草の中心街から徒歩で行くことができ、食器や調理器具、食品サンプルなどのお店約170店舗以上が軒を連ねています。そんなかっぱ橋道具街で、とっておきのグッズを探してみましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

cobito_15こびと

このまとめ記事に関して報告する