• はてぶ
  • あとで
もうすぐハロウィン!秋だからこそ行きたい東京近郊のお化け屋敷7選

もうすぐハロウィンの季節がやってきますね。ハロウィンといえば、まず一番に思いつくのは何と言ってもお化けですよね。そこで今回は秋だからこそ行きたい東京近郊のお化け屋敷を7つご紹介したいと思います。ぜひハロウィンより一足先に、お化けに会いに行ってみてはいかがでしょうか?

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①ミステリーゾーン / としまえん

まず1つ目にご紹介する秋だからこそ行きたい東京近郊のお化け屋敷は、としまえんにある「ミステリーゾーン」です。ここは二人乗りの自動車に乗って恐怖の館へ入っていきます。純和風な世界観ならではの怖さが魅力の1つです。
ライド型のお化け屋敷なので、「ウォークスルー式のお化け屋敷に入る勇気はない、、」という方でも楽しむことができます。中は真っ暗ですがどのお化けも大変ディティールにこだわっているため、なかなかの怖さがあります。

詳細情報

  • 東京都練馬区向山3-25-1
  • 03-3990-8800

②台場怪奇学校 / デックス東京ビーチ

2つ目にご紹介する秋だからこそ行きたい東京近郊のお化け屋敷は、お台場のデックス東京ビーチ内にある「台場怪奇学校」です。ここはライトの明かりを頼りに自分で歩いて進んでいくスタイルのお化け屋敷です。
リアルな恐怖体験をしたい!という方にはもってこいの場所で、その怖さは絶叫回数ランキングや恐怖度ランキングの上位にランクインするほどです。また、1グループ6名まで参加できるので友達と大勢でいくのもおすすめです。

詳細情報

  • 東京都港区台場1-6-1
  • 0335991664

③地獄便所 / ナムコ・ナンジャタウン

3つ目にご紹介する秋だからこそ行きたい東京近郊のお化け屋敷は、ナムコナンジャタウン内にある「地獄便所」です。ここはヘッドホンをつけて流れてくる音を聴きながらスリルを味わうという新感覚のお化け屋敷です。
3つの個室があり、それぞれ違ったストーリーを楽しむことができます。それぞれの個室の壁には料金を入れるところがあるので、そこにお金を入れるとストーリーが始まります。料金は1回300円となっており、全てのストーリーを体験するのもありですね。

詳細情報

  • 東京都豊島区東池袋3-1-3サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル
  • 0359500765

④閉ざされた悪霊の家 / 東武動物公園

開催期間:2017年7月15日(土)〜11月26日(日)

4つ目にご紹介する秋だからこそ行きたい東京近郊のお化け屋敷は、東武動物公園に期間限定で登場するお化け屋敷「閉ざされた悪霊の家」です。ここはウォークスルー式のお化け屋敷で、まるでホラー映画の主人公になったかのような恐怖体験ができます。
悪霊に取り憑かれた末に廃屋に閉じ込められ、消えてった村人たちに何が起きたのか謎を解き明かしながら進むここでは、今まで体験したことのない和製ホラーの真骨頂を体験できます。ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

詳細情報

  • 埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110 東武動物公園
  • 0480-93-1200

⑤お化け屋敷〜桜の怨霊〜 / 浅草花やしき

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する