• はてぶ
  • あとで
唯一無二の絶景!立山黒部アルペンルートの”雪の大谷”

立山黒部アルペンルートにある立山室堂平は世界でも有数の豪雪地帯です。 中でも室堂付近にある「大谷」は、吹きだまりになっているため特に積雪が多く、その深さは20mを超えることもあります。この「大谷」を通る道路を除雪してできる、高さ20mにも迫る巨大な雪の壁が「雪の大谷」です。20mにも迫る雪の壁は圧巻の一言!また、雪の壁以外にも春の室堂は楽しいイベントが盛りだくさん!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

雪の大谷とは?

「聞いたことはあるけど詳しくは知らない」という方は結構多いんじゃないかと思います。
雪の大谷とは、積雪量が20mにも迫る「大谷」を通る道路を除雪することによって
創り出される巨大な「雪の璧」です。
約500mの雪壁の区間を「雪の大谷」と呼びます。
1月下旬、ブルドーザーは雪に覆われた山に入り、GPSで道の位置を確認しながらセンターラインを探し出すことから作業が始まります。
特に室堂は積雪が7~8mほどあるので数台のブルドーザーが何度も往復して巨大な雪の塊を押し出し、雪面を掘り下げていく。
春の立山黒部アルペンルートの一番人気スポットです。

大迫力!雪の壁を間近に体験「雪の大谷ウォーク」

「大谷」は本来であれば高原バスが通る道路です。
しかし、壁の間を歩いてみたい!という方のために期間限定で「大谷」を歩けるイベントを開催しています。

それが「立山・雪の大谷ウォーク」です。
例年、4月15日の全線開通から6月下旬まで開催しています。6月までたくさんの雪が残っているので下界は夏でも、「大谷」では最高の涼を感じることができます。
豊かな自然と人の努力が創り出す絶景を間近で見ると、なんとも胸が高鳴ります。
雪の壁をよく見ると、しま模様になっています。
これはその年の雪質や水分の含み具合、黄砂の影響によって「層」になります。
この雪の層を分かりやすく説明しているのが、「雪のカレンダー」です。

興味のある方は雪の大谷に設置してある、雪のカレンダー表を見てみてください。
真っ青な空に真っ白な雪が良く映えます。
雪に馴染みのある方も無い方も、この非日常的な光景は一驚です。


また、雪の大谷のどこかに雪だるまも出現
おもわず足を止めたくなる、個性的な雪だるまです。
見つけたらぜひカメラにおさめたい。
「雪の大谷」のおすすめシーズンは4月。
雪の壁が一番高い状態を維持し、雪の壁が完成したばかりで雪が溶け始めていないので、
雪肌が一番綺麗です。

4月~5月GWぐらいまでは一番混雑する人気の時期なため、例年1~3時間の乗物の待ち時間があります。前売り券を予約したり、時間に余裕の持った行程を組むなどがおすすめです。

また、雪の照り返しが強いのでサングラスや日焼け止めが必要になります。

雪の大谷だけじゃない!春の室堂のイベント

春の室堂は雪を「見て」「触れて」「遊べる」体験型のイベントも盛りだくさん!
(※イベント内容は毎年異なることがあるので事前のチェックがおすすめです)

日本最高所の「雪の迷路」

迷路の道も壁もすべて雪!
右も左もどこを見ても雪に囲まれた迷路です。
あっちへ行ったり、こっちへ行ったり。
家族や友人と悩んで歩いて相談して、楽しく雪の迷路を攻略しよう!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

tateyama-kurobe長野県と富山県をつなぐ山岳観光ルートの立山黒部アルペンルートを中心に紹介しています!その他にも周辺観光情報やおすすめスポットもご案内します。

このまとめ記事に関して報告する