• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
スポーツの秋到来!この秋やりたい新しいエクストリームスポーツ7選

みなさんエクストリームスポーツって知ってますか?エクストリームとは「極限」や「過激」という意味であらゆるパフォーマンスを極限まで高めて技を競い合う全く新しいスポーツです。今回は新しいだけに将来オリンピック種目になるかもしれない、そんな可能性を秘めた7つのエクストリームスポーツをご紹介します。(※掲載されている情報は2017年9月時点のものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

1.BMX

※画像はイメージです

まず最初にご紹介するのはBicycle Motocross、通称「BMX」です。BMXはエクストリームスポーツの中でも競技人口も多くとても人気のあるスポーツで、専用の自転車に乗りジャンプやターンなどの技を決めていきます。

※画像はイメージです

街中のいたるところで技を決める“ストリート”平らな場所で行う“フラットランド”などがあり、技が決まった時のかっこよさはいうまでもありません。実はBMXは2020年東京オリンピックに「フリースタイルパーク」と「マディソン」が正式に採用され、今世界で最も注目を集めるスポーツなんです。

このスポーツができる場所

2.パルクール

※画像はイメージです

次にご紹介するのは「パルクール(parkour)」です。パルクールは私たちに最も身近なエクストリームスポーツと言ってもいいかもしれません。生身の身体能力の限界を競うため命綱無しで素手でビルを登ったり、建物の上を駆け抜けたりします。

※画像はイメージです

パルクールは身一つでできるため競技人口も多く、高い建物の上で自撮りをすることがステータスとなるので事故も多く死者が出やすいスポーツです。また国内では住居侵入にあたるので絶対に行わないようにしましょう。

3.スクーター

次にご紹介するのは「スクーター」です。日本ではキックボードの名前で親しまれていますが海外ではスクーターとしてポピュラーな乗り物の一つです。また日本では小さい子が乗っているイメージですがEUやUSではスケボーやBMXに並ぶ人気です。

※画像はイメージです

外国人が載っているのはマッドギアと呼ばれるような本格的なエクストリーム用のものなので間違っても国内で子供向けなどに販売されているもので行わないようにしてください。もし購入の際は個人輸入や専門のショップの人に尋ねたほうがいいでしょう。

このスポーツができる場所

  • 神奈川県横浜市港北区小机町3300
  • 045-477-5000

4.けん玉

※画像はイメージです

次にご紹介するエクストリームスポーツは「けん玉」です。“あのけん玉が?”とおっしゃる方も多くいると思いますが実は日本生まれのけん玉が今海外で大ヒットしてエクストリームスポーツとして人気なんだそうです。

※画像はイメージです

日本にも日本けん玉協会があり検定により段の取得や公式大会などが開かれていますが、海外でそれらがどのように受け入れられているのかはわかりません。しかし今世界中が日本のけん玉に注目していることは間違い無いのです。それにしても外国人が持っただけでこんなにかっこよく見えるものなんですね!

このスポーツができる場所

  • 静岡県伊豆市修善寺952
  • 0558-72-0476

5.スラックライン

※画像はイメージです

5つ目にご紹介するのは「スラックライン」と呼ばれるスポーツ。ベルト状の綱の上をテンションを利用して跳ねたり渡ったりする競技です。最近は日本でもイベントや大会がちらほらと伺えるようになってきました。

※画像はイメージです

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する