• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
「アナと雪の女王」の世界!建物もベットもすべて氷でできたアイスホテルにスウェーデンで泊まってみた!

スウェーデンのユッカスヤルヴィにある氷でできたホテル「ICE HOTEL(アイスホテル)」は、まさに「アナと雪の女王」の世界。 でもいったいどんな感じなの?実際に泊まってみたわたしだからこそわかる、よくある質問とその回答とともにご紹介します。

このまとめ記事の目次

ありのーままのー

エルサがLet It Goを歌うシーンに登場する、氷でできた建物。家具もすべて氷でできていてとてもきれい。
そんなアナ雪の世界が味わえる「氷でできたホテル」がスウェーデンにあり、泊まってみました。

氷のホテルの内部をご紹介!

ドア

壁はもちろん、ドアも氷でできています。
ドアにはトナカイの毛皮が貼られています。

氷のシャンデリア

360度見渡す限りすべて氷!床も天井も、そしてシャンデリアも氷でできています。
氷に光が反射してとてもきれい。

スイートルーム

スイートルームの中でも特に広いお部屋がこちら。机とイスがお部屋にありました。もちろん氷でできています。
氷のお部屋は溶けてなくなってしまうので、毎年デザインがかわります。写真は2015年冬のものです。

肖像画

誰の肖像画なんでしょうか?氷に彫ってありました。
他にも凝った彫刻がたくさんあります。お部屋によって雰囲気が全然異なります。

氷のベッド

氷でできたベットにマットレスが敷かれ、その上にトナカイの皮が敷かれています。
枕は普通のものです。ここに寝袋を置いて寝ます。
寝袋に入ると全然寒くありません。

Q&A

Q.気温はどのくらい?

A.外はマイナス10度前後。氷のホテル内はマイナス5度前後。

こう聞くとかなーり寒そうですが、実際に行ってみるとそこまででもありません。きちんと防寒対策していればあまり寒さを感じないはずです。

Q.どんな服装で行ったらいいの?

A.オシャレよりも機能性を重視しましょう。靴は無料で貸してくれます。

せっかくの旅行、オシャレしたいですよね。でも今回ばかりは機能性を重視して!
軽くて保温性のあるズボンや、暖かい下着、キルティング巻きスカートが重宝しました。
靴はスノーブーツを無料で貸してくれるので、滞在中はそれを履きます。普通の靴だと滑りやすいのでご注意を。

Q.寒くないの?

A.寝袋があるから大丈夫。寝袋は無料で貸してくれます。

氷のお部屋に泊まる場合は、アイスホテルオリジナルの寝袋を無料で貸してくれます。フロントで借りましょう。これ、かなり温かいです。寝袋の下は厚着しないように気を付けましょう。汗をかくと体が冷えてしまいます。

Q.荷物はどうするの?

A.氷のお部屋には貴重品だけ。その他はロッカーに預けます。

チェックイン後、ひとり一つロッカーがあたえられます。
大きいサイズでここにスーツケースも入れます。氷のお部屋には、ポケットに入る程度の貴重品だけ持っていきます。
ちなみに氷のお部屋のドアはこんな感じ。
トナカイの皮がで目隠しされているだけで、各部屋に鍵はありません。
なので貴重品は身に着けておいて、それ以外のものはロッカーに預けた方が良いです。
(防犯上、夜になると氷のホテルに入るドアは施錠されるので、宿泊者以外は氷のホテルに入ることができないようになっています。)

Q.トイレ、お風呂は?

A.氷のホテルにはありません。フロントのものを使用します。

普通の建物であるフロントにトイレとお風呂(シャワーとサウナ)はあります。
氷のホテルにはありません。フロントは氷のホテルの隣にあるので、氷のお部屋に泊まるときはこちらを使用します。共用です。

Q.氷でできた建物ばかりなの?

A.普通の建物もあります。

フロントは氷でできていません。普通の建物です。まずはこちらでチェックイン。
さすが北欧。家具がオシャレです。暖炉もありました。

Q.泊まるのはちょっと…見学だけってできる?

A.見学ツアーに参加すれば可能です。

アイスホテルに宿泊しなくても、見学ツアーに参加すれば氷のホテルの内部を見学することができます。
ただし有料です。325SEKなので約5,500円。なかなかのお値段です。
※掲載されている情報は2015年2月時点のものです。必ず事前にご確認下さい。
アイスホテルに泊まるけど、氷のお部屋はイヤって人は普通のお部屋へどうぞ。
わたしはアイスホテルに2泊して、1泊目を氷のお部屋、2泊目を普通のお部屋にしたのでとても快適に思えました。

今年の冬は氷のホテルに行ってみませんか?

時間もお金もかかるのでハードルが高く感じられるかもしれませんが…行く価値アリです。
是非今年の冬は、スウェーデンに行ってみてください!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

tabizaru69講談社with #withgirlsエディター
#台湾公認インスタグラマー
旅猿が好き。旅が好き。#旅猿ロケ地巡り
https://www.instagram.com/tabizaru69/

このまとめ記事に関して報告する