• はてぶ
  • あとで
本当に実在する奇跡の絶景!イタリア・カプリ島“青の洞窟”に行ってきた

聞いた事はある・写真で見た事はある“青の洞窟”という青色の絶景。2017年8月実際にイタリア・カプリ島に行き、この絶景を目の当たりにした筆者が、この奇跡の絶景の美しさや細かな豆知識までさくっとまるっとご紹介しちゃいます!(※掲載されている情報は2017年9月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

見る人を魅了する青の絶景の数々…

この世界に数ある絶景の中でも、一際目を惹く“青の絶景”。日本にもいくつも存在する青の絶景スポットは多くの人を魅了してきました。
青さも美しさも異なるそれぞれの絶景スポットですが、世界には日本では目にする事のできないくらい壮大で鮮やかな“青の絶景”がある事をご存知ですか?今回は2017年8月に実際にこの目で確かめてきた筆者が、その魅力をたんとお伝えします。

イタリアが誇る絶景スポット“青の洞窟”

イタリアにある青の絶景スポットは“青の洞窟”。元々綺麗な色をした海なのですが、この洞窟内ではその海が真っ青に見えるんです。青色に包まれたこの幻想的な空間は、洞窟内であれば一面青色になっています。
洞窟内にはボートに乗って見に行く人がほとんどですが、中には泳いでいる人も。ただ見るだけでなく、自分がこの絶景スポットに触れられる・中に入れるというのは貴重な経験になりますよね。

加工なしでこの青さ!by実際に行った筆者

こういった絶景スポットでありがちなのが、写真で見ていたのと違う…という事。綺麗な事には変わりはないのですが、どうしても加工技術が発達したこの世の中では写真1枚でそこの綺麗さを決めるには無理がありますよね。ということで、ここでは実際に筆者が撮影した写真を“無加工”で載せちゃいます。
ご覧の通り、本当に青い!洞窟に入った瞬間から青く染まったこのスポットは、本当に驚かされます。入口近くに太陽の光を通す穴があり、底が石灰岩なため反射しやすく、そして洞窟というこの場所だからこそ見られる、まさに奇跡の絶景です。
フラッシュを焚いて撮影するとこんな感じ。洞窟の内部も写す事ができます。どちらかというと、人や船がシルエットになって青の洞窟が写るように、フラッシュを焚かないで撮るのがおすすめ。

イタリアの人気観光地カプリ島にあります

ここで青の洞窟がどこにあるのか一度整理を。青の洞窟はカプリ島という島で見る事ができます。カプリ島までは、ローマからナポリまで移動して、ナポリの港ベヴェレッロ港からフェリーで行く行き方がポピュラーです。ローマ皇帝も愛したとされるカプリ島はリゾート気分を味わえる絶好のスポットなので、泊まる事をオススメしますが日帰りで行く事も可能です。
ナポリからフェリーで行くとカプリ島の港マリーナグランデに着きます。港のすぐ横にあるビーチでは多くの人が水着で海水浴を楽しんでいます。青の洞窟のイメージの強いカプリ島ですが、カプリ・アナカプリとエリアは分かれており高級ブティックでショッピングを楽しむ事もできます。

“青の洞窟”にたどり着くまでが大変…って本当?

カプリ島に着くのは簡単でも、実は難しいのがそこから青の洞窟までの道のり…筆者も事前にいくつもの体験記を読んだのですが、とにかく困るのが“運”であるという事。青の洞窟内に入れるかも当日になってみなければ分からないし、そのために船で数時間待ったなんて人もいるもんだから気が気じゃない…今回は2つあるルートと実際に使ったルートを説明します。

↑実際のバスのチケット(4ユーロ)当日に買う事もできます

青の洞窟に入るには船が主なのですが、その入口までは必ずしも船で行かないといけないわけではありません。マリーナグランデから船で行くのが1つのルートですが、船酔いしやすい方は入口まではバスやタクシーで行くのがおすすめです。

↑青の洞窟入口。すでに青い…!

そして大事なのが行く時間。青の洞窟は朝9時から始まるので、朝早くに行くと待ち列は少ないと思います。筆者は8時半に着くようにバスで行きましたが、見事1番乗りでした。海から行く組みと、陸で船を待つ組みとの列が2つある事になるので、混み始めると正直かかる時間は未知数。確実に見たい場合はやはり朝をオススメします。
入る前に青の洞窟に入るチケットを船の上で購入するのですが、歌を歌ってもらったりもう一周するかどうか聞かれるので、自分でどうするか答えましょう。洞窟に入ってすぐ青の絶景は楽しめるので、船酔いしやすい方は1周でも十分楽しめると思います。

この青さを目に焼き付けて。

いかがでしたか?イタリアが誇る青の絶景スポット「青の洞窟」。写真でしか見た事のなかった綺麗な景色を、実際に見てきた筆者がその魅力や実際に行って感じた事をまとめてみました。皆さんも、この青の絶景を目に焼き付けにカプリ島へ足を運んでみてくださいね!
(※掲載されている情報は2017年9月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Sashimi結局魚が好きなのよね

このまとめ記事に関して報告する