• はてぶ
  • あとで
今年は「読書の秋」にする?東京都内で長居したくなる本屋7選

「芸術の秋」や「食欲の秋」、「運動の秋」などといわれ、様々なイベントが盛んにおこなわれる秋。しかしそれだけではなく、みなさんにおすすめしたいのは「読書の秋」です。東京都内の本屋には1000坪超えの大型書店から、フォトジェニックな本屋まで様々なジャンルがあります。今回はそんな長居したくなるような本屋を紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.ジュンク堂池袋本店/池袋

1つ目にご紹介する、東京都内の長居したくなるような本屋は「ジュンク堂池袋本店」です。池袋駅から5分ほど歩けば行くことが出来て、アクセスが良いです。ビル1棟が丸ごと本屋になっており、地下1階から9階まで本がびっしり並んでいます。
ジュンク堂池袋本店はその面積が約2000坪あり、圧倒的な品ぞろえを誇っています。また、その広さを活かして、企画展やブックフェアが多数行われています。店内には椅子も置いてあり、じっくり本を選ぶための配慮がなされています。

詳細情報

2.マルノウチリーディングスタイル/東京

2つ目にご紹介する、東京都内の長居したくなるような本屋は「マルノウチリーディングスタイル」です。東京駅から徒歩1分のショッピングモール「KITTE」の中にあり、とてもおしゃれな外観をしています。

スパイシーチキンカレー

マルノウチリーディングスタイルは本とそれにまつわる雑貨が一緒に展示されており、いわば本を体感することが出来る空間です。購入前の本も併設されているカフェで読むことができるのですが、そのカフェメニューは健康に配慮しているそうです。まさに心と体に優しい本屋ですね。

詳細情報

東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー4階

3.40 419

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3.丸善・丸の内本店/東京

3つ目にご紹介する、東京都内の長居したくなるような本屋は「丸善・丸の内本店」です。こちらの本屋も東京駅から徒歩1分とアクセスが抜群です。取り扱っている本の数は日本最大級であり、和書約100万冊・洋書約12万冊もの在庫があるそうです。

キリンブラウンマイスター

丸善・丸の内本店のコンセプトは「Book Museum(ブックミュージアム)」であり、各階に美術館のような展示スペースがあるそうです。店内にはカフェが併設されており、ハヤシライスやビールなどアルコールまで楽しむことが出来るそうです。

詳細情報

東京都千代田区丸の内1-6

写真を投稿する
3.00 10

4.銀座蔦屋(つたや)書店/銀座

4つ目にご紹介する、東京都内の長居したくなるような本屋は「銀座蔦屋書店」です。銀座にある最新のショッピングモール・ギンザシックスの中にあります。都会らしく洗練された雰囲気で、他の書店とは一味違った場所になっています。
銀座蔦屋書店はアートジャンルに特化した本を扱っています。ほかにもアートギャラリーでイベントが行われていたり、購入前の本をスターバックスのドリンクとともに楽しむことが出来たりします。「読書の秋」と「芸術の秋」を一度で味わうことが出来る、リッチな空間です。

詳細情報

5.書泉グランデ/神保町

5つ目にご紹介する、東京都内の長居したくなるような本屋は「書泉グランデ」です。本の街と呼ばれる神保町にあり、神保町駅から徒歩1分と非常にアクセスがいいです。また、建物1棟が本屋になっているので、品揃えが豊富です。
書泉グランデの特徴は書籍にまつわるイベントの多さです。芸能人の書籍刊行イベントなどをはじめ、様々なイベントが7階のスペースで行われています。また、6階はワンフロアすべて鉄道に関する本のみで占められており、マニアックな本や貴重な本の宝庫になっています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する