• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
とびきり贅沢な休日を。1度は行きたい「星のや 軽井沢」の7つの魅力

星野リゾート、有名ですよね。その総本山ともいえる「星のや 軽井沢」。評判もすばらしく、素敵なのは想像がつくと思いますが、今回は実際に宿泊した私がその魅力を詳しくお伝えしていきたいと思います。個人的には秋の時期に行くのが最もおすすめですよ。少しでも参考になれば幸いです。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.ゆったりと流れる時間

「星のや 軽井沢」には、時計がありません。客室にもテレビがありません。新聞はライブラリーラウンジへ行けば読むことができますが、基本的には部屋に届いたりしません。その理由として、「日常から離れるため」ということが挙げられます。現代人の“時間に追われる生活から抜け出す”というコンセプトのもと設計されているのですね。
辺りはとても物静かです。敷地に対して宿泊できる人数が少ないということもあり、敷地内を夜歩くと誰にも会わなかったりします。このような素敵な工夫のおかげで都会の喧騒から離れて心身ともにリラックスできるのですね。

2.嗅覚から感じる「癒し」

「星のや 軽井沢」は、どこへ行ってもお香のいい香りがするんです。まず通されるレセプションの待合室ですらお香のいい香り!客室へ行っても今度はまた違うお香の香り。五感すべてから与えられる「癒し」はほんとうに極上のものです。
客室に用意されているお香は、沈香のようないい香りです。お土産コーナーで客室に使われていたお香を購入することも可能なのだそうです。家に帰っても贅沢な時間を思い出すことができて素敵ですね。

3.別荘のような客室

「星のや 軽井沢」の客室は、それぞれが独立した離れのようになっていて、隣の部屋なども気にすることなくゆっくりすることができます。そのため、客室がとても広い!その上、オレンジ色の間接照明や、落ち着いた色の壁などのおかげか、とても温かみを感じます。
「水波」や「山路地」の部屋など、それぞれの客室に合わせたプライベートな空間を楽しむことができます。細かいところまでに気を配っていることに気づくとうれしくなりますよね。客室の離れが湖を囲むように作られていて、テラスへ出ると湖を目の前に眺めることができますよ。

4.別世界のような「自然」

「星のや 軽井沢」は広大な敷地があり、そこには「贅沢」な自然が広がっています。敷地内にはゆるやかに川が流れ、そのせせらぎを聴くのも素敵ですね。春には桜が咲き誇り、夏は青葉が目に眩しく、秋には紅葉が艶めいて、冬には雪が輝きます。自然溢れる軽井沢だからこその魅力です。
夜には湖に浮かぶ行灯が優しいだいだい色に灯り、虫の声が聞こえてきます。軽井沢という土地柄、星がとてもきれいに見えます。是非上を見て歩いてくださいね。運が良ければモモンガに遭遇できるかも?

5.旬の食材を贅沢に使った食事

お食事は「メインダイニング 嘉助」でいただくことができます。照明が淡く、天井が高い木造りの落ち着いた空間です。とても静かな空間で、旬の食材をふんだんに使ったお料理を頂ける贅沢なものです。
「ダイニング 嘉助」は御影石で作られた壁を山、通路と客席を棚田に繋がる川と川床に見立てているのだそうです。軽井沢は山にあるので、山の食材をおいしく使った料理を是非楽しんでください。「ダイニング 嘉助」以外にもお食事を頂ける施設があるので、洋食が食べたくなったりしても安心ですよ。

6.長い歴史を持つ温泉

「星のや 軽井沢」の温泉は、大正3年から続く由緒ある温泉です。そもそも「星のや 軽井沢」はその創業者が温泉掘削作業に着手したことから始まりました。敷地内の温泉施設「トンボの湯」は宿泊客の方でなくても利用することができます。北原白秋や島崎藤村も立ち寄った秘湯なのだそうですよ。
よりゆっくりしたい方は「メディテイションバス」をおすすめします。宿泊客しか利用できない温泉なため、人もあまりおらず、本当に落ち着くことができますよ。筆者は深夜に行ったのですが、広いお風呂が貸し切り状態でした。胸ほどまで水深のある洞窟風呂がおすすめです。

7.贅沢空間だからこその、リラックスするための細かい気配り

私たちが癒されて帰るための工夫が、ところどころにちりばめられています。「星のや 軽井沢」では、2泊以上の宿泊しかできないようになっています。その理由は、ゆっくりしてリフレッシュするのに1泊では不十分なためという本当の気遣いやこだわりが窺えますね。
「ライブラリラウンジ」では、時間によって紅茶バーになったり、お茶請けが用意されたりして、館内の本を読みながらベッド型のソファでゆったりすることができますよ。小物やアメニティにも細やかさとこだわりが見てとれます。観光に出かけるのもいいですが、2泊3日敷地から出ずに、贅沢をしてリフレッシュするのもおすすめします。

贅沢な休日を送ってみませんか?

いかがでしたか?価格帯的に、すこし手が出にくい星野リゾート。しかし、そこで得られる贅沢な時間は確かに価格以上のものでした。大切な人とふたりでゆったり過ごすのに最適なホテルです。是非思い切って行ってみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

詳細情報

ikyuで見る 他の提供元を表示2件
  • 長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148
  • 0570-073-066

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する