• はてぶ
  • あとで
行きたい場所ばかり!イギリスの欲張りおすすめ観光スポット15選

言語は英語,治安も比較的安定し,勤勉な国民性も安心できるイギリスは,憧れのヨーロッパのなかでも比較的行きやすい場所ですね。そんなイギリスおすすめの観光スポットをまとめました。首都ロンドンだけでも星の数ほどあるおすすめ観光スポットですが,なかでも厳選したまとめをお届けします!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① バッキンガム宮殿(ロンドン)

15選トップは,ロンドン観光の定番名所,バッキンガム宮殿。名物はほぼ毎日行われる衛兵交代式です。大人気なので場所取りが大変ですが,ロンドンに来たからには必見です。夏のシーズン中は宮殿内の見学も可能で,ネット予約もできるので,ロンドン旅行が決まったら準備を忘れずに!
【名称】 バッキンガム宮殿(BUCKINGHAM PALACE)
【住所】 BUCKINGHAM PALACE ROAD, LONDON, SW1A 1AA, U.K.
【TEL/FAX】 TEL:(020)78391377 FAX:(020)79309625
【アクセス】 地下鉄 ヴィクトリア(VICTORIA)駅またはグリーン パーク(GREEN PARK)駅から
                                                 徒歩 7~10分。

② ロンドン塔(ロンドン)

こちらもロンドン定番の観光名所ですね。城内を巡ることでイギリスの歴史を学ぶことができます。でもなんといっても一番の人気は秘宝館の「クラウン・ジュエル」。世界最大のダイヤモンド,「アフリカの星」は必見ですよ。ロンドン塔内に住む衛兵,ヨーマン・ウォーダーのツアーに参加するのもおすすめです。
【名称】 ロンドン塔(TOWER OF LONDON)
【住所】 HM TOWER OF LONDON, LONDON, EC3N 4AB, U.K.
【TEL】 (020)31666000 
【所要時間】 2時間~3時間
【服装】 歩きやすい靴(丸石の石畳なので歩きにくい)
【アクセス】 地下鉄 タワー ヒル(TOWER HILL)駅から0.2KM、徒歩1分。
【営業時間】  9:00~16:30 
         日,月曜:10時~。最終入場は閉館30分前迄。
【休業日】 1/1,12/24-26
【料金】 大人料金:20.90英ポンド
     こども料金:10.45英ポンド 16歳未満(5歳未満無料)
     シニア料金:17.60英ポンド シニア60歳以上

③ ロンドン・アイ(ロンドン)

ロンドン塔から一転して,こちらはロンドンの新名所というべき観光スポット。ヨーロッパ一の大きさを誇る観覧車に乗ると,ロンドンの街が一望できます。大人気で長蛇の列なので,旅行に行く前にインターネットで予約をしたり,割高になりますがファストパスを購入したりと,準備しておくといいですよ。比較的治安のよいロンドンですが,観光客をターゲットにしたスリには気を付けましょう。
【名称】 ロンドン アイ(LONDON EYE)
【住所】 3 MARKET CLOSE, POOLE, DORSET, BH15 1NQ, LONDON U.K.
【TEL】 (0870)9908883 FAX:(0870)4003006
【アクセス】 鉄道/地下鉄 ウォータールー(WATERLOO)駅から徒歩 5分。
       エンバンクメント(EMBANKMENT)、チャーリングクロス(CHARING CROSS)、
       ウェストミンスター(WESTMINSTER)等。
【営業時間】 <予約受付>9:00-17:00 (月-金)
         <利用時間>10:00-21:00(10-3月は20:00まで、7-8月は21:30まで)
         年始、祝日等、時間が異なる場合有。
【休業日】 12/25, メンテナンス時(2013年1月中旬を予定)
【料金】 大人料金:18.90英ポンド
      こども料金:11.10英ポンド 4~15歳(4歳未満:無料)
      シニア料金:15.00

④ 大英博物館(ロンドン)

ロンドンに来たらやはりここははずせない定番観光スポットです。世界史の授業でも習ったロゼッタストーンや,パルテノン神殿の彫刻レリーフなどに出会えます。膨大なコレクションが展示されているため,一日では回り切れないほど。館内地図を片手に,お目当てのものを探しましょう。日数に余裕があれば,何日でも通いたいほどですね。
【名称】 大英博物館(BRITISH MUSEUM)
【住所】 GREAT RUSSELL STREET, LONDON, WC1B 3DG, U.K.
【TEL】 (020)73238299
【FAX】 (020)73238616
【アクセス】 地下鉄 ホルボーン(HOLBORN)駅または
        トッテナムコートロード(TOTTENHAM COURT ROAD)駅から0.5KM、徒歩 5分。
【営業時間】 時間10:00~17:30
       金曜 ~20:30
【休業日】 1/1、12/24、12/25、12/26
【料金・条件】 無
         特別展は有料の場合有り。

British Museum, Great Russell Street, London, WC1B 3DG

4.18 321100

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤ ヴィクトリア&アルバート博物館(ロンドン)

ロンドンには数多くの博物館・美術館がありますが,ここヴィクトリア&アルバート博物館は,芸術とデザインを専門としている博物館です。館内の展示品ももちろん興味深いものばかりですが,とりわけセンスのよいカフェとミュージアムショップが人気。お土産選びにもおすすめです。
【名称】 ビクトリア & アルバート美術館(VICTORIA & ALBERT MUSEUM)
【住所】 CROMWELL ROAD, LONDON, SW7 2RL U.K.
【TEL】 (020)79422000 
【アクセス】 地下鉄 サウス ケンジントン(SOUTH KENSINGTON)駅から徒歩5分。
【営業時間】 10:00~17:45
         閉館は10分前。毎週金曜 ~22:00迄。
【休業日】 12/24、12/25、12/26

Cromwell Rd, Kensington, London, United Kingdom

3.36 125

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥ リバティ(ロンドン)

日本でも大人気のテキスタイルのリバティ社の本社で,1875年創業の老舗デパートです。チューダー様式の建物自体も訪れる価値がありますが,バス用品、洋服、インテリア、文具などの豊富でセンスのよい品揃えにもうっとり。予算をたっぷり確保して,お土産選びに活用したいですね。もちろんここオリジナルのリバティ製品のチェックも忘れずに!
【名称】 リバティ(LIBERTY)
【住所】 REGENT STREET, LONDON W1B 5AH U.K.
【TEL】 (020)77341234 
【アクセス】 地下鉄 オックスフォード サーカス(OXFORD CIRCUS)駅から0.1KM、徒歩 3分。
【営業時間】 10:00~21:00
         日曜 12:00~18:00

United States

3.13 16

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑦ グリニッジ天文台(グリニッジ)

ロンドン中心部からは少し離れますが,世界時間の基準時であるグリニッジ標準時のもととなっている,王立天文台も定番の名所です。経度0地点で記念撮影をしていくのが大人気。世界遺産となっているグリニッジはその他の観光スポットもたくさんあるので,地図を片手にのんびり散歩するのもいいですよ。
【名称】 グリニッジ天文台 (Royal Observatory)
【住所】 Blackheath Av., Greenwich SE10 8XJ
【TEL/FAX】 (020)88584422 /
【アクセス】 地下鉄カティサーク(Cutty Sark)駅から徒歩10分
【営業時間】 10~17時
【定休日】 なし
【休業日】 12/24、12/25、12/26、ロンドンマラソンの日
【入場料】 有料
       大人:寄付、 子午線経度0度のある中庭への入場は£7。5歳以下は無料

⑧ リーズ城(メードストン)

世界で最も美しいとも称される,中世の優雅なお城です。ロンドンから一時間ほどの立地にあるので,日帰りで行けるのもいいですね。城内を見学して当時の貴族の暮らしに思いを馳せたあとは,すばらしいイングリッシュガーデンを堪能しましょう。一日だけじゃもったいない!という人には,夏季シーズン限定でリーズ城敷地内の中世風のテントに宿泊することもできますよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する