• はてぶ
  • あとで
沖縄のそばならココへ行こう!沖縄そば・ソーキそばの人気店8選

せっかくの沖縄観光なんだから、名物の沖縄そばは食べておきたい。さらに欲を言えば、お店選びで失敗したくない。近所のラーメン屋さんのように、何度もチャレンジできるわけではない旅先のグルメスポット。沖縄の沖縄そば、ソーキそばも、その代表格と言えるでしょう。今回は、沖縄へ行く皆さんにオススメの沖縄そばをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.いしぐふーそば/那覇

「いしぐふーそば」は那覇で数店舗展開する有名な沖縄そば屋さんです。あぐー豚からとられたコクのある出汁が特徴的で、手もみのちぢれ麺がよく絡みます。透明度の高いスープがとても美しく、あっさりといただけます。
また、炙りソーキそばなど、従来からの伝統を重んじつつも、新しいメニューへの取り組みも光る「いしぐふーそば」。本場の沖縄そば屋は、基本的には昼営業のみ。食材が売り切れ次第閉店されることが多いので、観光地と言えども早めの来店をおすすめします。木で作られた内装は、明るく居心地のいい雰囲気です。
◼︎店名:いしぐふー 小禄具志店
◼︎電話番号:098-858-0881
◼︎住所:沖縄県那覇市具志3-21-5
◼︎アクセス:赤嶺駅から1,645m
◼︎営業時間:11:00〜5:00
◼︎定休日:月曜
◼︎個室:無
◼︎駐車場:有

沖縄県那覇市具志3-21-5

3.31 418

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2.楚辺(そべ)/那覇

大きな古民家を改装して店を構えられている楚辺さん。沖縄そばだけでなく、海産物料理もいただけます。沖縄そばはとてもさっぱりしていますが、スタンダードな沖縄そばよりも、やや塩味が強いため、しっかりと味わいが楽しめます。
「琉球黒豚あぐーしゃぶしゃぶそば」は観光客にとっては見逃せないメニューの一つ。やや高めの値段設定ですが、その味は沖縄そばの中でも人気なんです。外観は普通の古民家なので、行く際はルートを調べてから行きましょう。
◼︎店名:楚辺
◼︎電話番号:098-853-7224
◼︎住所:沖縄県那覇市楚辺2-37-40
◼︎アクセス:壺川駅から徒歩約10分
◼︎営業時間:11:30~21:00
◼︎定休日:無休
◼︎個室:有
◼︎駐車場:有

3.てんtoてん/那覇

蔦で覆われた外観とお洒落な店内がまるでアトリエのようなお店「てんtoてん」。こちらは様々なガイドブックにも登場する人気店。使用しているのは木灰そばと言われ、木や葉の灰を溶かした水をかんすいの代わりに麺に練りこまれたものだそうですよ。
モチモチのちぢれ麺と、あぐー豚や鰹節からダシをとったつゆを絡めていただきます。無農薬の古代米おにぎりも、忘れず注文したい一品です。行列ができていることもあり、駐車場は停められる台数が少ないので、土日やGW、夏休みなどは特にタクシー移動がおすすめです。
◼︎店名:てんtoてん (てんとぅてん)
◼︎電話番号:098-853-1060
◼︎住所:沖縄県那覇市識名4-5-2
◼︎アクセス:那覇バス 2・3・4系統「識名」下車徒歩1分
◼︎営業時間:[火~日]11:30~15:00 (L.O)
◼︎定休日:月曜日
◼︎個室:有
◼︎駐車場:有(8台)

4.亀かめそば/那覇

亀かめそばは国際通りからタクシーで5分程度なので、那覇観光のコースとしておすすめのグルメスポットです。観光客向けの沖縄そば屋さんが増えている中で、地元の人にも愛されているローカル感漂う名店です。
沖縄そばはワンコインで大盛りを食べられるのでコストパフォーマンスも良いですよ。おすすめは軟骨そばで、食感、味ともに楽しめます。つるっとしたストレート麺の喉越しが良く、スタンダードな沖縄そばと、唯一違う点でしょうか。優しい味とはまさにこういうことを言うのでしょう。あっさり系がお好きな方には特にオススメです。
◼︎店名:亀かめそば (かめかめそば)
◼︎電話番号:098-869-5253
◼︎住所:沖縄県那覇市若狹1-3-6 上江洲アパート 1F
◼︎アクセス:ゆいレール美栄橋駅より車で約11分
◼︎営業時間:11:00~17:00
◼︎定休日:不定休
◼︎個室:無

5.すーまぬめぇ/那覇

古民家の佇まいが、観光客に癒しのひと時と落ち着いた空間を提供してくれます。那覇の中心部から車で10分程度と、レンタカーさえあればアクセスに困ることはありません。おすすめのメニューは「スペシャルそば」です。
三枚肉、ソーキ、てびちが入っていて、麺ですがボリュームもありそうです。てびちが苦手という人も多いと思いますが、臭みもなく、とても柔らかいので、入門編としておすすめのお店です。また。フーチーバーという「よもぎ」をトッピングで入れることができるので、沖縄の食文化を存分に楽しめます。
◼︎店名:すーまぬめぇ
◼︎電話番号:098-834-7428
◼︎住所:沖縄県那覇市国場40-1
◼︎アクセス:安里駅から約2km
◼︎営業時間:平日 11:00~16:00
土日祝 11:00~18:00
◼︎定休日:月曜日
◼︎個室:無
◼︎喫煙:不可(禁煙)
◼︎駐車場:有

沖縄県那覇市国場40-1

3.59 1146

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6.そば処竹乃子/竹富島

ゆったりとした時間が流れるような雰囲気の竹富島。その竹富島で人気のそば屋が「そば処竹の子」。厳密に言うと、沖縄そばではなく八重山そばのお店です。沖縄そばは、平打ちのちぢれ麺に、らふてぃが乗っていますが、丸い断面のストレート麺で、細かく刻まれた肉が乗っています。
歯切れの良い麺が多い印象の沖縄そばですが、喉どごしの良いつるりとした麺が特徴。また、こちらでは定食形式もあり、ジューシーと呼ばれる沖縄の炊き込みごはんも美味なのでオススメです。
◼︎店名:そば処 竹の子 (そばどころ たけのこ)
◼︎電話番号:0980-85-2251
◼︎住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1
◼︎営業時間:10:30~16:00
      18:30~20:30
◼︎定休日:不定休
◼︎個室:無
◼︎喫煙:不可(完全禁煙)
◼︎駐車場:無

沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1

3.62 12187
八重山そばの完成形

沖縄離島の旅、2日目。初日に調子に乗って泡盛を水のように飲み、三線Liveでカチャーシーを踊りまくり、トモダチ2人は二日酔いでダウン…1人で竹富島に向かいました。 1年ぶりの竹富島。1年前と全く変わらない沖縄の原風景は、スローな時間が流れています。 定番のコンドイビーチやカイジ浜、西桟橋をレンタサイクルで回って、去年は臨時休業で行けなかった竹の子へ。 集落の端っこ、西桟橋の近くに昔ながらの一軒家的なお店。木の下に自転車を停め、開店間もない時間だったので、待たずに入れました。中はまさに昔ながらの沖縄の食堂チック。木のテーブル席と座敷、カウンターに分かれています。壁にはたくさんのサイン色紙。金さん銀さんの手形もありました(笑) 早速、八重山そばとジューシー、パッションジュースを注文。すぐに御提供いただきました。 八重山そばは、黄色目の麺の上に刻んだ肉とネギ、もやしっぽい野菜。ジューシーはご飯の色が分かるぐらいの薄い色づきです。パッションジュースはまさに太陽の色。 まずはそばから。 ………うまっ!!!! 八重山そばって悪くいうとちょっとぼそぼそ感があるのが多かったんですが、ここのはつるりと喉越し爽やか。スープとものすごい絡んでます。そしてこのスープ! あっさりですがしみじみとした優しい味は、今まで食べた八重山そばのなかで個人的には1番美味かった! ジューシーはピバーチの葉がはいってるのかな? ちょっと沖縄本島の味とは異なりますが、こちらも優しい味でGood。ふっくらとしたご飯は八重山そばともベストマッチです。 パッションジュースで喉を潤す暇もなく、ジューシー&そばの汁まで完食。いやー美味かった!! 外に出ると結構な数の待ち人が。大きな木の下にテーブルや椅子があって、そちらで待てるようになってるようです。お昼時はかなり混んでました。 竹富島の原風景の中、あの八重山そばとジューシー。離島の過ごし方の1つの完成形な気がします(大げさかもですが笑 行かれた際はお昼時を避けてぜひ!! ※食べログから

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

7.やん小〜(やんぐゎ〜)/久米島

久米島にある「やん小〜(やんぐゎ~)」は、沖縄の民家の外観そのままに、美しい建物の中で沖縄そばを食べられます。こちらは地元の人にも人気のある沖縄そば屋なので、アットホームな雰囲気のお店。
ビジュアルは普通の沖縄そばとは異なり、もやしとネギがたっぷり。ラーメンにも似た雰囲気の「もやしそば」「島みそもやしそば」がとてもオススメです。このもやしも、久米島で生産しているものなんだとか。あっさりとした出汁は、とても優しく、女性客にも人気ですよ。
◼︎店名:やん小~
◼︎電話番号:080-3226-3130
◼︎住所:沖縄県島尻郡久米島町字仲泊509
◼︎営業時間:12:00~15:00
◼︎定休日:日曜日
◼︎個室:無
◼︎喫煙:可(分煙)
◼︎駐車場:有

8.山原そば(やんばるそば)/本部町

「山原そば」は、ソーキそばや三枚肉そばが人気のお店。迫力のあるお肉が乗ったそばはフォトジェニックでインスタ映えにもなりそうです。サイズは小でも結構な量が入っているので、女性にとっては小サイズでも十分ではないでしょうか。
カツオと豚の効いたお出汁とそばを絡めていただきます。こちらは観光客の方にも人気なので、夏休みやGWなどは特に行列ができていることも多いそう。来店する際は営業時間をチェックして、お早めに行きましょう。
◼︎店名:山原そば (やんばるそば)
◼︎電話番号:0980-47-4552
◼︎住所:沖縄県国頭郡本部町本部町伊豆味70-1
◼︎営業時間:[水~日]11:00~肉が無くなるまで
◼︎定休日:月曜・火曜
◼︎個室:無
◼︎駐車場:有

沖縄県国頭郡本部町

3.13 24

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

沖縄で美味いそばを食べよう!

いかがでしたか。沖縄に行ったら地元グルメはぜひ食べておきたいもの。この記事を参考にして、沖縄のそばを満喫してみてくださいね!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

sliver元バックパッカー。現主婦。たまに大食い。毎年旅行。週1ラーメン。未経験バスツアー。

このまとめ記事に関して報告する