• はてぶ
  • あとで
死ぬまでに絶対行きたい!イタリア・ローマの世界遺産をまるっとご紹介

世界で最も多くの世界遺産を持つ国イタリア。そんなイタリアの首都ローマには、イタリア旅行に行く際に多くの人が訪れます。今回はイタリア・ローマに存在する世界遺産をまるっとご紹介します。1つの都市にこんだけ世界遺産があるなんて、ここだけ!(※掲載されている情報は2017年9月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

世界で1番世界遺産が多い国イタリア

世界遺産総数1073件のうち53件を占めるイタリアは、世界遺産が世界で1番大きい国である事をご存知ですか?(2017年7月時点)ヴェネツィア・フィレンツェ・アマルフィ海岸など数々の中でも、「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」という登録名で街として大きく登録されているローマの世界遺産をまるっとご紹介します。

【1】フォロ・ロマーノ

死ぬまでに絶対行きたいイタリア・ローマの世界遺産1つ目は「フォロ・ロマーノ」。約2000年前の古代ローマ遺跡で、古代ローマ市民の広場として重要な施設が集まっていたとされる場所です。
当時の建物がそのまんま廃墟の状態で残っている様子を見る事ができ、2000年前とは思えない高度な建築技術を持っている事が分かります。遺跡内は看板や案内が少ないので、事前に調べてから行くかガイドブック買うなどの工夫をすると良いかも。また、舗装されていない砂の道も多いので歩きやすい格好の方が良いと思います。

詳細情報

【2】コロッセオ

死ぬまでに絶対行きたいイタリア・ローマの世界遺産2つ目は「コロッセオ」。ローマ観光にはずせない有名なスポットとして知られ、チケットは先ほどご紹介したフォロ・ロマーノ、それからパラティーノの丘との共通券になっています。入場口とは別にまずはチケットを購入しなければいけないので、交通機関の切符とセットになっているフリーパスを購入すると便利ですよ。
正式名称をフラウィウス円形闘技場と言い、2000年前に剣闘士が闘技をしていた民衆の娯楽施設です。収容人数は5万人とされており、東京ドームが5万5000人なのですごい規模の施設である事が分かりますよね。昼と夜ではまた違った顔を見せてくれるので、昼に中を満喫して夜にもう一度外観を見に訪れるのも良いですよ。

詳細情報

Piazza del Colosseo, 1, 00184 Roma RM, Italy

3.69 24294

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【3】コンスタンティヌスの凱旋門

死ぬまでに絶対行きたいイタリア・ローマの世界遺産3つ目は「コンスタンティヌスの凱旋門」。315年にコンスタンティヌス帝が建てた凱旋門で、ローマ最大の凱旋門となっています。
by rvr
コロッセオのすぐ横にあるので、一緒に見る事ができます。ぜひ両方を入れて綺麗な写真を撮りたいものです。ちなみに、この凱旋門はフランス・パリにあるエトワール凱旋門のモデルになった場所としても有名です。

詳細情報

3.06 423

【4】サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂

死ぬまでに絶対行きたいイタリア・ローマの世界遺産4つ目は「サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂」。ローマにあるローマ教皇から特権を与えられた聖堂の1つで、ローマの教会の中でも最上位にある“救世主大聖堂”という特別な場所です。これは、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂よりも高位にある事を示します。
教会の中は、バロック風の内装や床のモザイクなど装飾が多くとても綺麗。地震や火災を経て老朽化が進んだ事から改修工事を重ね、今でも当時の面影を残しているカトリック教会です。

詳細情報

Piazza di San Giovanni in Laterano, 4, 00185 Roma RM, Italy

3.01 01

【5】サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

死ぬまでに絶対行きたいイタリア・ローマの世界遺産5つ目は「サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂」。4つ目にご紹介したサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂と同様に、ローマの四大バリシカ(古代ローマ様式の大聖堂)の1つのローマ最大の教会です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Sashimi結局魚が好きなのよね

このまとめ記事に関して報告する