• はてぶ
  • あとで
ここは本当に日本?写真一枚のために5時間かけても安く感じるほど美しい橋とは

死ぬまでに一度は行きたい絶景、とよく言いますが、行ってがっかりというものも少なくありませんね。そんな疑い深いあなた。きっと読み終わったら、すぐにドライブの予定を立てたくなるに違いありません。魅力が溢れすぎている角島大橋は、真の「死ぬまでに一度は行きたい絶景」です!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「角島大橋」を知っていますか?

みなさん、角島大橋という橋が日本にあることをご存知でしょうか?
場所は、山口県。2000年に開通したので、まだ開通して15年ほどしか経っていませんね。割と新しい橋です。
あまりに美しいことから、自動車などのコマーシャルなどでも場所が使われているんです!

都内から山口県に行くには

【飛行機】
●東京 → 山口
経路:羽田空港 → 山口宇部空港
所要時間:約1時間40分
料金:¥36,870

【鉄道】
●東京 → 山口
経路:東京駅(JR新幹線のぞみ) → 新山口駅
所要時間:約4時間30分
料金:¥12,670円
結構時間がかかりますね・・・
それでも絶対にきてよかったと思える場所が角島大橋です!乞うご期待。

”橋”といえば?

さて、角島大橋をお見せする前に。
皆さんが橋と言われて思い出すのはどんな橋でしょう?
東京で橋と言われたらこれを思い出しますね。レインボーブリッジです!
海沿いに割合い新しく建設された副都心と呼ばれる地域と、都心をむすんでいる橋です。
夜のライトアップで特に美しく見えますね!
世界的に有名なのがこちら、ロンドンにある「タワーブリッジ」です。

なんだかお城みたいでかっこいいですよね。
そんな橋たちをもはるかにしのぐ感動を与えてくれるのが、これからご紹介する「角島大橋」です!

行った人たちはこんな反応!

CMなどでも使われている長い橋です。 海の色がとても綺麗で美しいです。橋を渡ってから幾つかの食事処がありますが、そこの海鮮丼がこれまた最高に美味い

出典:www.tripadvisor.jp

海水浴のためにいって寄ってきました。 三度目ですが何回来ても綺麗で感動します。

出典:www.tripadvisor.jp

橋を渡りはじめる瞬間、眼前に広がるエメラルドグリーンの海に思わず、友達と拍手してしまいました。 本当に、一度は行くべき素敵な景色でした。

出典:www.tripadvisor.jp

この場所に訪れることが出来た事に感謝。

出典:twitter.com
行った方たちも大絶賛。これは、本物の絶景の証ですね!
だんだん皆さんの興奮も高まってきたのでは?

それでは、ついに!世界が絶賛する「角島大橋」をご覧に入れましょう!

角島大橋がベールを脱ぐ!

いかがでしょう?こんなに美しいエメラルドグリーンの海の上を走るなんて、最高の気分なんでしょうね。
ドライブしたい場所ナンバーワン確定です!

ここが嬉しい!角島観光。

撮影スポットあり!

嬉しいのが、車で走りながらだけではなく、角島の入り口にある海士ヶ瀬公園では絶好の写真スポットが提供されています。
写真はココで撮るのがオススメ。
エメラルドグリーンの水面にまっすぐのびる橋を、心行くまで撮影してください!

海鮮丼でほっぺた落ちないように気をつけて!

先ほどの口コミにもありましたが、本州側から角島に渡ると、美味しい海鮮丼のお店もあるのでぜひそちらも行ってみてくださいね♪
角島の海鮮丼は、「角島丼」と呼ばれているんだとか。

見るだけじゃ足りない?エメラルドグリーンのビーチ

角島大橋の下に広がる海は、眺めるだけではなくて入って遊ぶこともできるんです!
ただ、人ごみでこの景観が崩れないよう、ビーチはきちんと橋とは違う方向に定めてあるのでご安心を。

「絶景」の名に恥じない絶景を見に、山口へ!

死ぬまでに見ておきたい、といわれる数々の景観のなかにも、行ってみると意外と・・・もっとすごいかと思ってた・・・とおもってしまうようなものもちらほら。
でも、この角島大橋は想像を超える美しさなのだそう!行った人たちの口コミやレビューの評価の高さがそれを物語っています。

日本人でよかった!と思わず叫んでしまいそうなこの美しすぎる橋を見に、山口県に行きましょう!
この風景を考えたら、都内から5時間なんて安いものです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

tulip写真とイラストと旅

このまとめ記事に関して報告する