• はてぶ
  • あとで
カメラが必須!那須旅行で行くべき“フォトジェニックスポット”11カ所

日帰りや週末の旅行で大人気の那須。今回は、そんな那須の写真映えオススメスポットをご紹介します。那須には、自然豊かでゆったりとしている反面、オシャレなスポットや女子の大好きなカフェがたくさんあります。週末にドライブで行ってみるのもいいかもしれません。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①那須フラワーワールド

まず最初にご紹介するのは、広大な土地に様々なお花を見ることの出来る「那須フラワーワールド」です。ここでは、季節によって違う種類のお花を見ることが出来るため、事前に自分の好きなお花が咲いている季節を狙って行くのもいいかもしれません。
実際に行く際注意してほしいのが、こちらの施設の開園期間は、ゴールデンウイーク頃から11月の降霜までとなっています。その為那須フラワーワールドに行きたいのであれば、冬以外の時期を狙って行くのをおすすめします。たくさんのお花と一緒に写真を撮るのもいいですね。

詳細情報

栃木県那須郡那須町豊原丙那須道下5341-1

3.49 3199

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②那須ハイランドパーク

続いてご紹介するのは、那須高原にある遊園地「那須ハイランドパーク」です。こちらの遊園地には、40種類以上ものアトラクションを楽しむことが出来ます。室内アトラクションも充実しており、さまざまなものを満喫することが出来ます。
アトラクションはスリル満点のものから緩やかなものまであり、年齢を問わず楽しむことが出来ます。また、大きな兵隊がいたり内装も楽しむこともポイントです。ここではおもしろい写真が撮れるかも。子供連れのご家族にもおすすめのスポットです。

詳細情報

栃木県那須郡那須町高久乙3375

3.67 20199

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③那須テディベアミュージアム

続いてご紹介するのは、テディベアに囲まれたい人にぴったりの「那須テディベア・ミュージアム」です。ここでは、珍しいたくさんのテディベアを見ることが出来ます。企画展も行っているため、事前にチェックするのがオススメです。
また、テディベアのショップもあり、可愛いテディベアのグッズを購入することも出来ます。その他にも、カフェが併設されていて、テディベアをモチーフとしたスイーツやドリンクを楽しむこともできます。どこかメルヘンで可愛らしい世界に入り込んでみませんか?

詳細情報

④那須高原展望台

続いてご紹介するのは、恋人と2人でロマンチックな光景を見たい方へのおすすめスポット「那須高原展望台」です。こちらの展望台は標高1,048mに位置し、那須の山々を一望することが出来ます。展望台まではロープウェイを使って上空から景色を見ながら行きましょう。
昼の景色も素敵ですが、夕方のオレンジと紫に染まる空、夜のキラキラと輝く夜景は格別です。一気にロマンチックな雰囲気へと変わります。実はここ、100番目の恋人の聖地として登録されていて、プロポーズの名所にもなっているんだとか。

詳細情報

⑤つつじ吊橋

続いてご紹介するのは、「つつじ吊橋」です。つつじの名所としても有名なこちらのスポットで、一番目を引くのが、なんといってもこちらの吊橋。長さ130m、高さ38mを誇るこちらの吊橋からは、美しい那須連山の眺望を楽しむことができます。
秋になると紅葉が赤く燃え、写真映えも抜群です!自然と吊橋が織りなす芸術的な光景は、是非ともカメラに収めたいですね。写真を撮り終えたら、吊橋を渡ってみましょう。雄大な自然に囲まれた吊橋は、少しスリリング!気になる人と行けば吊橋効果で、仲がぐんと縮まるかもしれませんね。

詳細情報

⑥那須ステンドグラス美術館

続いてご紹介するのは、イギリスの中世の貴族の館の雰囲気あふれる「那須ステンドグラス美術館」です。ここでは、多くの色とりどりで繊細なステンドグラスを見ることが出来ます。美しいステンドグラスの数々に、シャッターを切る手が止まらないこと間違いなし!
ここでは、実際に自分でステンドグラスを作成することも可能です。ストラップなど製作することが出来ます。また、カフェも併設されているため、美術館を楽しんだ後にカフェでゆったりとするのもいいかもしれませんね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する