• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
非日常を体験しに行きませんか。青森の秘境温泉ランプの宿

東北の中でも自然に囲まれ、いくつもの観光地がある青森県に、東北ならではの自然と非日常を感じることのできる温泉宿、通称「ランプの宿」があります。山奥に佇むその「ランプの宿」へ行くべき理由を紹介していきます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

青荷温泉、通称ランプの宿

青荷温泉は青森県の黒石市にある温泉で、ここランプの宿のみでしか入浴することのできない温泉です。ランプの宿と名の通りランプを売りにしているお宿で、ランプと温泉という独特な、けれど雰囲気のある様が人気となっています。
そんなランプの宿のお勧めする理由をご紹介していきます。

電気供給がない

ここランプの宿には基本的に電気がありません。明かりはランプの明かりのみですし、電波も届かないので、どうしても電話など急な用事がある場合などはランプの宿まで来た道を少し戻ることで電波が入るようです。
トイレなど必要最低限のところには電気は通っています。
もちろんコンセントもないので、電子機器の充電なんてもってのほかです。それも携帯などの電子機器から離れて、自然を感じ人を感じることを重視しているからで、現代からすればこれぞまさに非日常の空間ですね。

幻想的な雰囲気を醸し出すランプの存在

各部屋に1つのランプが配布され、暗くなってくるとランプを点灯させます。夜にはそのランプの明かり一つで過ごすので、荷物を取り出したりするのもいつものようにできません。目がその明かりにだんだん慣れてくるので、徐々に暗くても見やすくなってくるのだから人間の適応力ってすごいです。
ランプの保管庫。うまくローテーションをしながらランプを使用し、使わないものはここで次に使うための保管してあります。
ランプがこのように保管してある様も普通では絶対見ることのない光景で、とても不思議な空間です。部屋には必要最低限しかないランプもここでは並べて見ることができます。

温泉も秘湯として有名

イメージ写真です。

青荷温泉というくらいなので、もちろん温泉が有名です。くねくねとした山道を登ってこなければならいほどアクセスはいいとは言えませんが、だからこそ秘湯としても人気なのだと思います。温泉も4つの温泉があり、それぞれ木でできた湯船や五右衛門風呂などもありそれぞれの温泉が趣がありました。外の景色を見ながら入れる温泉もあったので、とても気持ちよく入ることができます。

星空が綺麗

山奥でしかも電気が通ってない場所なので、星を邪魔する明かりはほとんどありません。晴れていれば、たくさんの星を眺めることができます。そこまで寒い時期でなければ、温泉上がりに外に出て、涼みながら星を見上げるなんて都心ではできないなかなか贅沢な時間を過ごすことができますよ。

趣のある敷地

そこまで広いわけではないですが、本棟沿に川が流れていて朝に自然の空気を感じながら川を眺めたりもできますし、橋があり川の反対側へも渡ることができるので朝起きて敷地を散策するのもとても気持ちよくお勧めです。もちろん朝から散策しながらお風呂も楽しむことができます。
本棟含め、いくつか建物があるのですがそれのどれもが趣があり、さらにそれが敷地にある草木などの緑や川などと相まってとても風情のある景色が広がっています。また離れにも温泉があるので、このような案内板を見ながらどこに行こうか考えながら歩くこともできます。ここにもランプが設置されているので、夜には雰囲気がある光景が見れるはずです。
館内には囲炉裏にランプが置いてある部屋があったりと昔ながらのそしてとても趣のある風景を残しています。ここの部屋で、テレビや携帯など電気供給が必要なものから離れランプの下で一夜を過ごすことを考えるといかにここが非日常の空間なのかが感じられ、滞在することに対して特別感が生まれます。

アクセス

都内からだと新幹線で行く方が多いかと思います。新幹線だと新青森駅で下車し、ローカル線に乗り換えて、黒石駅まで行き、そこから路線バスで虹の湖という停留所まで行き、そこからは宿の送迎車で向かうことができます。
もちろん車でもアクセスすることができ、実際筆者はレンタカーを借りて来るまで行きました。路線バスの停留所虹の湖がある辺りまでは国道なのですが、そこからは山道へ入っていきます。
道は勾配があるのはもちろんですが、結構狭く対向車が来るとすれ違うのは大変で、道もかなりくねくねとしています。また、途中からは舗装されていないのでなかなか大変な道を走ることになります。冬に車で行くのはなかなか厳しいです。
その中でも楽しみといえば、山道の途中に津軽弁で書かれた看板があり、「青荷温泉がここから見える」や「もう少し」といったことが津軽弁で書かれています。それを見つけるのを楽しみながら向かうのも一つの楽しみです。
rakutenで見る 他の提供元を表示4件
  • 青森県黒石市沖浦青荷沢滝ノ上1-7
  • 0172-54-8588

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する