• はてぶ
  • あとで
グルメも情緒も楽しめる!魅力がいっぱいな秋の浅草1日散策プラン

秋も深まってきて、週末はお出かけしたいという方も多くなってきたのではないでしょうか。そこで今回は週末のお出かけにおすすめな、秋の味覚も下町の情緒も楽しめるスポットである浅草の1日散策プランをご紹介します。魅力溢れる秋の浅草に繰り出してみてはいかがですか?(※なお掲載されている情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【10:00】浅草寺でお参り

まず最初に向かうのは、「浅草寺」。「浅草といえばここ!」と言っても過言ではない浅草のシンボル「浅草寺」でお参りしましょう。大きな雷門は何度見ても、その迫力は圧巻です。まずはここで記念写真をパシャリ。
628年に創建された都内最古の寺院である浅草寺には、毎年国内外から多くの方が訪れます。また、季節によってほおずき市や羽子板市などの行事も行われており、その時期には浅草寺が一層の盛り上がりを見せます。秋には紅葉とイチョウのコラボもついてきてさらに楽しめますね。

詳細情報

【10:30】仲見世通りでグルメを満喫

浅草寺にお参りした後は、美味しいものや名産品がいっぱいの仲見世通りでグルメを楽しみましょう。仲見世通りには約90店のお店が軒を連ね、どこも下町の情緒溢れる魅力的なお店ばかりです。秋の浅草はグルメも重視したいところ。早速何があるか見てみましょう!

芋ようかんソフトクリーム

アイスもなか

中でもおすすめは浅草発祥の老舗・舟和の「芋ようかんソフトクリーム」です。シンプルで程よい甘さの芋ようかんには、老舗ならではの美味しさがあります。また他にも浅草ちょうちんもなかの「アイスもなか」など目を引くものばかりで時間を忘れて楽しむことができます。

詳細情報

東京都台東区浅草1-20-1

3.42 428

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

東京都台東区浅草2の3の1

3.30 423

【11:00】江戸たいとう伝統工芸館で伝統工芸に触れる

仲見世通りで美味しいものを堪能した後は「江戸たいとう伝統工芸館」で古き良き江戸の伝統工芸の世界を体験しましょう。ここでは職人さんが手塩にかけて作り出した伝統工芸品や、下町ならではの温かみ溢れる作品を見学することができます。
展示されている工芸品は約48業種250点余りにも及び、江戸すだれや桐たんすなど、どれも浅草や東京の発展に寄与してきたものばかり。「江戸下町伝統工芸館」で古き良き江戸の「モノづくり」の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

【12:30】昼食・江戸もんじゃ ひょうたんへ

「江戸下町伝統工芸館」でモノづくりの世界に触れた後は「下町といえばやっぱりこれ!」と言っても過言ではないグルメ・もんじゃ焼きでお腹を満たしましょう。中でももんじゃ焼きのお店でおすすめなのは「江戸もんじゃ ひょうたん」です。
ここでは定番のもんじゃ焼きである、「明太もちチーズもんじゃ」や「特選カレーもんじゃ」だけでなく、「ミックス天」や「海老とろ天」と言ったお好み焼きもいただくことができます。美味しいお好み焼きやもんじゃ焼きで下町の味を堪能してみてはいかがですか?

詳細情報

東京都台東区浅草1-37-4

3.25 422

【14:00】浅草花やしきで童心に帰る

美味しいもんじゃ焼きを堪能した後は、日本最古の遊園地「浅草花やしき」で童心に帰って遊んじゃいましょう。園内には、お化け屋敷やジェットコースターなど大人も子供も時間を忘れて楽しめる乗り物ばかりです。写真スポットも豊富で飽きませんよ!
どこか昭和のレトロな気風漂う園内は、日本最古の遊園地である「花やしき」ならではで、面白さの中にどこか下町の温かさのようなものを感じることができます。他の遊園地ではなかなか味わうことのできない素敵空間「花やしき」で童心に帰ってみてはいかがですか?

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する