• はてぶ
  • あとで
宮城でいちご狩り!宮城でおすすめのいちご狩りスポット6選

果物狩りの定番と言えばやはりいちご狩りでしょう。冬から春にかけていちご狩りを楽しむ方も多いのではないでしょうか。いちご狩りに行く場所として是非おすすめしたいのが宮城県です。そこで今回は宮城県でおすすめのいちご狩りスポットをご紹介していきます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1選目:そね観光いちご園/大崎・登米・鳴子

ミツバチ等を利用した、人口的なものを使わない自然にやさしい方法と、土づくりにこだわって”とちおとめ”を栽培しています。甘さと酸味のバランスがよく、中の果肉まで赤くなった濃厚な完熟いちごが味わえますよ。その他の品種には”紅ほっぺ”と”もういっこ”があります。
ここの農園には直販所「たんぽぽ」があり、お米や野菜、花やジャムを販売しています。いちごジャムがたっぷりかかったいちごアイスを食べてみてくださいね。お土産には”姫っこいちご”があります。畑で熟したいちごの本当のおいしさを家族や友人といっしょに体験してみてください。

宮城県栗原市志波姫新沼崎105

写真を投稿する
3.00 02

2選目:山元いちご農園/名取・岩沼・角田

総面積3万2千平方メートルの敷地にいちご23万本が生い茂る、宮城県最大級のいちご農園です。品種は大粒で甘い”とちおとめ”と”紅ほっぺ””もういっこ”で、30分食べ放題のいちご狩りが楽しめます。しかも高設栽培なので、腰を曲げずに楽に摘み取ることができるのです。
農園併設カフェ「ベリーベリーラボ」だけの利用も可能です。農園限定のランチやスイーツがあり、特製いちごカレーやパフェが大人気。ワイナリーがオープンして、いちご狩りだけでなく施設見学をしたり加工品も味わえるようになりました。お土産にワインもいいですね。

3選目:イチゴワールド/名取・岩沼・角田

こちらのいちごは都内の有名百貨店にも卸していて、高い評価を受けています。高い位置の高設ハウス栽培で、最先端の設備と技術を使って品質の管理を徹底的に行っています。かがまずに摘み取ることができ、雨の日でも安心、さらには車椅子の方のスペースもあるのがうれしいです。
施設内の直売所では、いちごの他に高糖度トマトも販売しています。ハウスの中は春の陽気が感じられるような暖かさ。予約制で、あらかじめ時間や人数が決まっているので安心していちご狩りができます。練乳かけ放題やチョコレートファウンテンを友達や家族と楽しみませんか。

宮城県亘理郡山元町山寺字桜堤47

3.41 321

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4選目:JAみやぎ亘理 吉田観光いちご園/名取・岩沼・角田

駐車スペースが広いので、車での来園者も多く家族連れで楽しめます。さらに4歳以下は無料でいちご狩りを体験することができるのです。低農薬で有機肥料を使って栽培しているので、お子様も安心して食べられます。自分でもぎ取って食べる楽しさは格別ですね。
こちらのいちごの特長は、大粒で甘さが濃厚!練乳なしでも十分においしいです。水耕栽培ハウス”とちおとめ”と土耕栽培”もういっこ”があります。午前中で終了する場合もありますので、なるべく早い時間に行くのがおすすめです。予約が必要な日もありますので確認をお忘れなく。

5選目:いちごランド こうちゃん園/名取・岩沼・角田

恵まれた自然環境を活用して、宮城県オリジナルブランド”もういっこ”や”さちのか”を栽培しています。広い駐車場もスムーズで、手際のよい案内です。高い位置の高設ハウスと地植えハウスに分けて案内されるのは、小さな子供でも摘みやすいように配慮しているためなのですよ。
”もういっこ”は他種よりも大粒。真っ赤できれいな円錐形、ヘタの部分が盛り上がっていれば食べ頃!赤いちごを求めて好きなところへ行かせてくれるのはうれしいですね。おいしいいちごを食べられるように、時間内でも調整や終了する場合があるので、早めの予約がおすすめです。

宮城県亘理郡亘理町長瀞字西谷地116

写真を投稿する
3.00 02

6選目:ベリーズファームFUSHIMI/石巻

いちご狩りは亘理町や山元町が有名ですが、こちらは石巻にあります。酸味のある”紅ほっぺ”と甘味の強く柔らかい”章姫”、2種類を食べ比べするのもよいですね。制限時間が1時間と他より長めなのはうれしい。腰の高さにあるいちごは、かがまずに摘み取れますよ。
園内では看板猫がお出迎えしてくれます。赤く熟したいちごをたくさん見つけるには、通路の奥側や葉っぱの陰も重要なポイントです。紅ほっぺを使ったアイスは人気商品です。お土産にはいちごのパックの他、いちごとミルクをたっぷり使ったお菓子”月いちご”も好評ですよ。

宮城で存分にいちごを味わおう!

※画像はイメージです

いかがだったでしょうか。ただいちご狩りを楽しめるだけでなく、いちごを使ったスイーツも食べることが出来るのが良いですよね。ぜひいちご狩りに行こうと考えている方は宮城を訪れてみては?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する