• はてぶ
  • あとで
深夜に見てはいけません!今すぐ食べたい。「新宿」のラーメンの名店10選

深夜にお腹が空いてしまったあなた。いまヨダレがたれてしまうほど美味しいラーメン・つけ麺を食べたいですよね。そこで今回は「深夜に見てはいけません!今すぐ食べたい。「新宿」のラーメンの名店」を紹介していきたいと思います。ラーメン・つけ麺の激戦区新宿の名店を厳選したので是非参考にしてみてください。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① らぁ麺や 嶋

最初に紹介するのは西新宿五丁目駅から徒歩約5分にある「らぁ麺や 嶋」です。こちらでは、醬油ラーメンと塩ラーメンのどちらかから好きな味を選ぶことができます。おすすめは醤油ラーメンです。もちもちの細いストレート麺との相性は抜群で、ずっと食べていたくなる魅惑の味です。
ただ一つ注意が必要です。大人気店のため、記帳制度が導入されています。目安時間に戻ってくればスムーズに入店でできますが、記帳しないと並んでいても入店不可のため気を付けてくださいね。叉焼丼と一緒にいただけば、幸せな気持ちになること間違いなしですよ。

詳細情報

日本、東京都渋谷区本町3-41−11

3.44 348

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

特製らぁ麺 醤油(1500円)!

8時50分に到着。 すでに6名様が並んでおられます。 席数が6席なので、1巡目は逃したけど、しょうがない。 では、待とう。 行列がみるみる間に伸びていきます。 9時過ぎには10人。 9時10分頃には15人。 その後は、数えるのを止めました。 9時40分頃に開店。 10時より20分前に早く開店するとは! 1巡目の方達が入店された時に、予約の用紙がセットされます。 名前を書いて、一安心。 他の人が名前を書いているのを眺めています。 行列になっているので、名前を書いていくのにも、相当に時間がかかります。 途中で後から、やって来た人が横入り的に名前を書こうとする光景もしばしば、見受けられましたが、お客さん同士でしっかりと列に並ぶようにお話しされていたので、トラブルは無し。 まぁ、名前を書くのに行列をするって、あんまり見受けられる感じじゃないですもんね。 10時5分頃に男性店主さんより、お声がけ。 注文は食券機での食券制。 初見なので、醤油で。 せっかくやから、特製トッピング。 1500円とまぁまぁのお値段。 着席して、食券提出。 男性店主さんのワンオペです。 丁寧な作りをされてるのが、所作から感じられます。 待つこと、約4分... 来ました!特製らぁ麺 醤油! おぉー!もりもりトッピングやけど、美しいルックス! では、スープから... !!!!!! うまい!これは、うまい! 鶏ベースの清湯醤油です。 ただ、なんというか次元が違う旨み。 じんわりとじわっ〜と押し寄せる鶏のうまみ。 奥行とボリュームと深さが断然に違う。 そして、絶妙な醤油感。 高次元でまとまった絶品スープ。 チャーシューの近く部分のスープは、炙りチャーシューから出たスモーキーさがスープに染み出てるのも、またよし。 麺を... やや細めのストレート平麺。 お口に入れると、適度にやわらかいのですが、いいコシ。 細麺ですが、しっかりとスープを纏って、何とも心地よいうまみ。 チャーシューを... 炭火焼きチャーシュー1枚・バラ部分チャーシュー1枚・しっかり味付きチャーシュー1枚・ロース部分チャーシュー2枚の計5枚のチャーシューが入っております。 いずれもやや大きめでやや厚切りカット。 このチャーシュー達がいずれも絶品。 肉自体のうまさもさることながら、調理技術のすごさを感じる。 チャーシューの域を超えて、肉料理の逸品という感じ。 ワンタンを... エビと肉のワンタンが1つずつ。 チュルりとしたワンタンの皮とエビのぷりっと感がたまらんな。 肉ワンタンは普通。 メンマは独特な細切りカット。 ちょっと味が強く感じます。 味玉はいい感じの黄身のかたまり具合。 スープと一緒に食べると、めっちゃうま。 ズバーっと食べて、完食。 最初1500円て、まぁまぁ高いと思ったけど、このうまさのラーメンが1500円で食べれるのは、お値打ちだと感じた! ごちそうさまでした!!

東京No.1の醤油ラーメン 。

(味の感想は★からです) 今回のお店は【らぁ麺や 嶋】さん。 言わずと知れた「支那そばや」系譜のスーパールーキー。 西新宿に突如オープンしてからその実力は瞬く間に広がり、連日行列のお店に。 2022/1/12現在、食べログの東京ラーメンランキング1位。全国でも「飯田商店」に次いで2位。これでまだ開店して一年ちょっと。末恐ろしい。 私は当時まだ、食べログの点数が3.6くらいの時に(現在3.99)一度訪問。 あまりの美味しさにビビり倒して、再訪を狙っていましたが、その頃にはもうSNSで大行列店になっているという知らせ。 しばらく嶋さんから足は遠のいていました。 ですが、今日私が目覚めた時間は朝の7時。もしかしたら行けるか? オープンは11時。 一説によれば8時から並んでいたこともあるみたいだが、9時くらいにいけば行けるか? 早速自転車を飛ばしてお店へ向かう。 時刻は朝の9時。 店の前には一組待ち。 でもこれは一周目に入れそうだ。嬉しみ。 ちなみに列の並び方はお店の前ではなく、道路側なので注意。 こっから2時間かー。って大雪の予報を心配しながら待つ。 10時ごろには10人くらい並んでたかな。 10時10分ごろ。まさかの開店。 確実ではありませんが、嶋さんは少し早めに開けてくれる日もあるみたいだ。 店内はL字のカウンター6席のみ。 いつもそうなのかわからないが、店主さん一人でお店を回す。まさかのワンオペ。 1ロットも一杯ずつ。かなり作り込んで仕上げてらっしゃるので、時間はかかる。 私は【特製らぁ麺(醤油)】をオーダー。 平ざるで湯切りされる麺はいやでもテンションが高まる。 ラーメン屋とは思えない、柚子皮をサッと削る動き等は見ていて飽きない。 地味に店内の香りがお肉の焼いた香りで充満しているのも良い。服に臭いはつくけどさ。気にするな。 しばし待っているとラーメン到着。 美しすぎる琥珀色のスープに生える、赤、緑、黄。もはや芸術。旨そうだ。 それでは頂きます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★ ★・特製らぁ麺(醤油) 1450円 早速スープを一口、、、 いやぁ!旨すぎ!旨い旨い! 非常にバランスの良い醤油スープ。 動物系の旨味をひしひしと感じる奥行きたっぷりのスープは出汁感も抜群。 少しの甘さと香り豊かなテイスト。これが旨くない訳がないのよ。 麺は中細ほどでしょうか。ストレート。 変に特徴を感じないのも、麺が完璧すぎるが故なのか?スープとしっかりと馴染み、香りもがっちりと攫う100点満点の麺。 トッピングはどれもレベルが高い。 チャーシュー4枚とも全て異なっていて、特に豚バラは美味しいですね。 上品にバランスの良いラーメンにがっつり煮豚が入ると逆に映えますね。旨いです。 食べ進める毎に大きめのネギがアクセントになったり、柚子の香りがふわっとしたり、ガツンと辛い唐辛子が現れたりもする。 同じ味が一度としてない、楽しい一杯でしたね。心までお腹一杯になる、「こりゃあ一位だわ」って思ってしまう素晴らしいらぁ麺でした。 それではごちそう様でした。 とても美味しかったです。

② SOBA HOUSE 金色不如帰

2つ目に紹介するのは、新宿御苑前駅から徒歩約3分にある「SOBA HOUSE 金色不如帰 (こんじきほととぎす) 」です。こちらのお店で楽しめるのは塩と醤油ラーメン。看板メニューは塩ラーメンで、蛤の出汁が効いた奥深い味わいのスープが特徴的なお店です。
数々のグルメブックやメディアに取り上げられた塩ラーメンは、訪れる人全員にさすがといわせる繊細さがあり、一口食べただけでもとても丁寧に作られていることが伺えます。塩だけでも様々な種類のものがあり、季節限定品もあるのでコンプリートしてみてはいかがですか。

詳細情報

東京都新宿区新宿2-4-1 第22宮廷マンション 1階

3.49 356

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

強烈過ぎる旨味と芳醇な香り。キノコ好きなら試して欲しい、醤油の不如帰。【煮豚そば(醤油)】

(味の感想は★からです) 今回のお店は【SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店】さん。 新宿御苑前にありますは、連日行列のできるラーメンの名店。 最近ではミシュランビブグルマン(安価で良質なお料理屋さんが獲得する、一つ星の一つ手前みたいな位置付け)を獲得するラーメン屋さんが増えてきましたが、こちらの不如帰さんは、まだ数少ない、一つ星獲得店。 幡ヶ谷時代はちょこちょこ通っていましたが、新宿御苑前に移転されて、アクセスも良くなり、並びも伸び始めたこともあり、久しぶりの訪問。前回のラーメンがあまり良かった印象がなかったのですが、デフォルトの塩か醤油を食べないのはもったいなぁと思い。思われ。 時刻は11時少し前。 開店時間20分前くらいに到着。 ちょうど私と同着くらいで3名ほどがお店の前に。なんとなくの流れで2番目につけて、しばし待つ。 結局タイミングが良かったのか、そこからゾロゾロと人が。 オープンの時間には15人弱の列。 私は【煮豚そば(醤油)】をチョイス。 不如帰さんといえば塩ですが、幡ヶ谷時代はよく醤油をいただいていましたので、郷愁の意味を込めて。 しばし待っているとラーメン 到着。 あらやだ、なんてお美しい。 私は断然、鳴くまで待とうホトトギス派。 皆さんは何派? それではいただきます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★ ★・煮豚そば(醤油) 1350円 早速スープを一口、、、 あぁあぁもう、美味すぎだろこれ! めっちゃキノコ! 茸の感じが強い旨味たっぷりのスープ。 とにかく強烈な旨味と芳醇な香りが支配する頭のおかしい味わいだ。(褒めてます) デュクセルと言って良いのでしょうか、ポルチーニのペーストが更に茸感を高めてくれます。 不如帰さんといえばなんとなくトリュフオイルのイメージでしたが、今回はそこまで強くは感じませんでした。 なんとなく、この味がする!って感じじゃなくて、とにかくただただ旨い!って感じのお味です。(味覚崩壊) 麺は全粒粉系の少し角張ったストレート麺。 なんかもうスープとの相性とかどうでも良くなるくらい強烈なスープでしたが、この麺がよりキノコの香りを増幅させてくれますね。 煮豚は表には顔を出さずに、じっくりと好機を伺っています。おネギの下にしっかり大判なチャーシュー。 煮豚といえど、食感はロースト系。 しかし、確かにローストというにはしっとりとしているし、嫌なキシキシ感もありません。非常にジューシーな煮豚です。 全体的にかなりキノコ!って感じの醤油ラーメンでしたね。その中にもしっかりと動物感もあるので、そんな単純なものではありませんが。 不如帰さんといえば、蛤の効いた塩。 ですが、私はこの茸がけしからん醤油を推したいですね。 なんにせよ、なんで今まで通っていなかったのかと自分を責めたくなる非常に美味しい一杯でした。 それではごちそう様でした。 とても美味しかったです。

③ 百日紅

3つ目に紹介する新宿のラーメンの名店は「百日紅(さるすべり)」です。新宿三丁目駅のC2出口からすぐのところにありますよ。駅近なのもうれしいですね。ラーメン好きな方には密かに有名な名店なのです。今回は比較的な穴場なこちらも教えちゃいます。
こちらのお店は、モッチリ弾力のある太麺に、特濃のタレがしっかりと絡んでいるのが特徴的です。でも意外とあっさりと頂けるつけ麺なんです。しっかりと煮干しがきいたつけ汁でやみつきになること間違いないでしょう。大盛が無料になっているのも高ポイントです。

詳細情報

東京都新宿区新宿3-4-8京王フレンテ新宿3

3.55 19

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④ 麺屋海神 新宿店

4つ目に紹介する新宿のラーメンの名店は「麺屋海神(かいじん )新宿店」です。新宿駅東南口から徒歩1分ほどの場所にあります。写真からも分かるように透き通ったスープの塩ラーメンが人気の名店です。飲み会のあとにも嬉しいあっさりのラーメン店です。
こちらのお店は毎日違う魚のアラを用いたスープを売りにしている珍しいラーメン店なのです。トッピングもチャーシューなどではなく、海老のつみれであっさりとしたスープに合うように工夫されています。「あら炊き塩らぁめん」の実力を是非感じてみてくださいね。

詳細情報

東京都新宿区新宿3-35-7 さんらくビル2階

3.34 15119

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

“あら炊き塩らぁめんの名店ついに来店させていただく!”

【最寄駅】
新宿駅、徒歩2分

【来店時間】
金曜日、21時頃

【用途】 ディナー 
【定休日】 無休 
【予約】 なし 【待ち時間(店外)】 5分 
【利用人数】
1名

【予算】 1,000円〜2,000円

【注文内容】 あら炊き 塩らぁめん へしこ焼きおにぎり付き 1,045円 【こんな人にオススメ】 新宿駅周辺でラーメン屋さんを探している あっさりしたラーメンが食べたい 
【概要】 新宿東南口周辺にあるあら炊き塩らぁめんの店「麺屋海神 新宿店」 毎日仕入れる新鮮な魚のアラを一度火で炙り、丹念に炊き上げてとるダシには魚介の風味がギュッと凝縮している塩ラーメンを専門にした名店です! 入荷する魚は毎日違うので、日ごとに替わるスープの味を楽しむことができるとのことです。 “ヘしこ焼きおにぎり”をセットにすることが可能で、食べ終わった後のスープに入れて雑炊風にして〆めます! 【レポ】 ☆あら炊き 塩らぁめん へしこ焼きおにぎり付き 1,045円 細麺にスープはすっきりとした味わいの塩スープ。 塩スープというよりかは魚スープの塩風という言葉の方が近いかもしれないw 2つほど入っている練り物も非常に美味しく。片方は海老ちゃん味、もう1つはまるでハンバーグのような食べ物だった。 そして何と言っても〆のへしこ焼きおにぎり。上質なお茶漬けである。 ご馳走様でした!

⑤ らぁ麺 はやし田 新宿本店

5つ目に紹介する新宿のラーメンの名店は「らぁ麺 はやし田 新宿本店」です。新宿駅から徒歩約6分、新宿三丁目駅駅から徒歩すぐのところにあります。今、新宿で大注目のラーメン屋さんがこちら。お店の風貌から洗練された雰囲気で若い女性も気軽に入りやすく人気を集めています。
お店のオープン間もないころからじわじわと話題を集め、名店となった"らぁ麺はやし田"。変わったメニューの中には「特製のどぐろそば」があります。のどぐろと呼ばれる高級魚をスープに使用した贅沢な一品です。また、「特製醤油らぁ麺」はしっとりと仕上がったチャーシューと味の染みた卵が絶品すぎる人気No.1メニューです。

詳細情報

日本、東京都新宿区新宿3-33-15-1階

3.21 533

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥ 焼きあご塩らー麺 たかはし

6つ目に紹介するのは「焼きあご塩らー麺 たかはし」です。西武新宿駅からすぐのところにあるこちらのお店は夜の11時から早朝5時までオープンしているという名店なのです。そのため、夜中でも行列ができているほど人気のラーメン店になっています。
「新宿のラーメンの名店」である”焼きあご塩らー麺 たかはし”は、長崎県平戸産の焼きあごを贅沢に使用した、こだわり抜いたスープが自慢のラーメン店です。また、朝までオープンしているので飲んだあとにも最高の一品と言えるでしょう。焼あごを贅沢に使用したスープをご賞味あれ!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

fuyuno_asa冬の早朝が好きなタイプです。

このまとめ記事に関して報告する