• はてぶ
  • あとで
こんな巨大アートみたことない!カリフォルニア大学は入館料無料の壮大な美術館

自然を感じながらアートを楽しめる体験は女子旅やデートで人気ですよね。そんな野外アートを楽しめる場所がカリフォルニアにもあることをみなさんはご存知ですか。しかも、すべて無料なんです。今回は、カリフォルニアの海からの心地よい風を感じながら、まるでおとぎ話に出てくるような不思議&巨大アートが楽しめるスポットをたっぷりご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

UCサンディエゴ(カリフォルニア大学サンディエゴ校)

巨大アートが堪能できるのは、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCサンディエゴ)なんです。サンディエゴはアメリカ西海岸の最南端に位置する街で、カリフォルニア州ではロサンゼルスに次ぐ大都市です。晴天率は80%を超え、海と太陽に愛される街として知られています。こちらはサンディエゴから20キロ北上したラホヤという地域にあり、このあたりは高級住宅街で、おしゃれなレストランやお店が並ぶビーチリゾート地としても人気があります。
ラホヤにある大学周辺は落ち着いていて、治安も良いことで知られています。大学は高台にあり、キャンパスからはキラキラと光り輝くカリフォルニアの海を見渡すことができますよ。最寄りのビーチへは学校から徒歩で行くことだってできるんです。今回は、カリフォルニアの大自然に囲まれたUCサンディエゴで堪能できる巨大アートを5つご紹介します。

【まるで巨大アート1】 ガイゼル図書館

UCサンディエゴのまるで巨大なアートの一つ目としてご紹介するのは、UCサンディエゴのロゴにも登場し、まさにシンボル的な存在のガイゼル図書館です。夜には、この一帯は灯りが少なく、この建物が煌々と浮かび上がって見えるその特異な様子から『space ship(宇宙船)』とも呼ばれています。
こちらの図書館はWilliam Pereiraによって設計され、1970年に中央図書館として開館しました。 UCサンディエゴの教育と研究の目的を支援するために、700万以上の蔵書を収蔵しています。こちらは、キャンパスの中心部にあるため、UCサンディエゴのキャンパスに入り、中央を目指せばすぐに見つけることができますよ。

【まるで巨大アート2】 ヘビの道

次にご紹介するのは、巨大なヘビの道です。こちらは、ガイゼル図書館の2階からすぐに見つけることができます。巨大なヘビの頭はガイゼル図書館に向いていて、カラフルな六角形のうろこからなっていてとっても色鮮やかです。湾曲したヘビの身体の上を歩くと、ザクロの果樹からなる「エデンの園」が見えてきますよ。
さらに、約170mのヘビの歩道を歩いていくとヒトの大きさも超える巨大な本を見つけることができます。まるでおとぎの国のような雰囲気のこのエリアはフォトスポットとしても人気です!この本を含めるへびの道はUCサンディエゴの『知の象徴』として、築かれたそうです。

【まるで巨大アート3】空に浮かぶ家

次にご紹介するのは、30m以上の高さがある研究棟『ジェイコブスホール』の頂上に不安定に取り付けられた通称『空に浮かぶ家』です。こちらは、2011年に建てられ、カリフォルニアの地震建築基準に適合していて、最高峰のテクノロジーによって実現されたとっても不思議な建築になっています。
こちらの空に浮かぶ家は、ロードアイランド州に実在する家がモデルになっています。天井から重力で垂れているシャンデリア以外の全てのインテリアは全て傾いている不思議な部屋は、一般開放されていて訪問することができます。火曜日と木曜日の11時~14時は、実際に入ることができます。訪問される前に一度調べてくださいね。

【まるで巨大アート4 】巨大な彫像

ここからは、不思議な巨大彫像を2つご紹介します。まず1つ目にご紹介するのは、胴体、頭部、耳、腕、脚などの8つの花崗岩からなる巨大なクマです。総重量は、180トンを超え、7mを超える巨大なクマは、広大なアカデミック・コートヤードにあります。クマはシンプルなつくりに見えますが、卓越した輸送と工学の偉業のコラボレーションでできた傑作だと言われています。
2つ目にご紹介する巨大な彫像はサン・ゴッドです。サン・ゴッドは、フランス系アメリカ人彫刻家、ニキ・デ・サン・ファッレの記念碑として建てられました。こちらは、4.6 mの高さのアーチ型のブドウの木で覆われたコンクリートの台座の上に色鮮やかな鳥のような生き物が今にも飛び立とつように立っていて、パワースポットとしても人気のエリアです。

【まるで巨大アート5】色彩色豊かな壁画

最後にご紹介するのは、鮮やかなカラフルなイメージのコラージュ作品である壁画です。こちらには、サンディエゴのランドマークであるチカーノ・パークやコロナド橋とともに、サンディエゴの歴史上象徴的な人物も描かれた力強い作品として知られてます。こちらの作品は、カリフォルニアの多様性を反映していて、メキシコのエキゾチックな文化も感じさせると言われていますよ。

カリフォルニアの新たなフォトジェニックなスポット

いかがでしたか。今回は、カリフォルニアの大自然を感じながら巨大アートを楽しめるカリフォルニア大学サンディエゴ校を紹介しました。すべての作品がアメリカンサイズで、写真映え抜群の作品ばかりです。美しい青空のもと、カリフォルニアの海の心地よい風を感じながらアート作品を楽しむ旅に出かけてみては、いかがでしょうか。次の旅の参考にしてみて下さいね。
*掲載されている情報は2017年11月に公開されたものです。事前にお調べください。

詳細情報

9500 Gilman Dr, La Jolla, United States

3.26 126

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Miketrip今まで行った旅行先を中心にご紹介します。コーヒーと青い海が好きです。

このまとめ記事に関して報告する