• はてぶ
  • あとで
日本の“ステキ”に出会う街!倉敷の絶対外せない観光スポット10選

晴れの国といわれるほど温暖な岡山県には、西に観光にくるなら外せない倉敷市にあります。名前くらいは聞いたことあるけど、何がおすすめなのか分からない。そんな人に送る、倉敷の魅力が詰まった観光スポットを10選、ご紹介いたします。あなたも絶対倉敷に旅したくなるはず!(※掲載されている情報は2017年10月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】倉敷美観地区

はじめにご紹介するのは、倉敷一番の観光名所「倉敷美観地区」です。名前の通り美しい景観の町並みで、岡山に観光にくるなら絶対に訪れたい場所です。白い壁と瓦屋根の風情は、情緒豊かでノスタルジックな気持ちにさせてくれますよ。
倉敷デニム、マスキングテープ、倉敷ガラスといった倉敷ブランドのお店やカフェが、しっとりとした風情の町並みの中に建ち並んでいます。散歩しているだけで楽しい街であることは間違いなく、倉敷のステキ、日本のステキな一品に必ず出会えますよ。

詳細情報

【2】大原美術館

二番目にご紹介するのは、ギリシャ神殿風の美術館、大原美術館です。まずこの建築意匠の美しさも必見ですよね。西洋美術、近代美術を展示して、モネの「睡蓮」やロダンの彫刻などを鑑賞することができます。アートが好きな人には外せない観光スポットです。
大原美術館は広く、本館・分館・工芸・東洋館・児島虎次郎(こじまとらじろう)記念館の四つに分かれています。あちこちに名だたる巨匠のコレクションがたっぷり楽しむことができます。倉敷美観地区からも近いので、町並みを歩きながら立ち寄ることができます。

詳細情報

岡山県倉敷市中央1-1-15

3.22 12137

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【3】倉敷アイビースクエア

三番目にご紹介するのは、大原美術館、倉敷美観地区に程近い複合観光施設、倉敷アイビースクエアです。ホテルを中心として、レストランやオルゴール・陶芸体験ができるエリア、近隣の中国地区最大級のアウトレットパークなどが併設されています。
宿泊から食、文化も買い物もいっぺんにできてしまうことはもちろん、アイビースクエアは外観も内観もクラシックで歩いていてとても楽しい場所ですよ! 倉敷地区を観光する場合のアクセスも良好なので、アイビースクエアにホテルをとるのもおすすめです。

詳細情報

【4】鷲羽山(わしゅうざん)

四番目にご紹介するのは、瀬戸大橋を思う存分味わいつくせる名所、鷲羽山(わしゅうざん)です。日本初の国立公園として知られる瀬戸内海国立公園の絶景スポットで、鷲が羽を広げたようにみえるところから「鷲羽山」と名付けられたそうですよ。
地上から133メートルの山頂から、青く美しい海や、海上にただよう約50個ほどの島の風景、雄大な瀬戸大橋の景観は見逃せませんよ! 特に夕陽の美しさはとくに格別で、「日本の夕陽百選」に選ばれています。

詳細情報

岡山県倉敷市下津井田之浦1-1-1

3.35 146

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【5】水島展望台

五番目にご紹介するのは、「夜景100選」に選ばれてもいつ絶景を楽しめる、水島コンビナート工場の水島展望台です。SFの世界のようなきらきらした工場の輝きは、都会の夜景とはまた違った魅力にあふれています。
晴れて、空気の澄んでいる日には工業都市のような夜景の向こうに、瀬戸内海の島々も楽しめます。家族旅行やカップルのデートにもおすすめな観光スポットです。料金も無料でアクセスも良好なので、夜の観光スポットにはぜひここを訪れてください。

詳細情報

【6】倉紡記念館(くらぼうきねんかん)

六番目にご紹介するのは、倉敷の歴史をそのままに刻んだ倉紡記念館(くらぼうきねんかん)です。ここでは繊維と深い関わりを持つ倉敷の歴史、ひいては明治の日本を知ることができます。蔦の這う赤レンガの建物が美しく、思わず写真を撮ってしまいたくなっちゃいますね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する