• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
これからの季節が狙い目!冬だからこそ行くべき国内離島リゾート7選

冬の旅行というとスキーやスノボーをしに雪山へ行ったり、各地の温泉旅館でのんびり過ごす人が多い中、まだまだ南国ムード溢れるリゾートで遊びたいという人も多いのではないでしょうか。実は冬の離島リゾートは飛行機が安く取れたり、天候に恵まれやすかったりと良いことだらけなのです。そこで今回は、冬だからこそ行くべき、シーズンオフでも楽しく過ごせる離島リゾートをご紹介します。

このまとめ記事の目次

①奄美大島 / 鹿児島県

12月の奄美大島は、一般的には”オフ”シーズンに該当し、観光客の数も夏に比べると大幅に少なくなります。さらには成田空港からの航空券も安く、それでいて平均気温は17度前後。水温は気温よりも高い20度近くを記録することも。暖かい風にあたりながらビーチを散歩したらとても気持ちよさそうですね。
そんな12月の奄美大島ではシュノーケリングも全く問題なく行えます。台風の心配がほぼない12月の海は、透明度も抜群に高くサンゴ礁や熱帯魚の観察も思う存分味わえます。ぜひそんな冬の奄美大島にお越しになってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • 鹿児島県奄美市奄美大島
  • 0997-52-1111

②屋久島 / 鹿児島県

奄美大島と同じ鹿児島県に属する屋久島ですが、こちらも里地帯であれば最低気温が9度前後と冬でも気候は温暖な方です。しかし、山岳部地帯は札幌よりも低い平均気温6度前後、雨の多さは夏と変わらないため積雪も観測されます。
里地帯とは打って変わって気温がぐっと冷え込む山岳地帯では、人も少なく鹿などの野生動物にも遭遇できます。杉や苔の彩る緑色と真っ白な雪のコントラストはとても神秘的で、どこか現実離れした雰囲気を演出します。雪山のような大規模な積雪は滅多にないので散策も楽しめますが、足元は滑りやすくなっているので、十分気を付けて下さい。

詳細情報

  • 鹿児島県 屋久島
  • 0997-49-4010

③宮古島 / 沖縄県

赤道に近く、亜熱帯海洋性気候に属する宮古島。12月から2月にかけての平均気温はなんと18度前後と、まさに冬の寒さから逃れたい人には打って付けの南国リゾート。こちらもシーズンオフを迎えた冬季には、羽田からの航空券や、さらには現地の高級宿泊施設もかなり値段が下がるので、夏にはできないような贅沢な旅行を楽しみたい方にもおすすめです。
2月は宮古島のさとうきびが旬を迎える時期でもあります。まさに森山良子さんの「ざわわ ざわわ」が聞えてきそうなそんな風景を見れるのは、この季節の特権といえます。ぜひこの冬は、寒さを忘れられる宮古島へ遊びにいらしてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • 沖縄県宮古島市
  • 0980-72-3751

④伊豆大島 / 東京都

首都圏からは遠く離れていますが、同じ東京都に属する伊豆大島をご紹介します。こちらも海洋性気候に属するため、年間平均気温は18度前後。夏と冬の温度差が少ないことから夏は涼しく冬は暖かめの気候となっています。冬の間、雨が降ることは少ないですが小さい島ということもあり、風が強い日が続きます。
冬の伊豆大島で見ごろを迎えるのが「椿(つばき)」です。毎年冬には「伊豆大島椿祭り」も開催されています。また、東京からのアクセス料も込みで伊豆大島の真っ赤な椿を楽しむことができるツアーも用意されているようです。今冬もぜひチェックしてみてください。

詳細情報

  • 東京都大島町
  • 04992-2-2177

⑤波照間島(はてるまじま) / 沖縄県

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する