• はてぶ
  • あとで
女子旅で行きたい!福岡のフォトジェニックなスポット&カフェ10選

女子旅って楽しいですよね。せっかく女子旅に行くなら、可愛いカフェやスイーツがあるお店や、フォトジェニックなスポットでSNS映えする写真を撮りたいですよね。今回は、福岡の人気&おすすめスポットやカフェ、スイーツをまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 河内藤園 / 北九州

最初にご紹介するスポットは「河内藤園」です。福岡県北九州市にある春の藤の時期と秋の紅葉の時期だけ入園することだけができる私営の藤園です。海外メディアからも日本の最も美しい場所のひとつに選ばれたことがあるんですよ。
開園期に見られる“藤のトンネル”は1番の見どころ 。4月中旬から5月中旬にかけてがちょうど見頃なので、ゴールデンウィークなどに大人気のスポットなんです。美しい藤を見に、ぜひ足を運んでみてください。

詳細情報

② 恋木神社 / 筑後

続いてご紹介するスポットは、福岡県筑後市にある「恋木神社(こいのきじんじゃ)」です。日本で一社のみの珍しい神社で、菅原道真を祭神とした歴史がある古い神社なんだとか。所々で見受けられるハートが神社としてはなんとも新鮮ですよね。
縁結び神社でもあり、「良縁幸福の神様」や「恋の神様」として親しまれ、若い女性を中心に連日参拝客が訪れる超人気スポットです。とにかくあらゆるところにハートがあふれていて、おみくじや絵馬、スイーツもあってどれも可愛いく注目ですよ。

詳細情報

③ ヤシの木ブランコ / 糸島

続いてご紹介するスポットは、福岡県福岡市の繁華街から車で40分前後の場所にある「糸島(いとしま)」の“ヤシの木ブランコ”です。まるで海外の常夏リゾート地のような雰囲気を福岡で味わうことができちゃうんですよ。
なんとこのブランコ、偶然にもきれいに倒れた2本のヤシの木を利用して作られたのだそうです。大人気のフォトジェニックスポットです。こちらのブランコ、目印は「ざうお本店」。お店前のビーチにあるので、ご飯の帰りに記念に1枚いかがでしょう。

詳細情報

④ ロンドンバスカフェ / 糸島

続いてご紹介するスポットは「ロンドンバスカフェ」です。こちらも同じく「糸島」にあるスポットで、糸島のサンセットロードをドライブしていると突然、真っ赤なロンドンバスが姿を見せてくれます。
こちらのバスは、実はジェラードが自慢のお店なのでぜひ食べてみてくださいね。ジェラート以外にもホットドックなどの軽食やドリンク、アルコールもあって、のどかな海沿いの景色を楽しめますよ。ぜひフォトジェニックなロンドンバスでベストショットを撮ってはいかがでしょうか。

詳細情報

⑤ 二見ヶ浦 / 糸島

続いてご紹介するスポットは、こちらも「糸島」にある「二見ヶ浦(ふたみがうら)」です。真っ白な大鳥居と夫婦岩が見どころの観光スポットで、日本の渚百選、日本の夕陽百選にも選ばれる絶景スポットです。
「二見ヶ浦」はデートやドライブで行くのにも大人気のエリアで、ロマンチックな景色がたまらないですよね。なかでもおすすめはサンセットの景色で必見。糸島に訪れた際はぜひ見に行ってみてくださいね。

詳細情報

福岡県糸島市志摩桜井 桜井二見ヶ浦の夫婦岩

4.31 41477

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥ 抹茶カフェ hachi / 姪浜

6つ目にご紹介するスポットは「抹茶カフェ hachi」です。種類豊富な抹茶スイーツが堪能できるお店で、写真映えする“枡の抹茶ティラミス”を味わうことができます。キレイに納められたティラミス、フォークを入れてしまうのがもったいなくも感じてしまうほど。
濃厚な抹茶と滑らかなマスカルポーネチーズも相性が抜群の美味しさです。フォトジェニックな絶品抹茶ティラミスで、食べる前にぜひシャッターを一枚。もちろん、他にもお茶請けにも抹茶を使用していたり、抹茶そのものを美味しくいただけますよ。抹茶づくしの女子旅をぜひ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する