• はてぶ
  • あとで
海鮮丼の常識を覆す!NYの海鮮丼「Poke Bowl」8選

今、アメリカは海鮮丼が1つの新たなメイン料理として注目されています。Poke Bowlの発祥はハワイですが、ニューヨークでは知らない間に変化した海鮮丼が生み出されているんです!そこで今回はニューヨークの海鮮丼「Poke Bowl」8選をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】Pokeworks(ポケワークス)/37th St

Photo by m2k7y_bb
まず1つ目にご紹介するのは2015年に誕生し、ニューヨークには3店舗お店を構える「Pokeworks」の海鮮丼です。ここの特徴は既存のメニューから選ぶか、自分で好きなものを好きなだけカスタマイズするかの2通りの注文方法があり、海鮮丼の他にも巻物やサラダにカスタマイズすることも出来ます。
※カスタマイズの場合、海鮮丼の総重量で価格が異なります。
筆者のおすすめは海鮮丼の酢飯にアヒと呼ばれるマグロ、枝豆、ひじき、とびっちょ、れんこんチップス、刻み海苔、海藻サラダにポン酢ソースです!カスタマイズ次第で何通りもの味を楽しむことが出来るので、是非挑戦してみては?

63 W 37th St, New York, United States

写真を投稿する
3.05 10

【2】Poketeria(ポケテリア)/36th St

2つ目にご紹介するのはEmpire State Buildingからほど近い場所、ニューヨークの1店舗のみ展開する「Poketeria」です。このお店も同様、既存のメニューから選ぶか、自分でカスタマイズすることが出来ます!メニューの中には炭水化物を抜いた、海苔だけでクレープのように巻かれたメニューもあるので体脂肪を気にする方には嬉しいですよね。
また、このお店では海鮮丼を追い抜く勢いで人気急上昇のメニューがあります。それは上記の「寿司ドーナツ」です!酢飯をドーナツ型にし、周りに海鮮を巻きつけるという斬新なアイディアがニューヨーカーにウケ、片手で食べられる手軽さからテイクアウトする方が多いんです。

3 E 36th St, New York, United States

写真を投稿する
3.00 00

【3】Poke Rice(ポケライス)/4th Street

3つ目にご紹介するのは毎日行列が絶えないワシントン公園から徒歩で15分ほどの「Poke Rice」です。このお店は野菜を多く使ったPoke Bowlが売りで、日本の海鮮丼だと考えられないセロリやケール、ビーツなどが入っています。このお店も同様、既存のメニューから選ぶか、自分でカスタマイズすることが出来ます。
さらにここの特徴として、酢飯でも巻物でもサラダでもない、「麺」をベースに選ぶことも出来ます!麺と新鮮な生の海鮮という組み合わせは想像出来ないですが、ニューヨーカーの人々にとっては好みの組み合わせだそうですよ。勇気のある方は挑戦してみては?

162 West 4th Street, New York, United States

写真を投稿する
- 00

【4】SONS OF THUNDER(ソンズオブサンダー)/38th St

4つ目にご紹介するのは2015年10月にオープンした「SONS OF THUNDER」です。内装がおしゃれなカフェ風になっており、見た目からは海鮮丼を提供しているように見えない雰囲気が特徴的です。また、このお店は海鮮丼だけでなく、フライやホットドッグなどのジャンクフードも提供している多様なレストランでもあります。
このお店も同様、既存のメニューから選ぶか、自分でカスタマイズすることが出来ます。筆者がおすすめしたいメニューはタコを使用した海鮮丼です。アメリカでは、タコを食べる習慣がなく、タコを取り扱っているお店は中々見掛けません。そんな中、このお店ではタコを味わうことが出来るのでタコ好きな方にはおすすめです。

204 E 38th St, New York, United States

写真を投稿する
3.05 00

【5】The Poke Spot(ザ・ポケスポット)/4th Ave

5つ目にご紹介するのは内装とラッコのマークに惹かれる「The Poke Spot」です。ニューヨークの1店舗のみで、訪れた人のほとんどが美味しいと舌を唸らせる人気のお店です。このお店の特徴はソースが8種類もあり、そのほとんどが日本では見掛けないソースばかりです!
※2017年10月時点での情報になります。
筆者のおすすめは「Poke Spotspecial」という既存のメニューです!ズワイガニにサーモン、きゅうり、海藻サラダに甘辛いソースが掛かっている日本では中々食べることの出来ない味で話のネタに出来るような変わった海鮮丼です。もちろん、このお店も同様、既存のメニューから選ぶか、自分でカスタマイズすることが出来ます。

120 4th Ave, New York, NY , USA

写真を投稿する
3.00 00

【6】Poke Bowl(ポケボウル)/Fulton St

6つ目にご紹介するのは高級街として有名なマンハッタンのダウンタウンにお店を構える「Poke Bowl」です。お店はあまり広くないものの、店内はお洒落な雰囲気で落ち着いて食べることが出来ます。このお店の特徴として、ご飯の量を調節することが出来るので、具材を多めにして、ご飯の量を少なめにすることも出来ますよ。
筆者のおすすめは「Miso Hungry」という既存のメニューで、まぐろが照り焼きのような味付けで甘い味噌ソースが絶妙な味を演出しています!このお店も同様、既存のメニューから選ぶか、自分でカスタマイズすることが出来ます。

104 Fulton St, New York, United States

写真を投稿する
- 00

【7】Wisefish Poke(ワイズフィッシュポケ)/19th St

7つ目にご紹介するのは2016年にオープンしたばかりの「Wisefish Poke」です。カフェのよな雰囲気で、このお店の特徴はベースとなるご飯や麺、メインとなる魚介を半々ずつ注文出来ます。どれを選ぶか迷ってしまう人にとっては嬉しいメニューですね。
筆者のおすすめは白米と麦ご飯の半々にマグロとエビ、アボカド、とびっちょ、わさび醤油の組み合わせです!身がプリプリのエビとわさび醤油の相性は抜群ですよ。このお店も同様、既存のメニューから選ぶか、自分でカスタマイズすることが出来ます。

263 W 19th St, New York, United States

写真を投稿する
- 00

【8】Pokebab(ポケバブ)/Bedford Ave

最後8つ目にご紹介するのは150キロカロリー以下で、新鮮で美味しいネタが食べられる「Pokebab」です。このお店の特徴は今まで紹介したお店の中で1番トッピングを豊富に揃えています。中にはトマトやブロッコリーなど、海鮮丼からは想像できない野菜も揃えられています。
筆者のおすすめは既存のメニュー「Yuzu Tuna&Salmon」です。柚子ポン酢にマグロとサーモン、おしんこなど日本寄りの味付けですが、ペッパーやハワイ産の塩がアクセントになっていて、日本では味わうことが出来ない味ですよ。このお店も同様、既存のメニューから選ぶか、自分でカスタマイズすることが出来ます。

209 Bedford Ave, Brooklyn, United States

写真を投稿する
- 00

NY流Poke Bowlで流行を先取りして!

今回はハワイ生まれのPoke Bowlをニューヨークに絞って紹介しました。日本ではまだまだ馴染みが浅いPoke Bowlですが、海鮮丼を食べる文化がある日本でもきっと流行ること間違いなしです!是非、日本に上陸する前にニューヨークで一足お先に堪能してみてはいかがですか?
(※上記で掲載した情報は全て2017年10月時点での情報になります。行かれる方は事前に調べてから行かれることをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する