• はてぶ
  • あとで
女子旅でも人気!シンガポールのおすすめ観光スポット5選

長期休みに海外旅行を考えている方がいると思います。中心地も海も満喫したいという方、シンガポールをおすすめします。そのなかから厳選したスポットを5つ紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.マーライオン公園

マーライオンは言わずと知れたシンガポールのシンボル。「世界三大がっかり」と呼ばれているそうですが、実際に見るとそんなことはありませんよ。壮大なマーライオンの像やマリーナベイサンズとの景色のマッチングに感動します。
マーライオンの写真を撮るときにおなじみのやつだけではなく、いろんなパターンの写真を撮って遊ぶことができます。いろいろなパターンで撮影したいですね。

基本情報

アクセス : MRTラッフルズ・プレイス(Raffles Place・NS26/EW14・ノース・サウス線/イースト・ウェスト線)駅のH出口を出ると、右手にすぐシンガポールリバーが見えます。川沿いのプロムナードを道なりに歩き、カベナ橋を渡ってエンプレス・プレイス前へ出ます。広場の右手に見える地下道を歩くと、アンダーソン橋の入り口に出ます。橋を渡るとすぐ左手に、マーライオン・パークへ降りていく階段があります。徒歩約10分。
  • Merlion, Singapore
  • +65 6736 6622

2.マリーナ・ベイ・サンズ

シンガポールのランドマークとして有名なマリーナ・ベイ・サンズ。屋上のプールで優雅に過ごしてみたり、カジノをやったり、お買い物をしたり、空中庭園へ行ってみたり、シティの遊びではここですべてできます。
マリーナベイサンズの屋上のプールからの景色は素晴らしいですね。あそこで泳いでみたくなります。

基本情報

住所 : 10 Bayfront Avenue
電話番号 : 6688 8868
駐車場 : あり
アクセス : MRTベイフロント(Bayfront・CE2・サークル線支線)下車、マリーナ・ベイ・サンズは駅に直結している。MRTプロムナード(Promenade・CC4・サークル線)下車、ヘリックスブリッジを渡った先にマリーナ・ベイ・サンズ。約10分。

3.セントーサ島

シンガポールのリゾートアイランド”セントーサ島”には、シンガポール初の大型カジノや、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールがあり、昼も夜も楽しむことができます。
思わず写真を撮りたくなるスポットがたくさんあります。

基本情報

住所: 8 Sentosa Gataway, Sentosa Island
アクセス:セントーサ・エクスプレスのウォーターフロント(Waterfront)駅、Resorts World Sentosaへ。徒歩約3分。
営業時間:10:00〜19:00
定休日: なし
料金: 大人 (13-64歳) 1日パス 74 Sドル 2日パス 118 Sドル 、子供 (4-12歳) 1日パス 54 Sドル 2日パス 88 Sドル 、シニア (60歳以上) 1日パス 36 Sドル 2日パス 58 Sドル (2014年4月)

4.ビンタン島

シンガポールからは高速フェリーで約50分でアクセスできるのが魅力的なビンタン島。観光客の多くはシンガポールの海は綺麗でないと言いますが、ここの海は満場一致で綺麗といいますビーチはここで存分に堪能できます。シンガポールの喧騒がなかったかのようなビーチの静けさでリラックスすること間違いなしです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 女同士だから話せる事がある、楽しめる事がある、行きたい所がある。普段はカフェで…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

mm_711たぴおかに目がない

このまとめ記事に関して報告する