• はてぶ
  • あとで
年パス保持者推薦!雨の日ディズニーランド楽しむ10の方法

天気が急変するこの時期、事前に計画していたのにも関わらず、「ディズニーに行く日に限って雨予報になってしまい、1から計画し直さなければならなくなった」という経験をしたことがある方いますよね。今回は年パス保持者の筆者が雨の日ディズニーを存分に楽しむ方法をランドに絞ってご紹介します!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

アトラクション編

① ミッキーを独り占め!

雨の日だと屋外にキャラクターが出てこないので、グリーティングができないとがっかりしている方、いませんか?トゥーン・タウンにある「ミッキーの家とミート・ミッキー」ではいつでもミッキーに会うことができます。屋内の施設なので雨の日でも安心です。(待機列が一部屋外になる場合もあります。)
ミッキーの家の中を通り、映画の撮影所まで行くと、映画撮影中のミッキーに会うことができます。コスチュームは全部で4種類。どんなミッキーに会えるかはその時のお楽しみです。また、2020年4月15日にはミニーのグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」がオープンします。そちらも要チェックですよ。

詳細情報

② 気まぐれなスティッチとおしゃべり

トゥモローランドに「スティッチ・エンカウンター」というアトラクションがあることをご存知ですか?ディズニーシーの「タートルトーク」と同じように、キャラクターとリアルタイムでお話しすることができるアトラクションです。屋内シアター型のアトラクションで、基本的に待機列も屋内なので雨の日におすすめです。
邪悪なエイリアンガントゥの宇宙船に迷い込んだスティッチを助けるアトラクションなのですが、スティッチに指名されるとおしゃべりすることができます。スティッチは話が上手なので、指名されなくても会話を聞いているだけでもとっても楽しいです。どうしても指名されたい、という方は特徴的な服装で挑むと少しだけ指名される確率が上がるかも。

詳細情報

③ あの頃を思い出して童心に返ろう

ちょっと残念な雨の日ディズニー。でもせっかくなら普段とちょっと違うアトラクションに乗ってみませんか?そこでおすすめなのがファンタジーランドにある「ピノキオの冒険旅行」「白雪姫と七人のこびと」「ピーターパン空の旅」。どれも屋内ライド型のアトラクションですが、子ども向けだと思って最近乗っていない、という大人の方も多いのではないでしょうか。
ファンタジーなストーリーを楽しむアトラクションなので、まるで絵本の中に入ったような気分になれます。大人になってから乗ると、小さかったあの頃は気付かなかった発見があったりしますよ。小さい頃にディズニーランドに来たことがない方も、お話に浸って童心に返れること間違いなしです。

詳細情報

④ やっぱりスリルは欠かせない

雨の日だからちょっと気分が上がらなくても、ディズニーに来たらスリルは欠かせない、と思う方も多いのではないでしょうか。ディズニーランドの三大マウンテンの中で唯一屋内型なのが「スペース・マウンテン」。待機列は屋外の部分もありますが、ファストパスを利用すればほとんど屋内なので、ぜひファストパスを活用してください。
新型宇宙船にのって宇宙旅行をする、真っ暗な中を高速で走り抜けていくジェットコースターです。行く方向が分からないスリルは他のマウンテンにはないものですよね。すごく楽しいアトラクションですが、ディズニーランドの中でも指折りの乗り物酔いしやすいアトラクションなので、不安な方はご注意ください。

詳細情報

⑤ いっそのことびしょ濡れになっちゃう?

傘を差してもレインコートを着ても雨に濡れてしまうなら、もう自分から濡れに行くのも雨の日ディズニーの醍醐味です。そんな時におすすめなのが「スプラッシュ・マウンテン」。三大マウンテンなのかで唯一水に濡れるトラクションで、ディズニーランドのアトラクションの中でもかなり人気なんです。
アトラクションこそ水に濡れますが、待機列は屋内の部分が多いので乗るまでは雨に濡れづらいです。もっと水に濡れたいという方は最前列の右側がおすすめです。一番水しぶきを浴びられるのは一番前の列なんですよ。どの列になるかは自分の運次第ですが、どの席でも濡れるので安心してくださいね。

詳細情報

フード、アクティビティ編

⑥ 雨の日キャンプ気分を楽しめる穴場レストラン

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する