• はてぶ
  • あとで
カフェばかりじゃない!東京に来たら食べるべき伝統ご当地グルメ7選

東京のグルメといえば、何が思い浮かびますか?最近は、パンケーキや、フレンチトーストなどのスイーツなど、トレンドがぎゅっと詰まった街のイメージ。もちろん東京はそのような部分でも魅力的。しかし、常に変化していっている東京の中にも、昔ながらの伝統的な風景、味が守られてきているお店がたくさんあるんですよ!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

東京のご当地グルメは、ご存知ですか?

東京といったら、いくつグルメが思い浮かぶでしょうか?数々のグルメが浮かんでくるかと思いますが、その中から特に食べて頂きたい、東京のお食事をご紹介したいと思います。東京観光を考えている方、またはすでに東京に住んではいるけれども、あまりご当地グルメを食べた事が無い方、皆さんチェックしていってくださいね!

1. 深川めし

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

まず初めにご紹介するのは、アサリのむき身とネギを味噌で煮てご飯に乗せた東京の深川地区の名物の「深川めし」です。深川丼とも言われるそうです。貝類と野菜の味が合わさったうまみエキスたっぷりで、からだに染み渡るようなおいしさです。

深川 釜匠

こちらの「深川 釜匠(かましょう)」というお店では、セルフサービスのお茶と、卓上に置かれた漬物が食べ放題なんです。漬物は、どんぶりの箸休めにぴったりですよ。なんともあたたかなお店の雰囲気も魅力的。ぜひこちらのお店で、東京のどんぶりを楽しんでみてください。
たっぷりアサリが卵でとじてあるこちらの「深川丼ぶり」。味はシンプルであるものの、丼ぶりを覆いつくすほど贅沢に入っている、アサリの出汁をダイレクトに感じることができます。海鮮が好きな方にはぜひ召し上がっていただきたい一品となっています。

詳細情報

2. おでん(関東だき)

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

おでんは、実は江戸時代にうまれ、庶民の味として親しまれてきました。実は関東が発祥の地だということをご存知でしたか?それゆえ「関東だき」といわれることもあるんです。濃口醤油とみりん(砂糖)、酒で甘辛い味付けに仕上げて煮込むのが関東流です。

お多幸 新宿店

「お多幸(おたこう) 新宿店」は、平日・土日は15:30、祝日は15:00からと、早い時間から営業しています。新宿東口にある有名なおでんやさん。新宿を観光した際にはぜひ足を運んでみてください。わいわい飲むというよりは落ち着いて飲みたい人向け。旅の疲れを癒すのにはもってこいのお店ですね。

おでん 各180円~

味が濃いように見えても実はちょうどいいお味なんです。とくに牛筋がトロトロで美味しい!おすすめはシメに「とうふ茶めし」を頼むこと。おでんの中にご飯が入って、さらに上にお豆腐がのっています。関東ならではのおでんを楽しんだあとにシメにこのお店独特の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

詳細情報

3. 江戸味噌

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

「江戸味噌」とは、江戸の昔から伝わる、米麹を使用した米味噌です。赤みを帯びた褐色をしています。 京都の白味噌などと異なり、作るときに大豆を長時間蒸煮してからつぶす為にその独特の赤い色になるのが特徴です。かつては、八丁味噌とともに日本を代表する、五大味噌として知られていたそうです。

そらまち亭

東京スカイツリーに訪れたならば、立ち寄ってほしいのが「そらまち亭」です。こちらのお店の中にはステージがあります。事前にチェックしておけば「ねぎし三平堂(林家)」プロデュースによる落語や色物などの寄席芸を見ながら食事を楽しむ事ができるんですよ。食事はもちろん、観光するのにもぴったりの場所ですよね!
こちらのお店では、てんぷらやお刺身がセットになった「そらかご膳」や、お味噌の味を存分に感じることができる「江戸味噌鍋」などの和食メニューをいただくことができます。江戸味噌は、コクのあるお味ですが、塩分が一般的な辛口のお味噌の約半分。塩分が控えめで、身体にも優しいんです。ぜひ一度ご賞味ください。

詳細情報

4. 柳川鍋

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

「柳川鍋(やながわなべ)」とは、江戸時代の頃から下町に伝わる、どじょうを使用した鍋です。鍋にささがきごぼうを敷き、その上に土壌をのせます。火が通ったら卵をかけて頂くのです。江戸時代の庶民には、ウナギに劣らない味で、廉価であることから、非常に親しまれていたそうですよ。

駒形どぜう 本店

「駒形(こまがた)どぜう 本店」では、江戸の情緒をそのまま残しており、料理のお味と共に、店内の雰囲気からも江戸を堪能できるお店となっています。お店の入り口から、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気を感じることができます。使用しているどじょうは、全国の中から選び抜いた最高のどじょうなんだそうです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する