東京都内の2023年オススメ紅葉名所まとめ “君に見せたい、君と見たい”がここに。

秋にしか見ることのできない絶景、紅葉。そんな紅葉は東京都内でも綺麗に色づき、私たちの心に癒しを与えてくれます。今回は、東京都内にあるデートで行きたいオススメの紅葉名所を15選ご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

明治神宮外苑 / 青山

紅葉見頃:11月中旬~12月上旬

「明治神宮外苑」はJR信濃町駅・東京メトロ外苑前駅・青山一丁目駅・国立競技場駅から徒歩5分ほどにある紅葉名所です。明治天皇の業績を後世にまで残そうとできたという洋風庭園になっています。
そんな明治神宮外苑では、真っ黄色の光景を作り出すいちょう並木を見ることができます。紅葉の鑑賞方法としては、並木道を散策しながら見るのがオススメ!いちょう並木を鑑賞してから明治神宮にお参りに行けば、心身ともにリラックスになります。

代々木公園 / 原宿

紅葉見頃:11月下旬~12月上旬

「代々木公園」はJR原宿駅表参道口・東京メトロ明治神宮前駅から徒歩1分ほどにある公園で、なんと東京ドーム11個分という、東京で5番目の大きさを誇る公園で多くの人が訪れる人気のスポットです。
そんな代々木公園は、原宿駅すぐにあるため、アクセスが抜群!また、近くにはテイクアウトグルメも多く存在するので、ピクニックを楽しむにもぴったりです。サイクリングコースなどもあり、様々な楽しみ方ができる公園となっていますよ。

六義園 / 駒込

紅葉見頃:11月下旬~12月上旬

「六義園」は、東京都内でも言わずと知れた紅葉が美しいスポットとして有名ですよね。桜の時期に多くの人で賑わい、江戸時代を代表する大名庭園の一つで、国の特別名勝にも指定されている由緒正しい庭園です。

庭紅葉の六義園 夜間特別観賞: 2023年11月22日(水)~12月3日(日)

そんな六義園では、紅葉と大名庭園のライトアップが行われ、赤く染まったモミジがライトアップに浮かんでいるかのような景色を見ることができます。東京都内ではなかなか見ることのできない温かみのある紅葉とライトアップの絶景をぜひ見に行ってみては?

目白庭園 / 目白

紅葉見頃:11月下旬~12月上旬

「目白庭園」は目白駅から徒歩5分ほどで行くことのできる庭園です。池の周囲をぐるっと回りながら楽しめる池泉回遊式の庭園になっており、伝統的な日本の文化と秋の絶景を堪能できます。
そんな目白庭園では、ライトアップに照らされる紅葉と池のコラボレーションを見ることができます。紅葉はもちろん、石塔や周りの建築物が水面に映し出された光景は美しく、目白庭園でしか見ることのできない絶景を見ることができますよ。

小石川後楽園 / 飯田橋

紅葉見頃:11月下旬~12月上旬

「小石川後楽園」は飯田橋駅から徒歩で3分ほどの紅葉スポットで、庭園は池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」があることでも知られています。大堰川では、川沿いの紅葉と水面に映る紅葉を一緒に楽しめますよ。

「深山紅葉を楽しむ」: 2023年11月17日(金)~12月3日(日)

そんな小石川後楽園では、東京都心に現れる自然のオアシスを満喫することができます。回遊式築山泉水庭園と紅葉の組み合わせは抜群で、疲れ切った心を癒す光景に出会うことができますよ。都会のオアシスに、ぜひおでかけしてみてください。

浜離宮恩賜庭園 / 汐留

紅葉見頃:11月中旬~12月上旬

「浜離宮恩賜庭園」は汐留駅から徒歩7分ほどのところにあります。江戸時代から続く大名庭園です。また、東京都内の庭園で唯一海水の池があることでも知られています。大きな池を囲むようにお散歩をするのも気持ちが良くておすすめです。
そんな浜離宮恩賜庭園では、江戸時代の典型的な大名庭園の面影が残る庭園内で色とりどりに色づく紅葉を見ることができます。広大な敷地を有しているので、散策しながらの紅葉鑑賞がオススメです!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する