• はてぶ
  • あとで
”紅葉”と”雪”を両方 楽しみたいあなたへ!秋と冬を同時に楽しめる「欲張りスポット」

紅葉も見たいけど、雪景色も楽しみたい。そんな欲張りなあなたにおすすめの場所があります!「立山黒部アルペンルート」北アルプスを貫き、富山と長野を結ぶ山岳観光ルートです。最高標高2,450mまで行けるにもかかわらず、過酷な登山の必要はありません!乗物を乗り継ぐだけで雲上に行けるのです。立山黒部アルペンルートはいち早く秋が訪れ、10月下旬頃には上からゆっくりと冬が下りてきます。11月頃にはスキーを楽しむ方々も。今回は、紅葉も雪も楽しめてしまう立山黒部アルペンルートをご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「立山黒部アルペンルート」とは?

北アルプスを貫き、富山と長野を結ぶ山岳観光ルートです。
立山黒部アルペンルートは標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを貫く世界有数のスポットで、総延長37.2km、最大高低差は1,975m。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあります。
富山県側の立山町「立山駅」から長野県側の大町市「扇沢駅」まで乗り物を乗り継ぎ、いくつもの景勝地を通って気軽に、雲上に広がる立山黒部の雄大な大自然を満喫することができます。

いち早く訪れる秋!

『室堂(むろどう)』は標高2,450mなので地上よりも早く秋が訪れます。
9月中旬にはタカネナナカマドやウラジロナナカマド、ミネカエデ、チングルマが色づきはじめ、3000m級の立山連峰が赤、黄、緑に染まり、見事な紅葉を見せてくれます。
高山植物の「チングルマ」は夏は愛らしい白い花びらなのですが、秋になると風車のような綿毛になり、葉は美しい赤色に染まり、室堂平に彩りを加えてくれます。

詳細情報

  • 富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林
  • 076-462-9971
9月下旬頃になると『弥陀ヶ原(みだがはら)』の紅葉が見ごろになります。
標高1600m〜2000mのなだらかな溶岩台地に広がる弥陀ヶ原。木道が敷かれた湿原にはガキ田とよばれる水たまりが点在し、ワタスゲなど高山植物の宝庫でもあります。秋にはナナカマドやミネカエデが色づき、山肌が赤や黄に染まります。
雲海の出現スポットとしても知られ、紅葉の湿原とその向こうに雲海が広がる絶景を眺められます。

詳細情報

  • 富山県中新川郡立山町芦峅寺
弥陀ヶ原と同じく、9月下旬頃には『大観峰(だいかんぼう)』~『黒部平(くろべだいら)』エリアの紅葉が見ごろになります。
標高2316mの大観峰は、後立山連峰を背景に、黒部湖やタンボ平を一望できます。
大観峰駅と黒部平駅をつなぐロープウェイは視界を遮る支柱がなく、眼下に広がる鮮やかな紅葉はまるで一枚の絵のようです。高山に雪、中間に紅葉、山麓に緑という「三段紅葉」をロープウェイで移動しながら楽しめるのもこのエリアの醍醐味で、黒部平駅からは「三段紅葉」の中を飛ぶように進むロープウェイを見ることが出来ます。

詳細情報

  • 富山県芦峅寺ブナ坂外11国有林
10月下旬頃になると秋は『美女平』まで下りてきて、森林浴のの穴場スポットでもある美女平では、紅葉に彩られた木々のトンネルを楽しむことが出来ます。
富山県立山側の玄関口となる美女平は標高約1000m。立山杉やブナなどの原生林が生い茂り、日本有数の野鳥の楽園でもあります。美女平駅舎前にある美女杉は恋愛成就の杉として知られる人気のパワースポットです。

詳細情報

  • 富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林
  • 076-462-9971

徐々に降りてくる冬!

10月中旬頃からは「室堂」では積雪の兆しがあらわれます。気付けばあっという間に雪が積もり、11月頃にはスキーが楽しめるようにまでなります。
室堂には「雷鳥沢キャンプ場」があり、毎年 雪に穴を掘りテントを張るスキーヤーや登山者で賑わいます。夜には満天の星空が視界いっぱいに広がり、幻想的な光景を見せてくれます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

tateyama-kurobe長野県と富山県をつなぐ山岳観光ルートの立山黒部アルペンルートを中心に紹介しています!その他にも周辺観光情報やおすすめスポットもご案内します。

このまとめ記事に関して報告する