まだ行ったことない人にも。東京スカイツリーを最高に楽しめる過ごし方をご紹介

開業してから今も東京の観光スポットとしてたくさんの方が訪れる人気のスポット「東京スカイツリー」。混雑も厳しいイメージが強く、まだまだ疎遠になってしまっている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、スカイツリーに行きたいけど行ってどうしたらいいかわからない、という人のために、スカイツリーの楽しみ方をご紹介します。ぜひ家族で、カップルで、友人同士で訪れてみてはいかがですか。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

①グルメやショッピングはふもとの東京ソラマチで

東京スカイツリーのいわば”ふもと”に位置するショッピングモール、東京ソラマチをご紹介します。ファッションからグルメに渡る312の店舗が充実しており、多種多様なイベントも開催されています。スカイツリーにのぼらずとも、気軽に立ち寄れるスポットになっています。
1階のソラマチ商店街は、小江戸をイメージした情緒漂う外観のショップが建ち並んでおり、食べ歩きグルメやソラマチ限定商品の買い物も楽しむことができます。室内であるため、これから寒くなる冬の日や、悪天候の日にもお勧めできるスポットです。

詳細情報

東京ソラマチ

東京都墨田区押上1-1-2

4.03 45402
どの季節に行っても、天気が雨でも楽しめる!

私の定番コース😊 ①スカイツリーに着いたらまずエレベーターで6階まで行き、トリトン(回転寿司屋🍣)の整理券を取る ↑ここは土日の夕方に行っても70分待ちなのでまず着いたら整理券を取る!整理券を取れば時間になったら電話で知らせてくれるのでどこにいてもOK🙆‍♀️ 生サーモンとえんがわ炙り醤油大好きです。めちゃくちゃおいしいからぜひ食べて欲しい!! ②すみだ水族館に行く🐧🐠🐟 トリトンは最低でも1時間は待つのでその間に水族館に癒されに行く。 6階から4階までエスカレーターで降りて外に出て進むと水族館の建物が見えてきます。 クラゲがすごく綺麗!ペンギンが目の前!🐧 ちんあなごが可愛い。天井までの大きい水槽はずっと眺めてられるし癒されながら電話が来るのを十分楽しめます。 ちなみに2回分払うだけで年パス買えるのでオススメです。 ★トリトンから水族館まで歩いてる途中で、スカイツリーに登るための受付する建物があります。 足元らへんからのアングルで写真が撮れます!けど結構難しい! 内カメラにして、スマホを逆さにすると強引だけど載せてる虹色のスカイツリーの写真みたいに撮れます🗼 ③トリトンを楽しむ🍣 電話が来てもすぐ入店できる流れではないので到着して数分待つと入れます。(水族館から歩いて10分以内には到着できます) 席に着くと、お兄さん挨拶してくれるのでこれもまたトリトンの雰囲気がある! タッチパネル操作なので声出さなくても注文できて楽です。 ④お腹いっぱいになったらソラマチ探索! とにかく数え切れないほどのお店がたくさんあります。 美味しいもの、可愛いもの、楽しいもの、時間によって飴細工するシーンが見れたり、プラネタリウムもあるので上映時間を見て予約してその間にソラマチ探索! 休憩スポットが所々あるのでそれも嬉しい! ⑤スカイツリーに登る これも整理券が必要です。(時期によるかも) 混んでる時は朝10時に取りに行って13時の整理券が取れる感じでした。 すっごい高い(語彙力0) 周りに建物がないから不思議な感じ! ちなみに、登れる高さは二段階あるので、ぜひ二段階のチケット買って上まで登ってほしいです! 普段こんな高いところから街を見下ろすこと中々無いので! ⑥まとめ トリトン、スカイツリーは整理券を取りに行ったり、事前に見ておくといいです! いざ食べたい!登りたい!って思ってもあまりの待ち時間に挫折したり、スカイツリーは整理券が4時間後のやつとか諦めたりしたので。。。 もちろんトリトン以外にもおいしいお店たくさんあるので開拓楽しいです♪イチゴ飴とかもある🍓 一人で暇つぶしでも、デートでも、友達や家族とでも楽しめます٩(ˊᗜˋ*) オススメです‼️

②ソラマチダイニング スカイツリービューでお手軽に絶景を

東京ソラマチと同じビルの地上30階と31階の「ソラマチダイニング スカイツリービュー」をご存知でしょうか。スカイツリーの真横に位置しているため、目の前にそびえ立つスカイツリーの姿はもちろん、眼下のスカイツリータウンや、東京の絶景を見渡すことができます。
ダイニングということもあり、フロア内には高級料理店から気軽に立ち寄れるバーまで、さまざまなショップが充実しております。また、フロアへの入場は無料で、ソラマチ地上の1階もしくは6階から展望エレベーターで簡単に上がってくることができます。景色を見渡せる休憩スペースもあるため、ソラマチをめぐる間の一休みの時間をこちらで過ごしてみてはいかがでしょうか。

③水族館やプラネタリウムを楽しもう

東京ソラマチ内部の「すみだ水族館」と「コニカミノルタ プラネタリウム天空」をご紹介します。すみだ水族館では、ペンギンやチンアナゴなどを見ることができ、さらに期間限定イベントも実施しています。また、すみだ水族館や東京スカイツリー、プラネタリウム“天空”の入館チケットをソラマチ内の92の対象店舗で提示することでお得なサービスを受けられることもありますよ。
「プラネタリウム 天空」はスカイツリー・イーストヤード7階にあり、様々なプラネタリウム作品を見ることができます。こちらのプラネタリウムには「三日月シート」と呼ばれる寝転んだ状態で星を眺めることができるシートも用意されています。大人2人での利用ができるので、カップルにオススメです。

詳細情報

コニカミノルタプラネタリウム 天空

東京都墨田区押上1-1−2 東京スカイツリータウン・イーストヤード

3.70 2287

④平日の展望台は比較的空いていておすすめ

「世界最高峰の自立式電波塔」として知られる東京スカイツリー。常に混んでいて待ち時間が長そうと思っている方もいらっしゃるのでは?実は平日は待ち時間が少なく展望台にスムーズに登ることができますよ。休日が入場待ち時間60分以上が当たり前であるのに対し、平日の入場待ち時間は平均15分ほどなんだとか。(※シーズンや時間帯によります。)
晴れた日には目の前に沈む夕日をのんびりと眺めることができるオススメの絶景スポットとなっています。スカイツリーの展望台の混雑予想は公式HPから確認することができるのでぜひ事前に調べてみてくださいね。しかし、平日でも月曜日と金曜日は混雑度が少しだけ増すようなので注意が必要です。

⑤悪天候の日だけの特権 スカイツリーVRを体感しよう

せっかくスカイツリーに来たのに悪天候で全然景色を楽しめそうにない。そんな視界不良時に限定で開催されている「東京スカイツリーVR」というサービスをご存知でしょうか。視界不良時にフロア350で開催されており、4台のヘッドマウントディスプレイで迫力のあるスカイツリーからの様子を楽しむことができます。
提供されている映像コンテンツは展望台窓ガラス清掃を疑似体験できる「体験!東京アオゾラそうじ」と、展望台よりも高い屋外から1日の東京の景色の移り変わりを体感できる「東京スカイツリー®️スコープ」の2種類です。悪天候の日でも楽しい思い出を作れる新しいスカイツリーの楽しみ方をぜひ体感してみてはいかがでしょうか。

⑥夜景を楽しみたいなら21:00過ぎの展望台がおすすめ

スカイツリーの展望台の営業時間は8:00~22:00です。日が沈み夜景が見頃を迎える19:00~20:00は平日であっても展望台内はやや混雑します。落ち着いて夜景を見るのは難しいかもしれません。もし夜遅くまでいる余裕があるようであれば、お勧めしたい時間帯が21:00過ぎです。
21:00を過ぎると大方の観光客の方が地上に降りていき、展望台内は静かに夜景を見渡せるロマンチックな雰囲気を取り戻します。デートにもぴったりです。第一展望台にあたるフロアにはカフェやレストラン、お土産屋さんなどもあるので夜景だけでなく食事なども楽しみながら素敵な時間を過ごすことができそうですね。

詳細情報

⑦地元民も知らない穴場 「押上駅前駐輪場の屋上広場」に行こう

開門時間:20:00まで

押上駅の地上出口を出て、スカイツリーの方向とは反対側、道路を挟んだところに押上駅前自転車駐車場があります。こちらの駐輪場は1日の利用料金が安く、毎日多くの方に利用されています。しかし、こちらの駐輪場にスカイツリーを見渡すための絶好のロケーションの屋上広場があることはあまり知られていません。
こちらの屋上広場はスカイツリーを目の前に見渡せるだけでなく、夜には遊歩道がライトアップされ、静かでロマンチックな雰囲気を演出します。また、真横には線路が敷かれ絶え間なく走る東武線の電車の様子を眺めることもできます。デートだけでなく、子供も大喜びの無料展望スポットです。

詳細情報

見上げるのも見下ろすのも楽しいスカイツリー

今回は東京スカイツリーおよび東京ソラマチ周辺のおすすめの過ごし方をご紹介しました。冬の季節にははイルミネーションも施され、このエリアはより魅力を増すこと間違いないでしょう。ぜひ、ご家族やご友人、デートでスカイツリーに訪れてみてはいかがでしょうか。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する