• はてぶ
  • あとで
これぞザ・非日常。時代の面影を残す国内のスポット10選

皆さんはタイムスリップしてみたいなと感じたことはありませんか。できるならしてみたいですが、現状の科学技術では残念ながらできません。でも国内にはタイムスリップ気分を味わえるスポットならあるんです。そこで今回は、タイムスリップ気分を味わえる古き良き日本の面影を残す国内のスポットをご紹介していきたいと思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】大内宿 / 福島県

まず最初にご紹介するのは、福島県南会津郡下郷町にある「大内宿(おおうちじゅく)」です。この町は江戸時代から残る宿場町で、30軒以上の茅葺屋根の民家が現存しているため、江戸時代にタイムスリップしたかのような気分を味わうことができるスポットになっています。食事は、ネギ一本を箸替わりにして食べるネギ蕎麦や天ぷら饅頭など、自然ゆたかな福島の具材や水を使った美味しい食事を味わうことができます。

詳細情報

【2】江戸東京たてもの園 / 東京都

続いてご紹介するのは、東京都小金井市にある「江戸東京たてもの園」です。武蔵小金井駅からバスで5分ほどの場所にあります。こちらは、歴史的な江戸の建物を復元・保存している屋外博物館です。昔の醤油屋さんや文具店、銭湯など、様々な見所があります。お腹が空いたら園内の昔ながらの建物内でご飯をいただくこともできますよ。

詳細情報

【3】白川郷 / 岐阜県

続いてご紹介するのは、岐阜県の「白川郷(しらかわごう)」です。この白川郷は日本国内で合掌造りの建物が最も多く残る場所で、平成7年には世界遺産に登録されています。特に雪の降る冬の時期に行けば、ライトアップされた合掌造りの建物と一面の銀世界とのコントラストを楽しむことができます。周辺には観光スポットが豊富にあるので、いつもと違った気分の旅行がしたいときにぴったりです。

詳細情報

【4】思い出の潟分校 / 秋田県

続いてご紹介するのは、秋田県仙北市にある「思い出の潟分校(かたぶんこう)」です。昭和49年に廃校となった分校が修復され、一般公開されているこちらのスポット。昔懐かしい教室の様子や使われていた教科書、体育館などが公開されており、昔にタイムスリップしたかのような空間を楽しむことができます。田沢湖周辺にあるため、ぜひ合わせて立ち寄ってみてください。

詳細情報

秋田県仙北市田沢湖潟一ノ渡226

3.43 211

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【5】妻籠宿 / 長野県

続いてご紹介するのは、長野県にある「妻籠宿(つまごじゅく)」です。全国で初めて古い町並みを保存した宿場町として、国の重要伝統的建造物保存地区にも指定されています。この妻籠宿の民宿には実際に泊まることができるので、宿場町を利用した江戸時代の人々に思いをはせながら旅行をすることができます。

詳細情報

【6】倉敷美観地区 / 岡山県

続いてご紹介するのは、岡山県にある「倉敷美観地区」です。ここ倉敷では、運河沿いの景観を歩いて楽しめるだけではなく、舟に乗りながら船頭さんのガイドを聞いて、倉敷の街並みを楽しみことができます。また博物館やおしゃれなカフェなども豊富にあるので、特別な気分になりたいときの旅行先としてはベストなスポットです。

詳細情報

【7】二十四の瞳映画村 / 香川県

続いてご紹介するのは、香川県小豆島にある「二十四の瞳映画村」です。昭和初期の小豆島にあった小学校を舞台とした、12人の子どもたちと先生たちの物語である「二十四の瞳」という映画のセットを保存・公開しているこちらのスポット。昔ながらのレトロな街並みが魅力です。給食を食べたり、映画を見たり、レトロなお土産を買ったりと楽しみ方がたくさんあります。

詳細情報

【8】小樽 / 北海道

続いてご紹介するのは、北海道の「小樽」です。小樽市はもともと港町として栄えた場所で、石炭やニシンの輸出で栄華を極め、今でもその繁栄ぶりは当時建てられた建造物から見ることができます。小樽運河では、船に乗りながら運河沿いに建てられた石造りの建物をはじめとしレトロな街並みを眺めることができます。漁港では新鮮な魚介類を楽しむことができます。

詳細情報

【9】川越 / 埼玉県

続いてご紹介するのは、埼玉県の「川越」です。川越はもともと江戸時代以降、川越藩がおかれ、首都圏の北に位置する舟運の要衝として栄えてきました。小江戸と呼ばれた川越の昔ながらの街並みを見たり、食事や買い物を楽しむことができます。特に最近では「川越氷川神社」などのインスタ映えスポットが数多く存在しているのもおすすめポイントです。

詳細情報

【10】五箇山 / 富山県

最後にご紹介するのは、富山県にある「五箇山(ごかやま)」です。五箇山は白川郷と同じく、合掌造りの集落がいまだに残る数少ない場所として、世界遺産にも登録されているスポットです。和紙の紙漉きなど、気軽に日本の昔ながらの文化を体験できるようなメニューがあります。また合掌造りの建物にも実際に泊まることができるようになっており、そちらもおすすめ。

詳細情報

たまにはいつもと違った体験を

いかがだったでしょうか。現在では数少なくなってしまった古来からの日本の街並みを見に行きたくなりましたか。非日常を経験したくなったら、ぜひ今回ご紹介したスポットに一度訪れてみてはいかがでしょうか。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

siesta0248三度の飯より昼寝が好きです。

このまとめ記事に関して報告する