• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
あなたもきっと息を飲む。“アイスランド”の絶景スポット7選はこれだ

日本から遠く離れた島国アイスランド。飛行機を乗り継いで約20時間。アイスランドという名前の割には、同緯度の国と比べると暖かいんだとか。それでも冬は氷に覆われ最低気温は氷点下を有に下回ります。そんなアイスランドが作り出した絶景の数々をご紹介いたします。(※掲載されている情報は2017年10月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

【1】 The Golden Circle(ゴールデンサークル)

まず最初にご紹介するアイスランドの息を飲む絶景スポットは、「Golden Circle(ゴールデンサークル)」です。こちらはアイスランドの首都であり玄関口のレイキャビークから東に30キロ程度なので近いところにある観光スポットの一つです。
このゴールデンサークルの中でまず最初に見ていただきたいのが地球の割れ目です。大陸プレートの割れ目をこの地域で見ることができます。これは世界中探してもなかなか見つからない絶景スポットなのでアイスランドに行く機会があれば必ず見ておきたいですよね。
ゴールデンサークルにはまだまだたくさんの絶景スポットが眠っています。例えば間欠泉もその一つです、間欠泉とは一定の時間の周期で吹き出す温泉の事で、高温の温泉が時折地中から天空に吹き出ます。
この間欠泉はストロックル間欠泉と呼ばれています。およそ30分に一度のペースで噴水が起こるので1時間も待っていればおそらく絶好のシャッターチャンスはやってくるのではないでしょうか。

詳細情報

  • シンクヴェトリル

【2】 Heimaey(ヘイマエイ島)/ Vestmannaeyjar(ヴェストマン諸島)

2番目にご紹介するアイスランドの息を飲む絶景スポットは、「Heimaey(ヘイマエイ島)」です。こちらはアイスランド本島から南に10キロほど下ったところにあるVestmannaeyjar(ヴェストマン諸島)の中の1つの島です。
ヴェストマン諸島とは、本島から南の15の島と30ほどの小島の総称であり、その中で唯一人が住んでいるのが、ヘイマエイ島である。ちなみにヴェストマンとはアイスランド語で西洋人という意味なんだそう。なんでもアイルランド人が最初に住み始めたことが由来と言われています。
このヘイマエイ島で見ていただきたいのが、Eldfell(エルトフェットル)という火山です。この火山は1973年の大噴火によってできた火山であり、いかにその噴火がすさまじいものであったかを物語っていることから現代のポンペイとも呼ばれています。
また海鳥の楽園としても知られているこちらの島では、パフィンと呼ばれる可愛らしい海取りを見ることもできます。とても愛らしい表情で派手な様相のこの海鳥をぜひファインダーに収めてみてくださいね。

詳細情報

  • heimaey

【3】 Seljalandsfoss(セリャントスフォス)/ 南アイスランド

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する