• はてぶ
  • あとで
日本で2店舗だけ!1%以下の希少コーヒー&ビールを堪能できるスターバックスバーの魅力を7つご紹介

みなさんはスターバックスのコーヒーは好きですか。そんなスターバックスコーヒーの中でも世界に数店舗しかない『スターバックリザーブスバー』。日本では2店舗のみです。ここでは、スターバックスが取り扱うコーヒーの中でも希少性が高いスターバックスリザーブの称号がついたコーヒーや限定メニューが楽しめます!そのほかにもここでしか楽しめない『コーヒー体験』がたくさんありますよ。今回は日本にあるスターバックスリザーブバーの魅力をたっぷりご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

『魅力のコーヒー体験1』日本で2店舗のみの極上スターバックスバー空間

『1店舗目』スターバックスリザーブバー東京ミッドタウン(Starbucks Reserve Bar TOKYO MIDTOWN)

まず最初にご紹介するのは、スターバックスリザーブバー東京ミッドタウン(Starbucks Reserve Bar TOKYO MIDTOWN)です。こちらは、まるで大人のバーのような入口で、バーに入った瞬間から、他では味わえない『コーヒー体験』が始まります。
スターバックスリザーブバーは、スターバックス コーヒー 東京ミッドタウン店の2階にあります。1階は通常のメニューを提供するエリアです。2階のバーに向かう階段を上がる途中では、色鮮やかなスターバックスリザーブのパッケージ達がお出迎えしてくれます。
2階のバーは、ウッディでどこか温かみのあるつくりになっています。バーカウンターのような席が並ぶ大人の空間で、本格的なコーヒーを味わえるのは、スターバックスリザーブバーならではです。1人でもグループでも楽しめる居心地良い空間が広がります。

『2店舗目』スターバックスリザーブバー銀座シックス(Starbucks Reserve Bar GINZA SIX)

2店舗目にご紹介するのは、銀座シックスの6階にあるスターバックスリザーブバー銀座シックスです。こちらのお店は、蔦屋とスタバが融合した空間の一角にひっそりと佇みます。こちらもカウンター席が用意されていて、スタイリッシュな雰囲気の中、コーヒーを堪能することができます。
スターバックスリザーブバー銀座シックスは、銀座シックスの雰囲気そのままに、高級感があり、和テイストな壁画や小物が飾られていて、心地よい空間でゆったりとした時間を過ごすことができます。

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6階

3.08 127

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

『魅力のコーヒー体験2』プロフェッショナルなバリスタ

スターバックス リザーブバーでは、厳しい認定試験に合格したブラックエプロンをつけたバリスタたちが、コーヒーを提供してくれます。こちらのカウンター内でのコーヒーの提供を許されるているのは、ブラックエプロン バリスタのみとのことですよ。
深いレベルの知識と技術をもっているバリスタたちは、その時の気分や好みを聞いて、とっておきの一杯をすすめてくれるので、コーヒーの楽しみ方の幅も広がりそうですね。

『魅力のコーヒー体験3』1%以下の希少コーヒー

世界的にも希少で個性豊かなコーヒー豆である「スターバックス リザーブ」と称されている豆は、1%も満たないとっても厳選された豆です。この豆は、年間25万回以上も風味テストを行っているスターバックスのプロたちが、とことんこだわりぬいて選んだものだそう。
「スターバックス リザーブ」と称されている豆は、常時数種類店舗に用意されていて、香りをかぎながら、自分の好みの豆で入れてもらうことができますよ。もちろん、ブラックエプロン バリスタとお話をしながら、自分の好みを見つけていくこともできます。香りも味もストレートに楽しめ、コーヒーのオイルまでしっかり抽出できると言われているコーヒープレスでいれるのがおすすめです。

『魅力のコーヒー体験4』多彩すぎる抽出方法

サイフォン

スターバックスリザーブバーでは、ここだけで楽しめる内容として、コーヒー豆と抽出方法をバリスタと会話しながら決めていくことができます。抽出方法は、ランプの中の熱でお湯をあたため、ロートと呼ばれるガラスの中でコーヒが踊るサイフォンは、ライヴ感がありとっても人気の抽出方法の一つです。

プアオーバー

その他にも、バリスタの巧みなハンドドリップで好みの一杯をつくってもらえるプアオーバーや、コーヒー豆の魅力を最大限に引き出すために、抽出時間や温度をデジタルで制御するクローバーなど、様々な抽出方法から選ぶことができます。

ナイトロ コールド ブリューコーヒ

タップから出ているのは、ビールのように見えて実はこちらもコーヒです。このナイトロ コールド ブリューコーヒーは、人気の水出しコーヒに窒素を加えることによって、とってもまろやかに仕上げた一品です。こちらは、日本初登場の一品!これを目当てに来店される方も多い人気の淹れ方です。

『魅力のコーヒー体験5』今までにない限定コーヒーメニュー

ICED FORM MACCHIATO (アイス フォーム マキアート)

スターバックス リザーブバーでは、ここでしか味わえない限定メニューがあります。その一つが、アイス フォーム マキアートです。アイス フォーム マキアートは、濃厚なエスプレッソとコールドフォームミルクがつくりだす、とってもクリーミーで繊細な味わいの一杯だそう。見た目も、3層構造で、とっても華やかな一杯と評判です。

ESPRESSO TONIC (エスプレッソ トニック)

エスプレッソ トニックは、今までのエスプレッソは苦いもの!という常識を覆すドリンクです。天然のキナのほろ苦さが効いたトニックウォーターとエスプレッソのコンビネーションがとっても絶妙で、飲んだ後の爽快感が新鮮と評判の一杯です。このような独創的なコーヒーの楽しみ方ができるのもリザーブバーならではです。

『魅力のコーヒー体験6』コーヒー×アルコールの未知体験

COFFEE STEEPED BEER( コーヒー スティープ ビール)

スターバックス リザーブバーでは、アルコールも楽しむことができます。こちらでは、色々な実験的な試みから、コーヒーとビールの出会いという斬新な提案も行っています。この一杯では、コクと旨み、さらには酸味も同時に楽しむことができる新感覚な一杯と話題のメニューになっています。
こちらでは、赤や白ワインも楽しむことができます。コーヒーの香ばしい香りとリザーブバーの雰囲気を堪能しながら、時にはワインを楽しむのも新しいコーヒー体験として一度試してみてはいかがでしょうか。

『魅力のコーヒー体験7』店舗限定アイテム

スターバックス リザーブバーでは、店舗限定アイテムも販売されています。高級感のあるブラウンゴールドのスターバックス リザーブのロゴがデザインされたマグカップは、二重構造のため保温性は陶磁器のものよりも高く、長い時間あったかいコーヒを楽しむことができる機能面にも優れたアイテムです。
柑橘系のような酸味、かすかな甘みとハーブやスパイスが組み合わさったコーヒ「コンゴ レイク キブ」やほのかなフローラルな香りに、シトラスを思わせる風味、さらに麦芽のような甘みが特徴のコーヒー「イースト ティモール ピーベリー」など、店舗限定の豆も購入することができますよ。

極上”コーヒー体験”を楽しもう

いかがでしたか?今回は、日本に2店舗のみのスターバックスリザーブバーの魅力をご紹介しました。コーヒー豆、淹れ方、そして新しい組み合わせを通した、スターバックスの新しい提案を存分に楽しむことができるこちらに一度足を運んでみては、いかがでしょうか。
*掲載されている情報は、2017年11月に公開されたものです。事前にお調べください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Miketrip今まで行った旅行先を中心にご紹介します。コーヒーと青い海が好きです。

このまとめ記事に関して報告する