• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
今年の冬は、あなたの知らない「大分」へ。大分県にある絶景スポット10選

そろそろ冬の旅行を考え始める時期ではないでしょうか。そんなあなたにおススメな旅先は、「大分」。温泉で有名な大分県ですが、たくさんの絶景があるのをご存知でしょうか。今回は、大分の「冬の絶景」を厳選してお届けいたします。温泉とともに、自然と冬の季節が織りなす絶景を楽しんでみませんか。

このまとめ記事の目次

① 金鱗湖(きんりんこ)の湯気 / 大分・湯布院

湯気が立ち込める湖

まず、最初にご紹介するのは、「湯布院の金鱗湖(きんりんこ)」です。ここは湯布院のシンボルともいえる観光スポット。湖に住んでいる魚たちの鱗が夕日で金色に光ることから、金の鱗(うろこ)という名前が付けられました。
そして、冬のおすすめな時間帯は朝です。湖底から温泉が湧いているため、水温が温かい金鱗湖。寒い冬の朝は、それが湯気となり、幻想的な風景を作り出します。冬にしか見ることのできない絶景です。

詳細情報

  • 大分県由布市湯布院町川上
  • 0977-84-3111

② 稲積(いなづみ)水中鍾乳洞 / 大分・豊後大野

冬は暖かな絶景スポット

2番目にご紹介するのは、豊後大野市にある「稲積水中鍾乳洞」です。ここは、日本最大レベルの水中鍾乳洞(しょうにゅうどう)。四季に関わらず、洞窟の中は常に16℃。夏は避暑に最適。逆に最適の冬は暖かく感じられます。
この鍾乳洞(しょうにゅうどう)の始まりは2億年以上前にさかのぼります。1センチメートルの鍾乳石(しょうにゅうせき)に育つまで、100年もの時間がかかると言われています。そんな月日を想像しながら、美しい鍾乳洞を見てみましょう。
1000メートルを超える水中鍾乳洞は、日本でも類を見ない長さ。世界でも珍しいほどに、大きなスケールです。水中に見える鍾乳石も芸術的です。こんな静かで幻想的な空間を歩いてみませんか。

詳細情報

  • 大分県豊後大野市三重町中津留300
  • 0974262468

③ 真玉(またま)海岸 / 大分・豊後高田

干潟の夕陽

3番目にご紹介するのは、「真玉(またま)海岸」です。大分県は、九州の東側に位置するため、海の水平線に沈んでいく夕日を見ることが難しい土地。そんな中、ここは大分県で唯一の夕焼けスポットなのです。
真玉(またま)海岸では、干潮が夕焼けの時間と重なると、素晴らしい景色を作り出します。遠浅の海岸で、夕陽と干潟がシマシマ模様のようになるのです。引潮の時間帯を確認して、訪れてみましょう。吸い込まれそうなくらい、幻想的な絶景と出会うことが出来ます。

詳細情報

  • 大分県豊後高田市臼野
  • 0978-23-1860

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する