• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
体の芯からぽかぽかになろう。この冬食べたい山手線エリアの絶品"激辛グルメ"8選

木枯らし一号が吹いて、いよいよイチョウも色づいてきましたね。凍える体を食べ物や飲み物で温めたくなってくる季節です。冷えた体を温めるには、「辛い食べ物」が一番。唐辛子などのスパイスで体を内側からぽかぽかにしたいですね。今回は、「山手線」エリアで食べることができる、「激辛グルメ」をご紹介したいと思います。(※掲載されている情報は2017年10月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.赤い壺/原宿

まずご紹介するのは、青山にある「赤い壺」です。メディアに多数取り上げられているこのお店、ご存知の方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。「激辛チヂミ」が評判で、辛さを8段階から選択することができます。最も辛い「8辛」のチヂミ、一時期はあまりの辛さにクレーム多数で、提供中止になったこともあるとか。8辛のハバネロチヂミを注文する際は、「誓約書」を書かなくてはなりません。
8辛のハバネロチヂミ、その辛さはもはや「辛い」を通り越して「痛い」そうです。誓約書にビビってしまいそうですが、引かずに一度はチャレンジしてみてください。食後の胃痛を経験するまでが激辛グルメですよ!(※山手線エリアではありますが、原宿駅からは少し歩きます。「表参道駅」がよりアクセスがいいです。)

詳細情報

  • 東京都港区北青山3-5-9レイカーズ青山
  • 0334017883

2.鬼金棒/池袋

次にご紹介するのは、池袋にある「鬼金棒」です。「鬼金棒」と書いて「きかんぼう」と読みます。こちらで味わうことができるのは、「激辛味噌ラーメン」。その辛さの正体は、唐辛子と山椒だそう。味噌のコクと、痛いまでの辛さが病みつきになるラーメンです。
麺ももちもちとしていて美味しいのですが、それが更に激辛スープをからめとって悶絶、、、。中毒性の非常に高いラーメンだそうなので、一度食べたらやめられないかもしれませんね。激辛ファンだけでなく、ラーメンファンの方にも是非食べていただきたいです。

詳細情報

  • 東京都豊島区東池袋1-13-14
  • 0353964202

3.Soup Curry Dining SHANTI/渋谷

つぎにご紹介するのは、池袋にある「SHANTi」です。激辛グルメファンの間では超有名のスープ―カレー店です。こちらのお店のスープカレー、辛さの単位は「ボーガ」で、4ボーガまでの辛さの追加は無料。強者は100ボーガ、200ボーガで頂くそうです。
あまりに100、200とボーガが上がっていくと、それに伴ってサラサラとしたものであるはずのスープカレーがどろどろもったりしたものに変わっていくそうです。聞いているだけで辛そうですね、、、。ただ辛いだけでなく、スパイスの良い香りも堪能できるのでおすすめです。

詳細情報

  • 東京都渋谷区道玄坂2-10-10 世界堂ビル1階
  • 0364169390

4.辛ちゃん/新大久保

次にご紹介するのは、新大久保にある「辛ちゃん」です。新大久保といえば、韓国。韓国といえば、激辛グルメです!こちらの看板メニューは、「激辛フライドチキン」。パリッとした衣と、中から溢れだしてくるジューシーな肉汁がたまりません。
辛さの正体は、「ヤンニョム」。韓国料理にしばしば使われる、辛味の合わせ調味料のことです。とにかく辛い、辛いのですがそれ以上に旨味もインパクトが強く、辛いのにやめられないという素敵な仕様になっています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する