• はてぶ
  • あとで
おしゃれな場所がたくさん!長崎の雨でも楽しめる観光スポット10選

"せっかく長崎旅行に来たけど、雨が降ってしまった…。"そんなあなたに、この記事では長崎の雨でも楽しめるおすすめの観光スポットをご紹介します。長崎には日本中から多くの人が訪れる素敵な観光スポットがたくさんあります。ぜひこの記事を参考に、雨の日も長崎旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. ハウステンボス / 佐世保市

まず最初にご紹介するのは佐世保市にある「ハウステンボス」です。長崎県の観光スポットといえば、こちらを想像する方も多いのではないでしょうか。広大な敷地に広がる可愛らしい建物や花々、アトラクション、冬のイルミネーションなどが魅力的なこちらのスポット。敷地内の「アンブレラストリート」は約130メートルの通りにおよそ1,000本もの傘がならび、雨の日でも傘をささずに歩くことができるんです。雨で落ち込んでしまいがちな気分も、カラフルな傘を見れば明るくなりそうですね。

詳細情報

【営業時間】日によって異なります。公式ホームページにてご確認ください。
【定休日】年中無休
【料金】プランによって異なります。公式ホームページにてご確認ください。

長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1 ハウステンボス

4.70 2196502

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. グラバー園 / 長崎市

続いてご紹介する長崎の雨でも楽しめる観光スポットは長崎市の「グラバー園」です。グラバー園はグラバー商会を設立したトーマス・ブレーク・グラバーの邸宅を中心に明治時代の洋館を集めた洋風建築様式の住宅群と庭園です。グラバー邸はとても眺めの良い場所にあるので、長崎の街を一望できる絶景ポイントでもあります。雨の日でも洋館の中の見学を楽しめます。

詳細情報

【営業時間】8:00~18:00(21時までの夜間開園を実施している期間があります。公式ホームページをご確認ください。)
【休館日】年中無休
【料金】620円

3. 祈りの丘絵本美術館 / 長崎市

続いてご紹介するのは「祈りの丘絵本美術館」です。先ほどご紹介したグラバー園からほど近いところにあるこちらのスポット。1階がこどもの本を販売しているお店になっていて、2階と3階が美術館のフロアになっていて常設展や企画展が開催されています。"美術館ってちょっと堅苦しいイメージがあるかも…"という方でも大丈夫。比較的カジュアルな雰囲気なので、若い人からも幅広い支持を集めている美術館なんです。

詳細情報

【営業時間】10:00~17:30 (最終入館は17:00)
【定休日】毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月30日 ~ 1月3日、展示入替日
【料金】300円

長崎県長崎市南山手町2-10

3.53 1139

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4. 長崎原爆資料館 / 長崎市

続いてご紹介するのは「長崎原爆資料館」です。とても近代的でおしゃれな外観をしたこちらの資料館。もちろん雨の日でも館内を見学することができます。資料館の内容は後世に伝えなくてはならない戦争の悲惨さ、原爆のむごさ怖さを私たちに語りかけます。長崎に来たなら、一度は訪れたい大切な場所です。

詳細情報

【営業時間】8:30~17:30 ※時期により閉館時間に変化あり
【休館日】12月29日~12月31日
【料金】200円

長崎県長崎市平野町7-8

3.80 2299

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5. 長崎電気軌道 / 長崎市

続いて5番目にご紹介するのは「長崎電気軌道」です。長崎電気軌道とは長崎の路面電車で、市内をあちこち走っています。130円と低料金なので、長崎の観光をするなら長崎電気軌道を使うのがおすすめです。雨の日でも乗車すれば、趣ある長崎の街並みを堪能することができます。

詳細情報

【営業時間】9:00から19:59までは各系統で定められた間隔で運行
【定休日】年中無休
【料金】130円(乗り切り制)

6. 長崎新地中華街 / 長崎市

次にご紹介するのは、「長崎新地中華街」です。こちらも長崎の代表的な観光地の1つで、横浜、神戸と肩を並べる日本国内の中華街です。古くから中国からの貿易品を取り扱う倉庫を作るために埋め立てられたことから、この街が生まれました。中国の街並みや中華のグルメを堪能することができます。

詳細情報

4.05 61397

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

7. 長崎県美術館 / 長崎市

続いてご紹介する長崎の雨の日でも楽しめる観光スポットは「長崎県美術館」です。こちらは、JR長崎駅から歩いておよそ18分ほどのところにある美術館。無料で入館することができ、コレクションの数々を楽しむことができます。敷地内にはカフェが併設されているので、まったり楽しみたい方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

詳細情報

【営業時間】10:00~20:00(事業により時間を変更することがあります。)
【定休日】毎月第2・第4月曜日(休日・祝日の場合は火曜日が休館)、年末年始(事業により時間を変更することがあります。)
【料金】無料

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する