• はてぶ
  • あとで
英語が分からなくても楽しめる。本場ニューヨークで“体感”したいミュージカル8選

ニューヨークといえば、ブロードウェイミュージカル。せっかく訪れるなら1作品だけでも観ておきたいけれど、英語は苦手だし舞台作品にあまり馴染みがない、という方も少なくないと思います。そこで今回は、NYで上演されているミュージカル作品の中から、英語があまり分からなくても楽しむことのできるミュージカル作品を8つご紹介します。(※掲載されている情報は2017年11月に公開されたものです。最新の上演情報は必ず公式サイトにてご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】STOMP (ストンプ)

1つ目にご紹介するNYのミュージカル作品は、イースト・ビレッジの”Orpheum Theaters”で上演されている「STOMP (ストンプ)」です。オフブロードウェイの代表的な作品で、足を踏み鳴らす音や、道具を使って生み出す音など、演者が生み出す音のみによって進められていきます。
もちろん言葉は一切使われないので、英語が分からなくても大丈夫。踊りと音楽の要素が盛り沢山のエンターテイメントで、どなたでも楽しむことができます。1994年から上演されている人気作品なので、一度は観てみることをおすすめします。

詳細情報

126 2nd Ave, New York, United States

写真を投稿する
3.01 05

【2】Gazillion Bubble Show (ガジリオン・バブル・ショー)

2つ目にご紹介するNYのミュージカル作品は、ミッドタウン・ウェストの”New World States"で上演されている「Gazillion Bubble Show (ガジリオン・バブル・ショー)」。シャボン玉アーティストとして知られるベトナム系カナダ人のファン・ヤンが創り出したバブル・ショーです。
様々な大きさのシャボン玉と照明が幻想的な世界を創りだす、エンターテイメント性の高いショーです。上演時間は1時間20分程度で、英語力は必要ないので、子供から大人まで気軽に楽しむことができますよ。

詳細情報

340 West 50th Street

写真を投稿する
3.00 03

【3】Blue Man Group (ブルーマン・グループ)

※画像はイメージです

3つ目にご紹介するNYのミュージカル作品は、イースト・ビレッジの”Astor Place Theatre”で上演されている「Blue Man Group (ブルーマン・グループ)」です。全身をブルーに塗った三人の男性パフォーマーによるコメディで、言葉を発さないので英語力は不要です。

※画像はイメージです

※画像はイメージです

チューブで飾り付けられた天井が印象的な舞台で、時に観客を巻き込みながらユニークなパフォーマンスを展開していきます。ストーリー性もあまりないので、舞台作品に馴染みがない方でも気軽に楽しむことができますよ。

詳細情報

434 Lafayette St, New York, United States

写真を投稿する
3.05 00

【4】Sleep No More (スリープ・ノー・モア)

4つ目にご紹介するNYのミュージカル作品は、チェルシーの”The McKittrick Hotel"で上演されている「Sleep No More (スリープ・ノー・モア)」です。観客体験型の舞台作品で、観客は白い仮面をかぶり、閉館したホテルの中を歩き回ります。
ホテルの中には様々な仕掛けやパフォーマンスの用意された部屋が約100部屋あり、どんな巡り方をするか、何に出会うかは観客次第。地上5階、地下1階の建物を歩き回るので、動きやすい服装で参加することをおすすめします。日本ではなかなか観ることのできない上演形態なので、一度体験してみることをおすすめします。

詳細情報

542 W 27th St, New York, United States

写真を投稿する
3.00 03

【5】Cats (キャッツ)

5つ目にご紹介するNYのミュージカル作品は、ミッドタウン・ウェストの”Neil Simon Theatre”で上演されている「Cats (キャッツ)」です。日本でも上演されている、誰もが知る人気ミュージカル作品です。
歌や台詞はありますが、ストーリー自体がシンプルなので少し予習しておけば大丈夫。巨匠アンドルー・ロイド・ウェバーが作曲を手掛けた名曲の数々が、本場ならではの素晴らしい歌声で披露されます。豊富なダンスシーンも見応え抜群。オーソドックスなミュージカル作品を堪能したい方にはぴったりの作品です。

詳細情報

250 W 52nd St, New York, United States

写真を投稿する
3.08 03

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する