• はてぶ
  • あとで
ひとり旅×夢の景色。友達に自慢したくなる“夢の絶景旅”スポット10選

最近人気のひとり旅。時間を気にせずに好きな場所を巡ったり、好きなだけ景色を堪能したり。それぞれの楽しみ方があるひとり旅ですが、今回は「ひとり旅×夢の景色」で絶景スポットをご紹介。友達に自慢したくなっちゃうような絶景の数々、ぜひご覧ください。(なお情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ひとり旅×夢の景色

ひとり旅といえば時間を気にせずに好きな場所を巡ったり、好きなだけ景色を堪能したり。それぞれの楽しみ方があるひとり旅ですが、今回は「ひとり旅×夢の景色」で絶景スポットをご紹介。夢のような地球の絶景をご覧ください。

1. リッフェルゼー / スイス

まず最初にご紹介する夢の景色はスイスにある湖「リッフェルゼー」です。アルプス山脈の名峰、標高4,478mのマッターホルンと湖に映る"逆さマッターホルン"を見ることができるスポットです。
湖へは麓の街ツェルマットとゴルナーグラートの山頂を結ぶゴルナーグラート鉄道の「ローテンボーデン駅」で途中下車して向かいます。マッターホルンを眺めながら鉄道で登っていくのがとても気持ち良いですよ。

詳細情報

2. テカポ湖 / ニュージーランド

つづいてご紹介する夢の景色はニュージーランドにある「テカポ湖」です。春になると湖畔にはルピナスが咲き誇りとても美しい景観を作り出します。しかしさらに美しい景色が夜になると広がるんです。
それがこの星空。夜空を覆い尽くす星の数々、言葉にできないほど美しい景色が広がります。美しすぎるこの星空は世界一とも言われ、世界遺産に登録されるために動いているのだそう。星空好きはぜひとも訪れたいスポットです。

詳細情報

3. アルベロベッロ / イタリア

つづいてご紹介する夢の景色はイタリアにある街「アルベロベッロ」です。世界遺産にも登録されているアルベロベッロのトゥルッリは石積みのとんがり屋根と真っ白な壁が特徴的。まるで違う世界に迷い込んだかのような景色のなかを散策することができます。
ハートマークや十字架マークが描かれている屋根もあり、とてもかわいらしい街です。南イタリアはすっきりと晴れるのが特徴。青い空によく映えるトゥルッリが絶景です。トゥルッリに泊まることもできるんですよ。

詳細情報

Via Monte Pertica, 7, 70011 Alberobello BA, Italy

3.18 1234

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4. ラベンダー街道 / フランス

つづいてご紹介する夢の景色は、フランスに広がる「ラベンダー街道」です。一面に広がる紫の世界、まさに夢のような景色ですよね。この景色は南仏プロヴァンス地方で夏の期間に見ることができます。
なだらかな丘陵の地に広がる紫の絶景。見頃は毎年6月下旬頃から8月いっぱいまで。栽培地であるため9月には全て摘み取られてしまいます。どこまでも広がるラベンダー畑はまるでおとぎ話のようです。

詳細情報

3.65 023

5. ホビット村 / ニュージーランド

つづいてご紹介する夢の景色は「ホビット村」です。こちらもまたニュージーランドにあるスポットです。ワイカト地方にあるこのマタマタという町は映画「ホビット」の撮影で実際に使われたのだそう。丘の途中には可愛らしい家が顔を出し映画の世界観そのままの景色が広がっています。
本当に映画で使われていただけあってリアリティも抜群。背が小さいホビットに合わせて
家の扉も小さく作られているのだとか。扉の先では本当にホビットが暮らしているようで好奇心をくすぐられます。

詳細情報

501 Buckland Rd, Hinuera, New Zealand

3.33 1295
ここは映画の世界

絶対逃せないポイントです。 映画の世界そのまま! ここは管理オフィスからバスでしか行けません。私はネットで事前予約をして、レンタカーで管理オフィスまで行きました。事前予約はしなくてもすぐ参加できそうですが、もし満席だった場合、時間潰せるのは小さなお土産屋さんか二階にあるカフェしかありません。郊外にポツンとある施設なので、時間潰しがなかなかできないかも。待ちたくない人は事前予約が絶対おススメです。 バスで10分ほど移動しますが、バスのなかなかでもビデオで当時の話が聞けて、退屈しません。なぜその土地に作ったか…など裏話も沢山でした。そこからは全て英語です。2018年時点では日本語ツアーはなかったと思います。撮影当時の話をとても詳しく説明してくれるガイドさん付きなので、英語がわかる方がいるとより楽しめます。 ツアーの最後は一杯の飲み物付きです。私はドライバーだったので、アップルジュースみたいな物にしましたが、アルコール入りのドリンクもあります。 あて、時間に緩和なガイドなので、写真を撮る時間もしっかりもらえますし、ガイドさんもとてもフレンドリーです。英語が得意じゃなくても、あの世界観で絶対に楽しめます!おススメとしては、飛行機で映画全シリーズが観れるので、シャイアの場面を再度見ておくと、「あー!あの場面ね!」と楽しめると思いますよ。ぜひ!

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6. ノイシュヴァンシュタイン城 / ドイツ

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • この春一人きりで「春」を贅沢に味わいに行く旅に出てみてはいかがでしょうか?見た…

  • 一度きりの人生、やりたいことやれてますか?日々の忙しい仕事や学校生活の中でも、…

  • 誰かと一緒に過ごす時間はかけがえのないものですが、たまには1人の時間も必要。カ…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する