• はてぶ
  • あとで
秋の京都旅にはフォトジェニックが欠かせない!京都の“自然を感じられる”カフェ7選

紅葉が綺麗な季節はやってきました。今年の秋の京都旅には、紅葉を見るだけではなく、綺麗な自然景色を撮り入れた、フォトジェニックなカフェにも行くべき!ということで今回は、京都にある「自然を感じられるカフェ」を厳選してご紹介します。(※掲載されている情報は2017年11月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

[1]WIFE&HUSBAND/ 北大路

最初に紹介したい、京都にある自然を感じられるカフェは「WIFE&HUSBAND」です。京都の鴨川の隣にある、古民家をリノベーションした小さなこのカフェは、鴨川の前で、おしゃれなピクニックができるんです!
ここの「ピクニック」メニューは、たっぷりの珈琲を入れた魔法瓶、カップと小さなお菓子が入っているバケット、テーブルクロスが提供され、またアンティークの丸いすとテーブルなども借りることができます。これらを川の前に置くだけで、とってもフォトジェニック。
特に、最近は秋が深まってきた代わりに、暑すぎず寒すぎないピクニック日和な気候なので、青空の下、原っぽの上、川の前という最高なローケーションで、おしゃれなピクニックをして、川の流れのようにゆったりとした時間が過ごすのはいかがでしょうか?

スポット情報

WIFE&HUSBAND

京都府京都市北区小山下内河原町106-6

3.56 771
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[2]1er ETAGE/ 河原町

次に紹介したい、京都にある自然を感じられるカフェは、河原町にあるドライフラワーカフェ「1er ETAGE」です。京都の蔦(ツタ)に覆われた建物の2階に、沢山のドライフラワーと、少しの喫茶スペースを持つ素敵な空間です。
ドライフラワー専門店なので、店内にある植物がすべてがおしゃれで、その独特な香りが漂ってて幸せな空間。カフェで少し休憩して、そのあと好きなドライフラワーを選んで花束を作るのがとっても楽しいんです。
京都なので、もちろん抹茶ラテとほうじ茶ラテは一押しです!香ばしいお茶とミルクを調和して、カップに口をつける瞬間、お茶のいい香りがふわっとします。次回の京都へ女子旅には、ドライフラワーのカフェに行ってみませんか?

スポット情報

1er ETAGE

京都府京都市中京区御幸町通六角下ル伊勢屋町342

3.92 22545
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[3]Clamp Coffee Sarasa/ 二条

3つ目に紹介したい、京都にある自然を感じられるカフェは、二条城近くの路地奥にある「CRAMP COFFEE SARASA」です。カフェの外にたくさん植物を植えており、外観からとってもフォトジェニック。
ガレージ系の店内がとにかくオシャレです。大きなガラス窓から、光が入り、外の緑も見えます。本を読みながら美味しい珈琲飲んでゆったりな時間を過ごせるんですよ。
おすすめメニューはこちらのフレンチトーストです。アイスとたっぷりのフルーツが入っており、インスタ映えに間違えないです。営業時間が早いので、朝ごはんにもぴったり!

スポット情報

CLAMP COFFEE SARASA

京都府京都市中京区西ノ京職司町67-38

3.37 9113
忘れられていたのかな?残念すぎる思い出

Instagramを見ていて、とても素敵なお店だったので行ってみたく、当日のストーリーもチェック。開いているのを確認して、楽しみにしていました。 表通りからは少し分かりづらいオシャレな入口。 先にオーダーしてから席に着くスタイル。 メニューは文字のみで写真はありません。 季節のドリンクを尋ねると、「生姜だったんですが、もう終わりました」とのこと。 自家製レモンスカッシュにしました。 友人はInstagramで#チーズケーキになっていたメニューが気になっていて、「チーズケーキはマーブルカラーのですか?」と聞くと、「それはかぼちゃのシーズナルだったものです」との回答。 ...。 友人はミルクコーヒーのソイのみに。 「空いてるお席でお待ちください」とのこと。 窓側のカウンターで待つことに。 11:07に訪問、レシートは11:10。 貰っておいてよかった。 待てども待てども出てこない。 あとから来た方のドリンクやトーストはとっくに提供されているのに。 11:50になり、「すみません、40分待っているのですがまだですか?」と聞きに行くと、「あっ!」と言ってから目の前でウィルキンソンをいれたソーダが... 「お待たせしました」も「すみません」もない。 11:52ドリンクを受け取る。 飲んですぐ出ました。 物凄くオシャレな店内。 ドリンクは美味しかったけど、ドリンクのみはダメだったのかな。 だとしたら「ドリンクのみはお断り」表示が欲しかったな。 普段、お店に対する評価は甘めな私ですが、残念すぎたので自分への戒めとして記録しておくことに。 ※24h以上経ったので公開

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[4]Vermillion-cafe./ 稲荷

4つ目に紹介したい、京都にある自然を感じられるカフェは、伏見稲荷大社のそばにある「Vermillion-cafe.」です。伏見稲荷の隣にありますが、観光地の人混みを避けて人が少なくてゆっくりできる空間です。
店内奥のテラス席は境内の池に面しており、緑に囲まれています。キラキラな木漏れ日と爽やかな風があり、最高な空間です。日本人が少ないため、まるで海外にいるように、隣のお寺を見ると、すごく不思議な気分になりそう。
店長が長年暮らしたメルボルンのカフェをイメージし、「旅先こそ、いつもの一杯が嬉しいから」と、ラテの美味しさにこだわっています。マフィンやケーキをお供に、最高な読書の時間を楽しめます。

スポット情報

[5]ARABICA Kyoto/ 嵐山

5つ目に紹介したい、京都にある自然を感じられるカフェは、嵐山の渡月橋のそばにある「アラビカ京都」です。%マークが目印、世界中から京都へ訪れる観光客を魅了しこの地を代表するカフェです。
%マークが入っている可愛いカップ以外に、このカフェの建物自身も見事です。和風の小屋に、白を基調とした洗練な空間、そして店内からも絶景が!
基本テイクアウト形式なので、桂川のほとりでのんびりコーヒーがおすすめです。山と川に面して、珈琲を並べたら素敵な写真が撮れること間違いなし!

スポット情報

[6]eX cafe/ 嵐山

6つ目に紹介したい、京都にある自然を感じられるカフェは、「イクスカフェ 嵐山本店 (eX cafe)」です。カフェ内に日本庭園をもつ和の雰囲気が漂うお洒落なカフェで、外観も渋くて綺麗です。
店内にはソファ席や和室など様々なテイストが融合しています。一番人気なメニューはこちらの焼きたてのお団子をお抹茶のセットです。自分で焼いて食べるのが思わず楽しくなります。そして庭と合わせて綺麗な写真を撮れそうですね。

スポット情報

eX cafe 京都嵐山本店

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-3

4.16 66613
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[7]お茶と酒たすき/祇園四条

最後に紹介したい、京都にある自然を感じられるカフェは、「お茶と酒たすき」です。お店に入るまでの道がすでにお洒落で、京都だという素敵な雰囲気を醸し出しています。お店自体は昼は喫茶として、夜はバーとして営業しています。
おすすめしたいのは月ごとに変わる1ヶ月限定のかき氷!2017年11月の限定のかき氷は、こちらの「生キャラメルソースで仕上げた紅玉りんごのシブースト」です。ソースがたっぷりかかりかき氷の中に、バターでソテーしたシナモン薫る紅玉りんごがゴロゴロ。
とても景色が良いので、窓際の席がおすすめです。暖かい部屋に冷たいかき氷なんで至福。かき氷以外にも他の和菓子を提供しているため、京都で和菓子を食べたい人が是非!

スポット情報

秋の京都を満喫しよう!

いかがでしたか?日本らしさと流行を取り入れた京都のカフェ。秋の京都旅行に絶対欠かせたくない、綺麗な自然景色を感じられる京都のフォトジェニックなカフェ。今年京都へ行く際は、ぜひここで紹介されたカフェにも足を運んでみて!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する