• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
一生に一度は泊まりたい豪華宿!由布院の高級旅館 「御三家」に泊まりたい8つの理由

"湯布院"といえば、"一生に一度は行ってみたい温泉"として全国的に不動の人気を誇る温泉地です。湯布院の魅力の大部分を占めるのが、素敵な宿の多さにあります。そんな湯布院で"御三家(ごさんけ)"と呼ばれる憧れの高級旅館があるのをご存知ですか? 今回は、そんな素敵な3つの宿を徹底的にご紹介していきます。(※掲載されている情報は2017年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

1.湯布院が最高の温泉だから

PIXTA
なぜ大分・湯布院が最高なのか。それは、湯布院が日本でもトップクラスの温泉地だからなのです。温泉の湧出量は、全国2位。そして、温泉の源泉数も全国2位。豊かな源泉を持つ温泉地なのです。
by U N
その立地や自然環境も素晴らしい場所です。別府は標高450メートルの高地にある盆地。夏は、避暑地としても人気があります。また、温泉が湧き出る湖として有名な「金鱗湖」では、冬の朝に湯気が立ち込めるという珍しい絶景を見ることが出来ます。

2.湯布院の"御三家"の何がすごい?

湯布院の"御三家"と呼ばれている宿は、"亀の井別荘"、"由布院 玉の湯"、"山荘 無量塔(むらた)"の3つの宿。この3つの宿がなぜすごいのか。まず、この3つの宿は、老舗の宿です。しかも、湯布院を「東の軽井沢、西の湯布院」と呼ばれるまでに開発をすすめてきた宿でもあるのです。
湯布院は温泉地ですが、昭和の温泉地のようなネオン街はありません。田園風景や森林の中にある宿が多く、ゆったりとした滞在が出来ることで有名です。そんな湯布院の街を守ってきたのが、御三家を中心とした老舗宿なのです。そんな御三家の宿をもっと詳しくご紹介していきましょう。

3."亀の井別荘"の1万坪の敷地

まずご紹介するのが、「亀の井別荘 」。この宿は、なんと1万坪(およそ30,000平方キロメートル)の敷地を持っています。湯布院のシンボルである金鱗湖につながる庭は、この宿が誇る絶景のひとつです。
客室は、まず本館に洋室6室があり、あとは離れの和室15室のみ。なんと、特別室は120平方メートルもの広さがあります。広大な敷地があるからこそ、静かな庭に囲まれながら、極上のくつろぎの時間を過ごすことが出来るでしょう。
大浴場は、庭に囲まれた「草の湯」、星空を見ることが出来る「星の湯」の二つ。24時間、好きなタイミングで入ることが出来ます。また、離れには、露天風呂や内風呂付きのお部屋があり、ゆったりと温泉を楽しむことが出来ます。

4."亀の井別荘"のカフェも素敵

天井桟敷(てんじょうさじき)

そして、亀の井別荘には、人気カフェも併設されています。その名も「天井桟敷」。江戸末期の造り酒屋の建物を移築し、レトロなカフェを作り上げました。レトロな雰囲気がたまらないカフェです。
名物スイーツは、生クリームにクリームチーズとラムレーズンを使った「モンユフ」。湯布院温泉の源である由布岳をモチーフにしています。また、夜になると、素敵なバー「BAR 山猫」に姿を変えます(※19時から24時まで)。

5.全てが離れの宿「由布院 玉の湯」

次にご紹介するのは、「由布院 玉の湯」。ここは10,000坪の敷地の広大な宿。雑木林の中、15棟17室の離れ客室が点在しています。木々のマイナスイオンを感じながら、部屋付きのお風呂を楽しむことも出来ます。
居心地の良い客室は、いつまでもここにいたいと思うほど。部屋付きのお風呂のほか、大浴場もあります。内風呂、露天風呂はいずれも檜(ひのき)のお風呂。夜は24時30分まで、朝は5時30分から利用することが出来ます。
そして、おすすめなのがやはりお庭。日本の原風景を感じるような雑木林には、静けさの中に開放感があります。とにかく穏やかな気持ちで、ゆっくりとした時を過ごしたい人には、おすすめの宿です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する