• はてぶ
  • あとで
休日に家でダラダラやめにしない?関東地方の日帰り絶景スポット8選

平日のお仕事お疲れ様です。平日の疲れを癒やしたいあなた。今週も家でダラダラと過ごしてしまうのですか?そんなもったいない休日の過ごし方はもうやめましょう。そこで今回は「休日に家でダラダラやめにしない?関東地方の日帰りで行ける絶景スポット」を紹介していきます。(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 原岡桟橋 / 千葉

まずご紹介するのは“原岡桟橋(岡本桟橋)”です。千葉県にある原岡桟橋(岡本桟橋)は、CMやロケの舞台になった夕景スポット。夕陽を見ながら潮風を体で感じることのできるスポットです。週末にゆったりとした時間を過ごしたいあなたにおすすめです。
そんな“原岡桟橋(岡本桟橋)”は、天気が良いと富士山も見ることができて夕日とコラボレーションを見ることができるのだとか。そんな景色が私達の心に癒やしを与えてくれるような絶景スポットです。

詳細情報

日本、千葉県南房総市富浦町原岡210−1

3.54 10106

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. 明智平ロープウェイ / 栃木

続いて紹介するのは、栃木県日光市にある「明智平ロープウェイ」です。日光と言えば、様々な紅葉スポットがあることで有名な場所ですが、そんな紅葉の名所を一度に見渡せるのが、こちらのロープウェイに登った先にある展望台なんです。
標高1,373メートルにある展望台からは、華厳の滝や中禅寺湖を一望でき、雄大な自然を感じることができます。紅葉の見頃は10月中旬から11月上旬頃まで。紅葉だけでなく、冬の真っ白に染まった景色も素晴らしいので、是非秋と冬の両方のシーズンに訪れてみてくださいね。

詳細情報

3. 国営ひたち海浜公園 / 茨城

3番目に紹介するのは茨城県にある「国営ひたち海浜公園」です。開園面積がおよそ200hPaという広大な国営公園。こちらの公園では、10月中旬ごろになると園内のコキアが赤く色づき、あたり一面が真っ赤に染まった絶景を見ることができます。
春にはチューリップなど、夏にはヒマワリなど、秋にはコスモス、冬にはアイスチューリップやロウバイなど春夏秋冬楽しめるスポット。広大な一面に咲いた美しい四季折々の花。ドライブデートにもおすすめのスポットです。

詳細情報

4. 濃溝の滝 / 千葉

4番目に紹介するのは千葉県君津市にある“濃溝の滝”です。濃溝の滝は、InstagramなどのSNSで話題になった絶景スポット。写真のような光がハートに反射した景色は、3〜4月と9〜10月の早朝のみ出現する幻の絶景です。
若い新緑の季節にも美しい絶景をみれますが、秋には美しく染まった紅葉と差し込む光のコラボレーションも見ることができるそうです。洞窟の近くには「幸運の鐘」があり、カップルで訪れてみるのもおすすめですよ。

詳細情報

5. 神磯の鳥居 / 茨城

続いてご紹介するのは茨城県にある“神磯の鳥居”です。「大洗磯前神社」にある海中の岩上に建っている鳥居。こちらのスポットは日本を代表する日の出の名所です。写真好きの人たちからも人気の高いスポットなのだとか。
そんな“神磯の鳥居”は、平安時代に海岸の岩礁に神が降り立ったという伝説があります。まるで神様が降り立ったかのような神秘的な絶景が広がります。そんな鳥居と海を照らす朝日が拝みたくなるほど美しい絶景を見せてくれます。

詳細情報

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890

4.42 791033

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6. 北条海岸 / 千葉

6番目に紹介するのは“北条海岸”です。千葉県にある北条海岸から見る夕日はSNSでも話題になったスポット。5月中旬、7月下旬には「ダイアモンド富士」を見ることもできるのだとか。例年夏には海水浴客で賑わいます。
そんな“北条海岸”は、「夕日がきれいな町」と呼ばれている館山市が誇る夕景スポット。沈む夕日が富士山と被って幻想的な夕景を創り出す絶景スポットです。夕方のノスタルジックな世界に癒やされたいあなたにおすすめです。

詳細情報

7. 袋田の滝 / 茨城

7番目に紹介するのは茨城県にある日本三名瀑の一つ、「袋田の滝」です。袋田の滝は、写真にもあるように冬季になると滝が凍結して、まさに時が止まったかのような不思議な世界を私達に見せてくれます。また、秋の時期の紅葉と滝のコラボレーションも最高です。
“袋田の滝”は、滝が完全に凍結しない年もあるようです。凍結情報などは事前に調べてから訪れることをおすすめします。そんな運が良くないと見ることのできない奇跡的な絶景を今年の冬は見に行きませんか。

詳細情報

8. 三十槌の氷柱 / 埼玉

最後にご紹介するのは埼玉県にある“三十槌の氷柱(みそつちのつらら)”です。三十槌の氷柱は常に見れるわけではなく、冬の季節のみ姿を現します。毎年1月、2月の厳冬期が見頃。冬の奥秩父が生み出す「氷の芸術」と言われています。幻想的な絶景を見ることができるスポットと言えるでしょう。
そんな“三十槌の氷柱(みそつちのつらら)”では例年「大滝氷まつり」のライトアップが開催され、さらに幻想的な世界を見せてくれます。イベントの詳しい開催時期はホームページ等でご確認の上、訪れてみてくださいね。

詳細情報

休日に絶景との出会いを

いかがでしたか。あなたの気に入った「休日に行きたい関東地方の絶景スポット」はありましたか。休日にだらだらと家で過ごしてしまうとなんかもったいない気がしませんか?休日は絶景を見に行ってストレス発散しましょう!(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

fuyuno_asa冬の早朝が好きなタイプです。

このまとめ記事に関して報告する