• はてぶ
  • あとで
東京都が誇る自然の楽園。新島・式根島2泊3日贅沢旅行プランをご紹介

ああもうこんな時間だと時間に追われる日々を過ごす皆さん。時間に追われているといつしか心も身体も疲れてきてしまいますよね。そんな心と身体が疲れ切ってしまった時に訪れたい、時間を忘れる贅沢TRIPができるスポット、東京都の新島・式根島2泊3日のおすすめプランを紹介します。(本記事は記事掲載時点の情報に基づき作成されています。詳細は各スポットの公式情報にて事前確認することをおすすめいたします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

~1日目~

【10:00】新島到着

新島へ行く船は夜に出航する大型船と、朝に出港するジェット船の2種類が運行しています。どちらも東京の竹芝桟橋から出航しており、大型船でおよそ10時間半、ジェット船でおよそ2時間半となっています。飛行機を利用する場合は、“調布空港”から新島空港まで約40分という短い時間で訪れることができます。
※ 画像はイメージです

※ 画像はイメージです

新島を効率的に観光するにはレンタルサイクルをオススメします。自然がたくさん残されている島なのでアップダウンがきつい場所はあるので、免許を持っている場合はレンタルバイクやレンタカーという移動手段もありますよ。

【11:00】さっそくランチへ

おすすめ1:かじやベーカリー

新島に到着したら、さっそくお腹がすいてきましたね!まず初めにご紹介するのは「かじやベーカリー」。新島で人気のパン屋さんで美味しいパンを購入しましょう!種類の豊富な出来たてのパンが並んでいます!サンドイッチは、小窓で注文すると、目の前で作ってくれるそうですよ。
ハンバーグや魚フライ、ソーセージのお惣菜パンから、メロンパンやあんぱんなどの、菓子パンまで、豊富なラインナップが揃っています。テラス席で食べることも出来ますが、この後向かう、羽伏浦海岸で海を眺めながら、食べることもおすすめします!

詳細情報

東京都新島村本村1-8-6

3.11 010

おすすめ2:POOL

続いてご紹介するのは島屈指の人気カフェ「POOL(プール)」。こちらでは、お店が所有する畑で育てた新鮮な自家製野菜や島野菜を使用した食事をいただくことができます!メインの料理はもちろん、付け合わせの料理まですべて手作りとなっております。
店内にはブルーのテーブルがあり、”海”を感じることのできる温かみのある空間となっております。ランチではカラーやロコモコなどをいただくことができますよ。オシャランをしたい方はぜひ足を運んでみてくださいね!

詳細情報

東京都新島村本村2-9-23

3.12 142

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【13:00】羽伏浦海岸で写真撮影

続いて向かうのは「羽伏浦(はぶしうら)海岸」です。青い海と空が視界いっぱいに広がるのはもちろんですが、ここには海岸に入る前に真っ白な建物があります。ここが新島で1番フォトジェニックなスポットです。
砂浜に降りると、約7kmもあるかなり長い海岸線を眺めることができます。海と空だけでなく、海岸から少し左側を見てみると緑に覆われた荒々しい山がそびえたっています。天気に恵まれた日は、最高な思い出が作れそうですよね。

詳細情報

【15:00】新島のアートに触れる

腹ごしらえが済んだら新島のアートに触れるために「新島ガラスアートミュージアム」と「本村前浜」に行きましょう。ユニークかつ美しいガラスの芸術品がたくさん展示されている新島ガラスアートミュージアムの隣接する施設では自分自身でガラス細工を作成できる体験も行っています。
「海岸に並ぶモアイ像と壁のアート」もおすすめです。新島の名産品であるコーガ石で作られたモアイ像や石のアートが海岸沿いに並んでいます。渋谷のモアイ像も新島産なんだとか。モアイ像と一緒にたくさん写真を撮るのもいいですよね。

詳細情報

東京都新島村本村

3.04 04

【17:00】石山展望台で絶景の夕日を眺望

夕方、美しい夕日を見たいときに訪れたいのは「石山展望台」です。新島だけでなく他の島々や条件が良いときには富士山を望むことができる抜群の見晴らしを誇る展望台です。耐火性・断熱性に優れた軽石の一種である「コーガ石」の採掘場も近くにあります。都会で見る夕焼けとは異なる大自然の中で眺めるサンセットは日が沈むまでの間、時間を忘れて思わず見惚れてしまいます。視界全体がオレンジ色に包まれる贅沢をぜひ味わってみてくださいね。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 「あぁ時間がない!」と時間に追われる毎日を送ってはいませんか?そんな貴方には「…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Zaibatsu-KaitaiSUISUI星人

このまとめ記事に関して報告する