• はてぶ
  • あとで
ひこにゃんだけじゃない!雨の日に訪れたい滋賀の観光スポット12選

滋賀県と言えば、ひこにゃん・琵琶湖・信楽焼きなどが有名ですが、人気の定番スポットから、地元に根差した滋賀特有の穴場観光スポットまで、滋賀の魅力を堪能できるおすすめ12選をご紹介します。滋賀県には、博物館や美術館・体験施設などがたくさんあり、どの施設も雨の日にこそ楽しめる観光スポットです。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①彦根城

1つ目に紹介するのは、彦根市にある「彦根城(ひこねじょう)」。国宝にも指定されている彦根城は、滋賀県を代表する歴史ある建造物です。見応えばっちりで、雨でもじっくり楽しめるはず。
そんな彦根城にはたくさんの観光客が訪れますが、その裏にはひこにゃんの尽力が。訪れますが、その裏にはひこにゃんの尽力が。ひこにゃんは彦根城在住とのことで、毎日登場します。公式サイトでひこにゃんのスケジュールを確認してみてください。天守閣の下に博物館もあり、歴史に触れるいい機会になるので、ぜひ足運んでみて下さいね。

詳細情報

②黒壁スクエア

2つ目に紹介するのは、長浜市にある「黒壁スクエア」。なんでもこのあたりは、かつて宿場町として栄えたんだとか。今ではそんなレトロモダンな雰囲気溢れるエリアとなっています。いくつか町屋やショップなどがあり、その一角が「黒壁スクエア」として愛されています。
ただブラブラしているだけでも楽しい「黒壁スクエア」。そんな黒壁スクエアが雨の日にもおすすめなのは、アーケードがあるから!屋根があるので雨でも快適にブラブラできちゃうんです。また、雨だと雨ならではの風情があり、素敵なんですよ。

詳細情報

滋賀県長浜市元浜町12−38

3.76 13283

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③近江牛処 ますざき

3つ目に紹介するのは、近江八幡市にある「近江牛処 ますざき」。雨が降っているなら、滋賀のご当地グルメを楽しむのがオススメ!ここ近江牛処 ますざきでは、極上の近江牛を味わうことができます。
とにかく柔らかくとろけるような近江牛は、ほんのり甘みがあります。ヒレやサーロイン、赤身など様々な部位を存分に堪能できますよ。ランチ営業もしており、ランチには「牛ひつまぶし御前」が楽しめます!

詳細情報

滋賀県近江八幡市出町417-21

3.25 011

④滋賀県立琵琶湖博物館

4つ目に紹介するのは、草津市にある「滋賀県立琵琶湖博物館」。やはり、滋賀県と言えば琵琶湖。湖についての博物館って、なかなかないですよね。ここでは、琵琶湖についてや、また琵琶湖の生き物や世界の淡水魚などをみる事ができます。子供のいる旅行でもおすすめ。
雨の日は学びのチャンス。体験することができるコーナーもあり、雨でも楽しく過ごせます!400万年にも及ぶ琵琶湖の歴史を体感しながら学べる観光スポットに足を運び、楽しく学ぶという雨の日の過ごし方はいかがでしょうか?

詳細情報

⑤世界凧博物館東近江大凧会館

5つ目に紹介するのは、東近江市にある「世界凧博物館 東近江大凧会館」。滋賀県・東近江大凧は、日本の伝統文化なんです。ここでは、日本各地から世界各国の凧までを見比べることができ、100畳の大凧を上げている映像を見ることもできます。
日本一の大きさを誇る凧が展示されていたりと、凧の魅力に新しく気がつくはず。また、ここでは凧作り体験も300円と手軽に体験できるので是非どうぞ。雨がやむのが待ち遠しくなる穴場観光スポットですね。

詳細情報

⑥栗東歴史民俗博物館

6つ目に紹介するのは、栗東市(りっとうし)にある「栗東歴史民俗博物館」。名神高速道路栗東インターチェンジのすぐ近くにある博物館で、滋賀・栗東の歴史と民俗・文化にふれあい、歴史を体感できることができるスポット。
無料で楽しめるのが嬉しい博物館。じっくり楽しむことができます。有形文化財である旧中島家住宅では、火吹き体験などが行われています。なんだか雨にさえ趣を感じられる歴史資料館を訪れてみてはいかがですか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する